007/私を愛したスパイ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/私を愛したスパイ
13%
47%
37%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

KGBの美女スパイと共に敵地へ乗り込んでいくJ・ボンドの姿を描く「007」シリーズ第10弾。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、脚本はクリストファー・ウッドとリチャード・メイバウム(ノヴェライゼーション/クリストファー・ウッド著『新わたしを愛したスパイ』早川書房刊)、原作はイアン・フレミングの「わたしを愛したスパイ」(早川書房刊)、撮影はクロード・ルノワール、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。主題歌をカーリー・サイモンが唄っている。出演はロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、リチャード・キール、キャロライン・マンロー、バーナード・リー、デズモンド・ルウェリン、ウォルター・ゴテル、スー・ヴァナーなど。

1977年製作/イギリス
原題:The Spy who Loved Me
配給:ユナイト

ストーリー

波静かな地中海でイギリスの原潜が姿を消した--。さて、こちらはアルプスの山小屋。娘(スー・ヴァナー)と休暇を楽しんでいたJ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、上司M(バーナード・リー)から緊急指令を受けた。そして同じ頃、モスクワのKGBでは、美人スパイのアニヤ(バーバラ・バック)が、上司ゴゴール(ウォルター・ゴテル)より、最近行方不明になったソビエトの原潜の探索を命じられる。何者かが戦略用に原潜航跡追跡システムを開発したらしい。早速ボンドは、このシステムのマイクロ・フィルムを追ってエジプトに飛んだ。一方、何者か--つまり地中海のある島沖の海底に本拠地を持つカール(クルト・ユルゲンス)が、マイクロ・フィルムを持ち出した裏切者を殺すためジョーズ(リチャード・キール)をさし向ける。やがて、マイクロ・フィルムを手にしたジョーズを追って、ボンドとアニヤが別々に砂漠を走り、ある寺院でボンドはマイクロ・フィルムを手に入れたが、もはや役に立たないものであった。初めは敵対していたボンドとアニヤであったが、2人に共通の敵がいると分かった今、2人は手を結び、カールの情婦ナオミ(キャロライン・マンロー)の攻撃もかわして、カールの本拠地へ向かう。やがて、カールの前に海洋学者として姿を現わした2人だが、すでに2人の正体は露見していた。一方、独自の調査をしていたアメリカ海軍は、カールの持つ巨大タンカー“リパラス”に攻撃をかけ、船内に、2船の行方不明の原潜があるのを発見。ボンドもこの戦いに加わり、勝利をおさめるが、カールはアニヤを連れ、海底要塞に逃げていた。海軍は要塞に魚雷攻撃をかけ、カールを葬り、そして立ちふさがるジョーズをまかすボンド。今、崩れ始めた要塞の浸水の中を、一組のカップルとして脱出するボンドとアニヤの姿があった--。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 アカデミー賞(1978年)

ノミネート

作曲賞 マービン・ハムリッシュ
美術賞  
主題歌賞

第35回 ゴールデングローブ賞(1978年)

ノミネート

最優秀作曲賞 マービン・ハムリッシュ
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0(007⑩)

n.yamadaさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

萌える

初のオリジナル脚本による10作目記念作。
KGBの(セクシーな)女スパイと共闘するけど、女スパイは後半は活躍せず。一緒に活躍した方が面白かった気が…

雪上の銃撃戦や、水陸両用車登場、スケールの大きな映像など、見どころは多かったけど、ストーリーがイマイチでした(^_^;)

ボンドガールは、スタイルは良かったけど、個人的に好きな顔では無かった(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

4.0ブロッコリスタイル

2020年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ロジャー・ムーアのファンタジー・コミカル・アクション・スパイ映画が定着した作品。
何といってもオープニングのスキーダイビングシーンが素晴らしく、劇場で観たときはユニオンジャックが開いたときは軽くカタストロフに落ちたものだ。
ボンドガールはバーバラ・バック、悪役はクルト・ユルゲンスで、人気のミスター・ジョーズが登場、音楽はマーヴィン・ハムリッシュ、主題歌はカーリー・サイモン。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0初の007シリーズ映画館鑑賞でした。

kossyさん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 さすが地上波の番組では冒頭のスキーシーンがほとんどカットされていた。一番印象に残ってる激しいアクションだったのに・・・まぁ、音楽もカーリー・サイモンだし、初期007シリーズでは最高の作品。次の『ムーンレイカー』でがっかりしたため、その後は劇場から足が遠のいてしまった。

 敵脇役にジョーズが初めての登場!これは当時も随分話題になった。ジャイアント馬場もキャスティング候補だったとか、もしそうなれば面白かったのになぁ。ジョーズが流行ったということもあって、秘密組織の粛清にもサメが使われていた。「G線上のアリア」が流れて美女が生贄に・・・なんとも身の毛のよだつシーンです。音楽も途中で『アラビアのロレンス』が入ってたりとコミカルな演出も忘れていない。

 ボンドガールのバーバラとの初対峙のシーンで「ガールフレンドは数知れないが結婚は一度だけ」という台詞があった。結婚してたのかっ!知らなかったぜ。

 英ソが共通の敵に対して手を結ぶという展開も東西冷戦の真っ只中にしては画期的なストーリーでした。しかし「任務が終わったら、あなたを殺す」というバーバラ・バック。なかなか死なないジョーズも最高のキャラだし、水陸両用のランボルギーニなどQの発明品も大ブレークしてた感じがする。007とXXXのベッドインも最後に諜報部の人たちに見られちゃうし・・・(笑)

【1977年12月映画館にて】

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.0私たちが愛するロジャー・ボンド最高作

近大さん
2020年7月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

萌える

シリーズ10作目。1977年の作品。

英ソの原潜が行方不明に。両国の緊張が高まり、Mから調査を命じられたボンドは、ソ連側のスパイと共同任務に当たる事に。

東西冷戦を背景にした2つの国の睨み合い。
それに乗じた大陰謀。
敵ボスの印象や構える秘密基地。
まるでスペクターのよう。
実際、当初はスペクター再びの予定だったらしいが、『ダイヤモンドは永遠に』のいざこざ諸事情で叶わず。
なので、“スペクター的”な今回の敵は、海運王ストロンバーグ。
原潜から奪取した核ミサイルで世界を滅ぼし、世界を海の世界に創り変える。
海を愛する気持ちは人数倍だが、それが度を過ぎた異常者。
昨今のシリーズはリアリティーあるテロリストがほとんどだが、かつてはこういうブッ飛んだ敵が多く、リアリティーは無くともそれが魅力であった。
にしても、この頃の敵ボスってサメを飼ってる率高いよね。

共同任務のソ連のスパイ。コードネームは“トリプルX”。
初登場シーンでお楽しみ中電話を取ったのは、女の方。
随一の敏腕スパイで、今回のボンドガール、アニヤ。
演じたバーバラ・バックは歴代ボンドガールの中でもトップクラスの美幌と魅力。
スパイ能力もボンドに引けを取らない。時には出し抜く。
ロジャー・ムーア時代のボンドガールは単なるお色気添え物の時もあるが(本作もセクシー衣装あり)、ボンドと同じスパイなだけあって彼女にもドラマがある。
アルプスでの任務中ボンドがそうとは知らず殺した相手は、アニヤの恋人。
復讐を誓うアニヤ。
「任務が終わったら、あなたを殺すわ」
だけど、初登場シーンでお楽しみしたり、ボンドに惹かれたり、恋人が死んだというのに恋愛面は自由奔放。

登場キャラで忘れてはいけない…いや、忘れられない名物キャラが登場。
殺し屋ジョーズ!
2mを軽く巨体、車を持ち上げ素手で壊す力持ち、崖から車ごと落ちてもサメの居るプールに落ちても死なない不死身。
最大の特徴の鋼鉄の歯! 噛み付くシーンは“ジョーズ”ではなく、ドラキュラのよう。
何故か不思議と愛すべき感じながらも、とにかくそのしつこさで、ロジャー・ボンド時代の代名詞キャラに。

前2作以上の予算で、アクションもスケールもセットも大掛かり。
アルプスの断崖絶壁から大ジャンプのOPアクション。
エジプトのピラミッドやスフィンクスのライトアップ。『アラビアのロレンス』の音楽も使用され、オマージュ。
中盤のお馴染みチェイス・アクション。
『サンダーボール作戦』のような海中アクション。活躍する水陸両用のボンドカー。今作からQの秘密兵器説明が完全定番になったとか。
あのキューブリックにアドバイス貰ったという海上要塞や巨大タンカーの奇抜なセット。(オスカー美術賞ノミネート)
それらで繰り広げられるクライマックスのアクション。
…などなど、見所はいっぱい。
音楽と主題歌はマーヴィン・ハムリッシュで、アカデミー作曲賞・主題歌賞にWノミネート。主題歌は他の映画でも使用されるほど有名。

難点・不満点が無い訳ではない。
任務が終わったら殺す。
今回のこのタイトルからもドラマチックなラストを期待するも…。
アレ、いつもと変わりナシ。
クライマックスの核ミサイル起爆装置を外すシーンはハラハラドキドキだが、そのシーンや核ミサイルの軌道を変えたり、ボンドさん何にでも万能過ぎッ!
やっぱり、ロジャー・ボンドはロジャー・ボンド。
それから、洋画あるある。核ミサイルのいい加減な扱われ方…。

これまでも面白いのは面白いが、正直秀でた作品が無かったロジャー・ボンド。
記念すべき10作目という事もあって、面白さに気合いが入り、現在に換算するとシリーズ最大のヒット。
ロジャー・ムーア自身最もお気に入りと語り、『ユア・アイズ・オンリー』もいいが、ロジャー・ボンド最高作。

…しかし!
次作でまた珍作に逆戻り…。いや、シリーズの中でも珍作中の珍作になろうとは…。

余談。
延期に次ぐ延期を繰り返し、最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』がやっと11月に観られる筈だったが…、
何やらまた延期の話が聞こえてきた。
え~、またぁ~!?

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品