007/リビング・デイライツ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/リビング・デイライツ
10%
54%
32%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

1987年製作/イギリス
原題:The Living Daylights
配給:UA=UIP

ストーリー

欧州での東西の情報戦が熾烈を極めるなか、KGB高官コスコフ将軍(ジェローン・クラッペ)が亡命を望んでることを知ったボンド(ティモシー・ダルトン)は、チェコに飛んで、計画を実行。美しきチェリストのカーラ(マリアム・ダボ)の妨害にあうが、亡命は成功。英国に渡ったコスコフは、M(ロバート・ブラウン)と国防大臣(ジェフリー・キーン)に西側スパイ暗殺計画の情報を提供。KGB現長官プーシキン(ジョン・リス・デイヴィス)が指揮するその計画を阻止するために、ボンドはタンジールに向かった。むろん、ミス・マネーペニー(キャロライン・ブリス)やQ(デスモンド・ルウェリン)のはげましと、助力(秘密兵器)を得てだ。ウィーンでカーラと出会い、彼女がKGBに追われているのを知るボンドは、英国より脱出したコスコフが国際的武器商人ウイティカー(ジョー・ドン・ベイカー)とつながりがあるのをつきとめる。ダイヤと麻薬をさばいて巨額の富をきずいていた彼ら。プーシキンとボンドは手を組み、一計をはかるが、ボンドとカーラはつかまり、ウイティカーらにアフガニスタンに連行される。しかし、反共ゲリラに助けられたボンドらは、ウイティカーの計画--欧州最大大麻産出地帯よりの五千万ドル、五千キロの麻薬取引きを阻止する。陸から空ヘの大攻防戦の末、かくして、悪党どもの計画はつぶれ、ボンドのスーパー・ヒーローぶりが改めてみとめられるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ボンド、ティモシー・ボンド

近大さん
2020年9月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

シリーズ15作目。1987年の作品。

12年7作。まるで安倍政権さながらの長期任務に渡って国際的陰謀を阻止してきた3代目ロジャー・ムーアに代わり、4代目ボンド、ティモシー・ダルトンが初登場!
ティモシー・ボンドの魅力は、原点回帰と言えよう。
コミカル色が強く、時々荒唐無稽だったロジャー・ボンドから再びシリアスな作風に。
そして、ティモシー・ダルトン自身の精悍さ、佇まい、カッコ良さ。
男臭かったショーン・コネリーやロジャー・ムーア、地味だった(失礼!)ジョージ・レーゼンビーとは明らかに違う二枚目英国紳士風。これはこの後のピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグの先駆とも言えるのではなかろうか。
元々舞台役者だったので、原作小説を熟読し、役作り。演技は申し分ナシ。
グッと若返り、派手な立ち回りや身体を張ったアクション。
シリアスな作風、二枚目ボンド、熱演、身体を張ったアクション…それらはあくまで個人的意見だが、6代目ダニエル・ボンドはこの4代目ティモシー・ボンドから多大な影響を受けている気がする。
ショーン・コネリーの後任としてロジャー・ムーアより先に候補に挙がった事もあり。
あの故ダイアナ元皇太子妃も最もお気に入り。
実は、結構好きだったりするティモシー・ボンド。
さて、その初任務は…

00エージェントたちの演習中、何者かに殺された004。ボンドが暗殺者を倒すも、現場に残された“スパイに死を”のメッセージ…。
KGB高官からの依頼でその亡命の手助けをする事になったボンド。途中狙撃手に狙われるが、その人物は美人チェロ奏者だった。
無事亡命作戦は成功するも、何か不審感を拭い切れないボンドは、チェロ奏者のカーラに接触。そして、背後にある陰謀を突き止める…!

亡命は偽装。カーラは利用されただけ。
お馴染みKGBと、武器商人の結託。
敵か味方か、人物が入り乱れる。
主なアクションは、前半の氷上アクションとクライマックス。
クライマックスは、武器商人一派と砂漠のレジスタンスの攻防。スケールの大きなド派手な爆破の連続。時限爆弾を仕掛けた輸送機の中では、敵の殺し屋と手に汗握る一騎打ち。
ハラハラドキドキ、スリリングな見せ場となっている。

シリアスな作風に回帰と前述したが、改めて見ると、結構ユーモアも挟まれている。
その最たるが、氷上アクション。
ビーム、ミサイル、スキー仕様、ジェット噴射で大ジャンプ!…Qが手塩を込めたボンドカーが大活躍!
さらには、チェロケースでオーストリア入国!…って、そのシーンだけロジャー・ボンドかと思ったわ(笑)
やはり007にはユーモアは付き物。シリアス&ハードなのは6代目ダニエル・ボンドだけか。

ボンドガールは、マリアム・ダボ。
男なら守ってあげたくなるような可憐なヒロイン像。
クライマックスはボンドを助けようと自らも奮闘。
忘れたチェロを取りに戻りたい、と足を引っ張る事もあるが、充分魅力的。
ボンドと次第に惹かれ合う様もじっくり描かれ、3代目の時のような親子の歳の差ロマンスではなく、美男美女で画面映えもし、ロマンチックなムードを盛り上げる。
これまた3代目の時とは違い、誰彼構わずベッドインせず、キスシーンはあるがボンドガールとベッドインはナシというのも異例。

敵側もクセ者揃い。
Mは続投。マネーペニーも2代目になり、演じたキャロライン・ブリスがボンドガールでもいいと思うくらい若くてキュート。
監督ジョン・グレンも続投。
シリーズ12作で音楽を担当したジョン・バリーは本作で最後に。伊福部ゴジラのように安定定番であった。

惜しくも僅か2作で降板してしまったティモシー・ボンド。
が、その面白さは上々!

余談。
やっとこさ4代目。
4月にシリーズ再見始め、現9月で15作目。残り9作。
このペースだと、11月の最新作まで間に合わなくなってきたような…。
ペースアップせねば!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.5The living daylights out of her. 通算15作目で4代目ボンド一作目!

アキ爺さん
2020年5月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺

3.5ボンドのスマートさを見習いたい。

2019年6月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい

4.0ボンドよりマネーペニーの配役変更がショック

あき240さん
2019年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

007シリーズ15作目にして25周年の記念作品
監督はジョン・グレンのまま
しかし、配役に二つの大きな変更を断行
一つはボンド役をティモシー・ダルトンに、
二つ目はマニーペニーをキャロライン・ブリスに変更したことだ
この二人の変更で本作の印象は従来のシリーズからかなり変わった
世代交代そのもので、007のフォーマットはそのものでありながら全く新しい、今風に言えばリブートされた007になった

コネリーやムーア等の世代はもう引退して、同じ殺しの番号を襲名した新世代の同名のボンドの活躍と思って観るとしっくり納得できる

ティモシー・ダルトンには旧世代の影はなく、ハイテクにも強くより精悍だが、反面重量感に乏しい
しかし、それが80年代から90年代にかけてのシリーズを引っ張るための新しいボンド像にあうのは間違いない
合格点は出せると観客は感じたろう

問題は一瞬しか登場しないマネーペニーだ
彼女がMの秘書のマネーペニー女史も代替わりして若くなっている
こちらの方が007の古いファンにはショックだったはずだ
前作までの女優は歳を悟ってもう限界だと降板したのだ
前作「美しき獲物たち」での競馬場に着飾って皆で繰り出すシーンは降板する彼女への最後のはなむけのシーンだったわけだ

今度の彼女役のキャロライン・ブリスは当時26歳とのこと
これではボンドとマネーペニーの関係性はぶち壊しになってしまう

マネーペニーという名前は日本語にすれば、銭金締子みたいな名前なのだ
つまりMの秘書で来客者をさばきMのスケジュールを管理しその雑用を肩代わりするだけではなく、00番号工作員達の経費精算とか伝票整理とかの係でもあり、時には彼らの工作用のチケットや宿の手配も彼女が采配をふるっており、名うての秘密情報部員も彼女を怒らせたら、もうにっちもさっちもいかなくなる、そんな怖い存在なのです
これは出張で国内外を飛び回って接待で高い店で飲んだり遊んだりしまくり、たまに本社に戻って精算するときの大変さをわかっている人ならビシビシ伝わって来るものがあるはず

さらに前作までのマネーペニーはボンドと同世代の設定が大事で、その肝の部分が若い女性になるとぶち壊しです

マネーペニーは若い頃のボンドも知っており、多少の無茶な伝票もなんとか工夫して通してあげていたり、それを通じて工作といいながらこれ本当?というようなボンドの遊びの派手さも、所在の確認の為に彼のガールフレンドもすぺてお見通しの存在なのです

英国の秘密情報部MI6の00部門の部長たるMの秘書に長年勤めているからには身元の相当しっかりした良家のお嬢さんで、若い時はすこぶる付きの美人
年増になっても十分に美しい
恐らくボンドがちょっかいをかけたことも二度三度あったりのはず
彼女もまんざらではなく彼を待っているのですが、所詮結婚に向かない男と諦めてもいます

そうこうしているうちに勤続はおそらく30数年、上司の秘書はさすがに男性陣は敬遠するので、結婚せぬままに50代も後半になってしまった
それがマネーペニー女史です
だから、今までのボンドはみな彼女にからかいつつも敬意を払っているわけなのです

それが本作の二人の関係性では、若いダルトンのボンドから見ても、ただの新入りの小娘にしか見えないのです

彼女はボンドとは釣り合わないと知りつつ彼を支えてあげて彼が存分に働けるのも実は私のお陰なのよ♪という妄想を投影する対象がなくなってしまう
これではごく普通の一般女性陣からの支持が不安だ
せめてダルトンのボンドと同世代で軽口を言い合う仲であるべきだ
今後の大きな修正課題のはず

さて映画の内容はユーモアさはかなり抑えてサスペンスとリアルさを大幅増量で90年代に向けて耐えうるスタイルになっている

アクションもド派手さは少な目ながら、輸送機から落ちかけの貨物での格闘は見物で満足感はある

ただ敵のキャラクター造形の魅力不足は否めない
その代わりボンドガールのカーラ役の女優は細く可愛いらしい女性で従来のボンドガールのようなボリュームを求めておらず80年代らしい選択になっており出色の配役だった

主題歌のa-haは前作のデュラン・デュランの二番煎じ的で面白みもインパクトも新鮮さもなく、時代性も反映されていない
長年音楽を担当してきたジョン・バリーも本作で限界を悟り次回作より降板するのも当然だ

ただあー楽しかった!というカタルシスにまでは至らない
それは確かながら、次回作に期待したいと思わせる
つまり、また早く次の007をみたいと思わせるだけの力のある作品だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品