007/リビング・デイライツ
ホーム > 作品情報 > 映画「007/リビング・デイライツ」
メニュー

007/リビング・デイライツ

劇場公開日

解説

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

ストーリー

欧州での東西の情報戦が熾烈を極めるなか、KGB高官コスコフ将軍(ジェローン・クラッペ)が亡命を望んでることを知ったボンド(ティモシー・ダルトン)は、チェコに飛んで、計画を実行。美しきチェリストのカーラ(マリアム・ダボ)の妨害にあうが、亡命は成功。英国に渡ったコスコフは、M(ロバート・ブラウン)と国防大臣(ジェフリー・キーン)に西側スパイ暗殺計画の情報を提供。KGB現長官プーシキン(ジョン・リス・デイヴィス)が指揮するその計画を阻止するために、ボンドはタンジールに向かった。むろん、ミス・マネーペニー(キャロライン・ブリス)やQ(デスモンド・ルウェリン)のはげましと、助力(秘密兵器)を得てだ。ウィーンでカーラと出会い、彼女がKGBに追われているのを知るボンドは、英国より脱出したコスコフが国際的武器商人ウイティカー(ジョー・ドン・ベイカー)とつながりがあるのをつきとめる。ダイヤと麻薬をさばいて巨額の富をきずいていた彼ら。プーシキンとボンドは手を組み、一計をはかるが、ボンドとカーラはつかまり、ウイティカーらにアフガニスタンに連行される。しかし、反共ゲリラに助けられたボンドらは、ウイティカーの計画--欧州最大大麻産出地帯よりの五千万ドル、五千キロの麻薬取引きを阻止する。陸から空ヘの大攻防戦の末、かくして、悪党どもの計画はつぶれ、ボンドのスーパー・ヒーローぶりが改めてみとめられるのだった。...

作品データ

原題 The Living Daylights
製作年 1987年
製作国 イギリス
配給 UA=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全10件)
  • “スマートさ”を見習いたい 「007」シリーズ第15作。 ジェームズ・ボンド役がロジャー・ムーアからティモシー・ダルトンに替わりました。 4代目のボンドということになります。 ソ連の将軍の亡命を手助けする任務を請け負ったこ... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2018年7月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 15作目は派手なアクションシーン満載 ・人間味溢れる4代目ボンドのティモシーダルトン初登場 ・ボンドガールの金髪ボブのチェリストカーラがキュートな可愛さ ・お馴染みの自己紹介「ボンド、ジェームズボンド」も顕在 ・ボンドカーやチェロの... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • これ、かっこいい!! ティモシー・ダルトンかっこいい!上品で知的でエレガントでスタイリッシュでボンドらしいボンド、本当にかっこいい! 映画としてもよかったです、アクションも派手だし内容もハラハラドキドキ 007シリー... ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2018年3月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「007/リビング・デイライツ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi