ボンドガールまで招集!「007」パロディ満載「ジョニー・イングリッシュ」の“本気” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月20日 > ボンドガールまで招集!「007」パロディ満載「ジョニー・イングリッシュ」の“本気”
メニュー

ボンドガールまで招集!「007」パロディ満載「ジョニー・イングリッシュ」の“本気”

2018年10月20日 11:00

「007」シリーズのパロディ満載「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

「007」シリーズのパロディ満載
(C)2018 Universal Studios
and Studiocanal SAS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「Mr.ビーン」で知られるローワン・アトキンソンが主演するシリーズ第3弾「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」の場面写真が公開された。「007」シリーズとの共通点や、パロディのシーンを切り取っている。

サイバー攻撃によって、イギリスの秘密情報部MI7の現役スパイ全員の情報が漏洩してしまい、隠居していたジョニー(アトキンソン)が最後の頼みの綱として呼び出される。陰で糸を引く犯人を見つけるため任務を開始するが、限られたスキルしかないアナログ人間な彼にとっては、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。

これまでも「007」シリーズのパロディが詰め込まれてきた本シリーズ。イングリッシュが潜入や諜報活動によって世界の危機を救うスパイという設定はジェームズ・ボンドを彷彿させ、自己紹介の仕方も「ボンド……ジェームズ・ボンド」を思わせるセリフ「イングリッシュ……ジョニー・イングリッシュ」になっている。

そのほかにも共通点があり、劇中には「007/リビング・デイライツ」のボンドカー「アストンマーティン V8」が登場。自動車愛好家でもあるアトキンソン自身が購入した車のレプリカとなり、真っ赤なボディは劇中でも存在感を発揮。「007 慰めの報酬」で謎めいた女性カミーユを演じたオルガ・キュリレンコは本作にも出演し、謎の女オフィーリアを演じている。

また、ボンドの部下「Q」と似ている呼び名の部下「P」(マシュー・ビアード)が登場したりと、「007」を連想させるパロディシーンが続々登場。イングリッシュがボンドのようにスタイリッシュに酒を飲もうとするものの、カクテルに付いたパラソルが鼻に刺さってしまうなど、ベタな笑いも組み込まれている。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」は、11月9日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi