007 ドクター・ノオ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

007 ドクター・ノオ

解説

スパイアクションの金字塔「007」シリーズの第1作で、ショーン・コネリーが自身の当たり役であるジェームズ・ボンドを初めて演じた記念碑的作品。イアン・フレミングによる原作小説のシリーズ第6作を基に、イギリスの敏腕諜報員ジェームズ・ボンドと天才科学者ノオ博士の戦いを描く。

ロケットを妨害する怪電波を調査していたイギリスの諜報員が、ジャマイカで何者かに殺害された。捜査のため現地へ派遣されたボンドは、殺された諜報員が科学者ノオ博士について調べていた事実を突き止め、ノオ博士が所有する島へ向かう。

日本初公開時のタイトルは「007は殺しの番号」。

1962年製作/110分/イギリス
原題:Dr. No
配給:REGENTS
劇場公開日:2023年11月17日

その他の公開日:1963年6月1日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2023 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. 60th Anniversary Logo, and related James Bond Trademarks are trademarks of Danjaq, LLC. All Rights Reserved. DR. NO (C) 1962 DANJAQ, LLC AND METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.

映画レビュー

4.0古き良きダンディズムをご照覧あれ

2023年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 3件)
猿田猿太郎

5.0神の第一作

2024年2月7日
PCから投稿

同時代体験の人には斬新なスパイ映画
少し遅れても70年代から観ている人には聖地
クレイグ先輩あたりから観ている人には古臭い
という作品です

40年ぶりに再見しましたが、低予算が功を奏して後の荒唐無稽なド派手エンターテイメントとは違う意外に地道なスパイ作品です。
確かにドラマチック、ダイナミック、スリラーには不足していますが、ムーア先輩の初期から観ている長年の後援者としては、何といっても神の作品です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
越後屋

3.0初鑑賞

2024年1月28日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
まゆう

4.01962年ベストムービー!⭐️⭐️⭐️✨✨

2023年11月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

『BOND60 007 10作品4Kレストア版』の1作として2023年11月に鑑賞。

スパイ映画の王道にして原点!

テレビでは昔によく観ていましたが、映画館で観るのは初めてではないかと思います。映像が綺麗にレストアされています。

昔のアクション映画ですから、現代の映像技術と比べるのは公平さに欠けますが、意外にも第1作目は面白かった!改めて観て思ったのは、全ての要素は既に第1作目から始まっていたのですね。
(ボンドガールの登場シーンもドキドキしますね…正にシリーズ原点です笑)

見所は色々ありますが、あのテーマ曲が色んな場面で多用されているのが面白かったです。

ぜひ劇場で!笑

コメントする (0件)
共感した! 0件)
stoneage
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品