ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形

劇場公開日

72%
22%
4%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

京都アニメーション制作の人気アニメで、2018年にテレビ放送およびNetflixで世界配信された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の新たな物語を描く外伝。愛すること、愛されることを知らずに育った主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンが、「自動手記人形」と呼ばれる代筆業に就き、さまざまな依頼人からの思いを手紙にしたためていく中で、次第に愛を知っていく姿を描く。外伝となる本作では、良家の子女のみが通うことを許される女学園を舞台に、未来への希望や期待を失っていた大貴族の跡取り娘イザベラ・ヨークと、彼女のもとへ派遣されてきたヴァイオレットとの出会いから生まれる物語を描く。監督はテレビシリーズで演出を担当した藤田春香。新登場キャラクターのイザベラ・ヨーク役に寿美菜子、テイラー・バートレット役に悠木碧。

2019年製作/90分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
監修
石立太一
原作
暁佳奈
シリーズ構成
吉田玲子
脚本
鈴木貴昭
浦畑達彦
製作
八田陽子
古川陽子
西出将之
井上俊次
鶴岡陽太
プロデューサー
八田真一郎
中村伸一
梅田和沙
鈴木めぐみ
斎藤滋
企画プロデューサー
八田英明
キャラクターデザイン
高瀬亜貴子
総作画監督
高瀬亜貴子
世界観設定
鈴木貴昭
絵コンテ
藤田春香
演出
山村卓也
太田稔
山田尚子
藤田春香
作画監督チーフ
門脇未来
作画監督
丸木宣明
明見裕子
丸子達就
角田有希
池田和美
池田晶子
岡村公平
小物設定
高橋博行
太田稔
色彩設計
米田侑加
色指定
米田侑加
石田奈央美
特殊効果
三浦理奈
美術監督
渡邊美希子
美術設定
渡邊美希子
鵜ノ口穣二
3D美術
鵜ノ口穣二
撮影監督
船本孝平
3D監督
山本倫
編集
重村健吾
音響監督
鶴岡陽太
音楽
エバン・コール
主題歌
茅原実里
アニメーション制作
京都アニメーション
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

映画レビュー

5.0反復される美しい物語

ローチさん
2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかく美しいアニメーションだ。京都アニメーションの技術の高さに改めて感嘆させられた。テレビシリーズの外伝という位置づけだが、テレビ版を知らなくとも単独で楽しめる作品になっている。物語の構成も上手い。前後半で2つの物語が描かれるが、2人の姉妹と主人公がそれぞれ交わすやりとりを意識的に反復させている。一緒のお風呂に入る、髪を結う、星座の話をする、練習(前半はダンスや食事作法などの淑女の訓練、後半は郵便配達人見習いとして働く女の子を手伝う)、そしてベネディクトが手紙を届けに行くのも同じ。運命に引き裂かれた姉妹が時と場所を超えて、主人公のヴァイオレットと同じことをする。そんな反復される行為に、どこかで姉妹の絆がつながっているのかもしれない。
藤田春香監督の演出も的確だ。手の撮り方がとりわけ印象的だった。美しい映像に美しい言葉、あらゆる全てが美しい作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ローチ

5.0とても美しい物語です。

よしさん
2020年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

生き別れになった姉妹の絆を、ヴァイオレットと手紙が紡ぐ物語。

とても美しい作品です。ストーリーも音楽も、そして映像も。声優さんもその世界観を壊さず、素晴らしい演技を披露してくれていました。
生き別れたエイミーとテイラー。そしてその二人を繋ぐヴァイオレット。テレビ版ではヴァイオレットの人間性の復活も大切なお話でしたが、この映画は外伝。主役はあくまでエイミーとテイラーです。彼女たちの悲しくも温かい感情に感動することが出来ました。特に冒頭にあるテイラーが「○○○」とつぶやくシーン。書きながら涙ぐんでしまいます。そんな作品です。
やや単調で抑揚がない印象を受けたのも事実で、人によってはマイナスに評価するところかもしれません。日常の風景、何気ないやり取りや会話を切り取ったシーンが多くあった為だと思います。しかし、その分だけ静かで美しい映画になった、と私は受け止めました。
私が唯一気になったのが、前半のヴァイオレットが完璧超人になっていたことでしょうか。元々テレビ版でも完璧だったのですが、それ以上に人間性の欠落した部分がフューチャーされ、それを感じませんでした。本作では「初めての友達」というくだりがあるにせよ、弱点である人間性の欠如にフューチャーしていないため、完璧ぶりが目立ったのだと思います。気にはなりましたが、仕方ない部分かもしれませんね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0圧倒的密度は流石。

2019年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

残念ながらあの最悪のクソ事件と切り離して評価するには難しい部分は、ある。
先ず前提として、完成することすら簡単ではなかった筈の作品に、拍手と感謝を贈りたい。

内容は、このシリーズとしては普通。
極論として、この劇場版が飛びぬけて特別素晴らしいという訳ではなく、シリーズ範疇であることは間違いない。
アニメ作品として、そしてシリーズの延長として、申し分ないクオリティである。

ただ、「外伝」と銘打ってあるだけに、1つのアニメ映画作品として見た場合、世界観や設定などの土台となる背景が、非常に分かり辛いというか全く説明していない点は、大きくマイナスだと言える。
勿論、外伝なのだから、元の作品を知らずして見るなど論外なのだが、外伝作品ゆえに、いち映画としての評価は、どうしても下がる。
仮に、ヴァイオレットが全く出演しなかったなら、彼女がどんな存在なのか気にする必要は無い。

これがOADやTVSPであったなら、内容面での上記不備は、無問題になる。しかして劇場版。
例え、一見さんお断りなアニメ映画だとしても、それでもマイナスはマイナスとして評価するのがフェアだと信じたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ねーやん

3.0豊氏、見ました。いい話だったね。

2019年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

豊氏、見ました。いい話だったね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kazuyukichatani
すべての映画レビューを見る(全153件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」以外にこんな作品をCheck-inしています。