007/ダイヤモンドは永遠に

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/ダイヤモンドは永遠に
7%
29%
51%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“ジェームズ・ボンド・シリーズ”の第7作。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ゴールドフィンガー」のガイ・ハミルトン、脚色はトム・マンキーウィッツ、撮影はテッド・ムーア、美術はビル・ケニー、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・W・ホームズが各々担当。出演は再びボンド役にカムバックしたショーン・コネリー、ジル・セント・ジョン、ナタリーの妹ラナ・ウッド、チャールズ・グレイ、ブルース・キャボット、カントリー・ウエスタン歌手のジミー・ディーンなど。

1971年製作/アメリカ
原題:Diamonds Are Forever
配給:ユナイト

ストーリー

200万ポンドにのぼるダイヤモンドが密輸され、しかもそれが闇市場にも出回っていない。もし何らかの意図で貯めこまれるとすれば、ダイヤモンド産業は一挙に危機にさらされてしまう、とダイヤモンド協会が恐れている。イギリス秘密情報部の上官Mは007号ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)にこう前置きし、現在計画されているダイヤ密輸の運び屋に変装し、アメリカ密輸シンジケートに潜入せよと命じた。ティファニー・ケイス(ジル・セント・ジョン)という女にロスにダイヤを運ぶよう頼まれたボンドは出迎えた敵をかわし、ティファニーに腕によりをかけてサービスをほどこし、彼女を味方に引き入れた。しかしダイヤは知らぬ間に失せていた。ナイトクラブ“ホワイトハウス”の支配人バート・サクスビー(ブルース・キャボット)の仕業だ。しかもダイヤが持ち込まれたのは“ホワイトハウス”の持ち主ウィラード・ホワイト(ジミー・ディーン)の工場だ。そこにはダイヤモンドを一面に散りばめたチョウチョウ型の人工衛星があった。ボンドはホワイトハウスの最上階のホワイトの事務所に忍び込んだが、厳重な警戒網にキャッチされて捕らえられてしまった。しかもこの密輸組織の黒幕は数々の事件で挑戦した宿敵スペクターのブロフェルド(チャールズ・グレイ)だったのだ。だが超人的な能力を発揮して危地を脱したボンドはブロフェルドに利用されていたウィラード・ホワイトに会い、見事な推理力でホワイトの断片的知識をつなぎ合わせ、スペクターの陰謀を読み取ってしまったのだ。レーザー光線の発明はダイヤによって行なわれたこと、ダイヤからダイヤへ屈折し反射する光線は最後に強力なレーザー光線を放射すること、そしてダイヤを一面に散りばめたチョウチョウ型の人工衛星が打ち上げられ、そこからレーザー光線が放射されたら、地球上のあらゆる場所が危機にさらされること。ボンドの予感は的中した。人工衛星は打ち上げられ、世界各地の軍事基地等が次々と破壊されていった。ボンドとホワイトは急ぎ、工場を調べ、衛星がコンピューターに収められたテープのある音波によって操作されていることを知った。更にブロフェルドがカリフォルニアのバージャ沖にある石油櫓から操作していることを知った。送油管を伝って櫓内の司令室に忍び込んだボンドは、ブロフェルドに捕らえられていたティファニーの協力を得て、コンピューターのテープを取り換え、危機一髪ワシントンDCの爆破を防ぐことに成功した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート

音響賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0編集は大事だな

2020年7月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年7月26日

映画 007 #ダイヤモンドは永遠に (1971年)鑑賞

BS放映を録画して見たのですが、編集が上手くなかったようで、つながりがおかしい箇所が何ヶ所もありました。
この女性とはどこで出会ったの?
いつの間にここに移動したの?
と??となりました
120分の映画を90分にするのは無理がある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

3.5ショーン・ボンドは永遠に

近大さん
2020年6月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

興奮

シリーズ7作目。1971年の作品。

前作でも書いたが、2代目ジョージ・レーゼンビーが当時不評だった事により、ショーン・コネリーが本作一回だけ復帰。
破格の待遇、破格のギャラが支払われたとか。さすが初代の貫禄!
その破格の待遇で『007』とは違う別の作品をコネリーの要望で企画し、破格のギャラはコネリーが設立した基金に寄付。さすが初代の太っ腹!

話的には『二度死ぬ』と『女王陛下』双方の続きのように始まる。
妻の仇ブロフェルドを日本から追うボンド。整形手術を受けている宿敵を見付け、遂に倒す。
そんなボンドに新たな任務。南アフリカから密輸されている大量のダイヤの調査。
麻薬の運び屋に扮し、輝くダイヤの裏の世界へ。

今回のボンドガールである密輸組織の一員ティファニー、姿を見せない謎の大富豪、そしてお馴染みの協力者。
これまでスペクター相手に世界の危機を未然に防いできたボンドにとっては楽な任務。
何だか肩の力を抜いて、余裕すら感じさせる。
…が!
思いもよらぬ陰謀と黒幕。
またしてもスペクターが絡み、首謀者は言うまでもなくブロフェルド。あの時倒したのは整形手術した影武者だったのだ…!

ショーン・ボンド最後であると同時に、“ブロフェルド三部作”の完結編でもある。
最後に今度こそ本当に、ブロフェルドと決着。
それはいいが、実は原作ではスペクターもブロフェルドも登場せず、勝手に変えた設定に原作側が激怒し、それ以降スペクターが登場出来なくなったとか。(2015年の『スペクター』でやっとやっと!)

楽な任務と書いたが、スペクターの陰謀により、そうは言っていられなくなってしまった。
目的は、ダイヤを使用したレーザー光線による人工衛星からの地上攻撃。
強奪した核ミサイルなどで世界を脅威に陥れてきたが、ひょっとしたらスペクター史上最も脅威的な大陰謀!

…なんだけど、作品的にはショーン・ボンドの中で最もユルい。
見せ場となるド派手なアクション・シーンはクライマックスのブロフェルドの海底油田基地襲撃くらい。
合間合間のアクションや立ち回りが、どうしちゃったの!?…と思うくらいキレが無い。
砂漠の秘密基地から月面車に乗って脱出、ラスベガスの路地裏チェイスでは車体を傾けて逃げる荒業!…いや、荒唐無稽。
ダンディズムなショーン・ボンドが今まで以上に軽口飛ばし、愛妻を亡くした悲しみは…?(やはり前作とは繋がりナシで、『二度死ぬ』の続き…?)
ボンドガールもただセクシーなだけの女性として描かれ、珍妙なサーカスやカジノ、ゲイの殺し屋コンビ、ブロフェルドも女装するなどなどなど、かなりコメディ色が濃い。
“カセットテープ”はコントみたい。
遂にのブロフェルドとの決着も何だか…。
少々…いや、ズバリ言うと、締まりが鈍い“ラスト・ショーン・ボンド”になってしまった。

でも言い換えれば、当時不評だった前作のあの悲しいラストを受けて再び、娯楽重視へ。
ショーン・ボンドの中でも最も気楽に楽しめる。
また、この作風があったからこそ、3代目に引き継がれた。

ジェームズ・ボンド像の確立。
初代の魅力。
さらには、次のボンドへの橋渡しまで。
彼が居たから!
贈る言葉はこれしかない。

ショーン・ボンドは永遠に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.5コネリー・ボンドよ、永遠に…

2019年6月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい

5.0007シリーズの決定版、最高傑作!

あき240さん
2019年3月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最高の娯楽映画だ
何から何まですべて超一流のプロの仕事だ
感服するしかない
ことに主題歌の素晴らしさよ!鳥肌が立つとはこのこと
そしてそのタイトルバッグの映像の美しさ!もう芸術と言って良いレベルだ

007シリーズとは何かを作り手が更地から突き詰めてどうあるべきかを再構成しなおした傑作中の傑作だ

原作はあれど基本構成だけを残して映画としての価値を追求して、自由に脚本を作る方針が大成功している
ジェームス・ボンドとはどんな人物なのか
どんな行動を観客は期待し、どこを舞台に活躍して欲しいのかをトコトン考え抜いて脚本が作られ演出されているのだ
つまり007シリーズの再定義が行われたのが本作の最大の意義なのだ

監督にはゴールドフィンガー以来3作品開けてガイ・ハミルトンが復帰
ゴールドフィンガー以降路線が迷走していたのを女王陛下の007で原点回帰を目指したのだが中途半端であった
その間に0011ナポレオンソロや電撃フリントなどの類似作品の方が大衆が007に求めるものを正確につかんでいたのだ
このままでは007シリーズはマンネリで終了やむなしとの空気が漂ってしまっていたのを、見事彼が建て直したのだ

その為には、やはりショーン・コネリーを呼び戻すしかないという結論は当然だ
前作のレーゼンビーでは駄目だ
落ち着き方、気品がまるで違う
レーゼンピーでは下流階級の出が気取っているようにしかみえないかった

冒頭からニヤリだ
ショーン・コネリーの主演だった007は二度死ぬのを思い出させるために日本シーンを入れ、更に今度はプフェルドは二度死ぬをやって見せるのだからたまらない
こんな調子で様々なくすぐりを繰り出してくる

アムステルダムはダイヤの研磨の世界一の産地
運河の町、ルーベンス
ならばボンドは当然運河の遊覧船に乗ってガイドがその説明をするのだ
そして左手に見えますのはーと言ってカメラが捉えるのは殺し屋にやられた水死体だ
そして飾り窓、日本でいうところの紅殻格子
つまり色町だという連想は男性なら当然起こる
それぽい家に入ると半裸のヒロインがいるという寸法だ
しかもホモセクシャルな街でも有名
なので殺し屋二人組もホモセクシャルな関係を匂わせてあるのだ

ボンドと言えばタキシードにカジノだ
ならばラスベガスに行くしかない
そこでのカーチェイスは素晴らしい出来だ
あのストリップ大通りを爆走してパトカー数台を翻弄してみせる
つまり観客の観たいものを徹底して見せてくれるのだ

しかし仕掛けは忘れてはいない
サーカスの空中ブランコはただ単にラスベガスだからではなく、ホワイトのホテル最上階やクライマックスの石油堀削基地でのロープアクションの伏線になっているし、月面車は終盤のレーザー衛星を突拍子も無いように感じさせない為の伏線だ

見事な脚本としか言いようがない

本作の成功が007シリーズを終了の危機から救い21世紀まで続く超長寿シリーズにしたといえるだろう
007シリーズの最高傑作と断言して良いと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品

他のユーザーは「007/ダイヤモンドは永遠に」以外にこんな作品をCheck-inしています。