007/オクトパシー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/オクトパシー
9%
37%
46%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

米軍基地爆破を企む悪人たちの謀略に挑む英国情報部員ジェームス・ボンド。62年の「ドクター・ノオ」以来、シリーズ化されたボンド活躍譚もこの作品で13本目になる。製作はシリーズ全作品を手掛けているアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデユーサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は前作「007/ユア・アイズ・オンリー」(81)に引きつづきジョン・グレン。イアン・フレミングの短編小説とオリジナル・キャラクターに基づいて、作家で「三・四銃士」の脚本家であるジョージ・マクドナルド・フレーザーが脚色。その脚本をリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが全面的に書き直して映画台本にした。撮影はアラン・ヒューム。音楽のジョン・バリー、メイン・タイトル・デザイナーのモーリス・バインダー、プロダクション・デザイナーのピーター・ラモントの三人は、ボンド・シリーズの常連。主題歌の「オール・タイム・ハイ」をリタ・クーリッジが歌っている。特殊効果はジョン・リチャードソン、編集はジョン・グローヴァーが担当。出演は、この映画で六回目のボンド役になるロジャー・ムーア、「007/黄金銃を持つ男」(74)についで二度目のボンド映画出演になるモード・アダムス、ルイ・ジュールダン、クリスティーナ・ウェイボーン、スティーヴン・バーコフ、カビール・ベディ、ヴィジャイ・アムリトラジ、「007/ユア・アイズ・オンリー」のウォルター・ゴテル、ミス・マネーペニー役で唯ひとりシリーズ全作品に出ているロイス・マックスウェルなど。テクニカラー(プリントはメトロカラー)、パナビジョン。

1983年製作/130分/イギリス
原題:Octopussy
配給:MGM=UA=CIC

ストーリー

中南米の某国。軍事基地に潜入した英国情報部員ジェームス・ボンド(ロジャー・ムーア)は、いったんは捕われるが、一瞬のスキをついて脱出。特製小型ジェット機アクロスターを操縦し、敵のミサイルとの空中チェイスの末に、格納庫をすり抜け、ミサイルは格納庫で爆破した。一方、ベルリンでは009が、イギリス大使館に倒れ込み息をひき取る。手からころげおちたのが、偽のファベルジュ・エッグ。本物はロンドンで競売にふされることになっている。M(ロバート・ブラウン)に009の仕事を引きつぐよう命せられたボンドは、競売場でエッグをインドの王族カマル・カーノ(ルイ・ジュールダン)とせりあいスキをみて、本物を偽物とすり換える。そうとは知らずに、カマルは偽物をせり落して引きあげた。その頃、クレムリンでは、ゴーゴル将軍(ウォルター・ゴテル)の宥和政策を、オーロフ将軍(スティーヴン・バーコフ)が批難し攻撃を主張していた。ボンドはカマルの後を追って、インドのウダイプールに行き、現地情報部員ヴィジャイ(ヴィジャイ・アムリトラジ)に出迎えられる。ボンドの出現をあやしんだカマルは、殺し屋ゴビンダ(カビール・ベディ)を派遣するが、ボンドは雑踏の中でみごとに撃退し、秘密のアジトで、Q(デズモンド・ルウェリン)から小型電波受信器などを受けとった。カマルの愛人マグダ(クリスティーナ・ウェイボーン)がボンドに接近し、ベッドをともにする。マグダは小型電波発信器をしくんだ偽のエッグを盗んで逃げ出す。ボンドは後頭部を一撃されて失神、気づいた時には、山の頂上にある宮殿にとじ込められていた。ソ連のヘリがやってきて、オーロフが降り立つ。受信器から、「クレムリンの宝石」「ベルリンのカールマルクスシュタット」といった言葉が聞こえてくる。ボンドは死体の袋に入って宮殿を脱出。カマルは象に乗って、ボンドを追撃する。あやうく、ボンドは観光船に逃げ込む。ボンドはマグダの肌に彫られていたタコの刺青から、オクトパシーという女の存在を知る。彼女はカマルのパートナーで、オクトパシー・サーカスのオーナーだという。オクトパシーの住む小島の宮殿に侵入するボンド。オクトパシー(モード・アダムス)は、公金を横領し自殺した情報部員の娘だった。ボンドは彼女から情報をひきだそうと、ベッドヘ誘う。そこヘ、不気味な殺し屋たちが、襲撃してきた。死闘の末に、彼らの息の根を止めたボンドは、ベルリンに向かう。カールマルクスシュタットではオクトパシー・サーカスが興行していた。カマル、オクトパシー、オーロフらは、クレムリンの宝石を偽物とすり換え、サーカスを隠れみのにして国境を越えようとしているのだった。しかし、実はカマルとオーロフは次の興行地であるフェルトシュタットの米軍基地で核弾頭を爆破させようとしていた。米の威信が失墜すれば、ソ連が有利になるという考えからだ。オーロフは、しかし、ゴーゴルに追われて死亡する。ボンドはフェルトシュタットの米軍基地に突入し、危ういところで核弾頭から時限装置をとりはずす。一足早くインドに逃げ帰ったカマルの裏切りを怒ったオクトパシーは、輩下のオクトパシー・ガールズとともに山の宮殿を襲撃。熱気球にのってQとボンドがやって来た。オクトパシーを人質にしてカマルは軽飛行機で逃走。ボンドは軽飛行機にとびつき、ゴビンダを翼の上で激闘の末に倒し、オクトパシーを救出。軽飛行機は操縦不能になり、カマルをのせたまま墜落し炎上する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5さすがに歳だろ(007⑬)

n.yamadaさん
2020年10月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

興奮

萌える

前半は笑い満載、後半はアクション満載の、そして終盤はセクシーな女性大活躍という、見どころ満載な13作目。
特にアクションは見事で、見応えあり(^^)b
ただ、50代後半に入ったロジャー・ムーアがあのアクションをやってると思うと、リアリティが無い(^_^;)
『ミッションインポッシブル』のトム・クルーズも同じぐらいの歳だけど、トムみたいな若々しさは無いもんなぁ~(^_^;)

ボンドガールは、モード・アダムスがメインのボンドガールとして再び登場。もっとキレイだった気がするけど、歳のせいかねぇ~(^_^;)
クリスティナ・ウェイボーンは、めっちゃキレイだったけど♡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.0ちょっと長いかな

2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前作からスパイアクションになったかと思ったが、ターザンですべてぶち壊し。
イアン・フレミング最後の短編集が原作で、引き続きソ連が悪役。
ボンドガールは熟女モード・アダムス、音楽はジョン・バリー、主題歌はリタ・クーリッジ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0All time high. 年齢に負けないムーア・ボンド

アキ爺さん
2020年8月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アキ爺

3.0本編より裏事情の方が…

近大さん
2020年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

興奮

シリーズ13作目。1983年の作品。

東西ドイツの国境でロシアの秘宝“レディーの卵(ファベルジュ・エッグ)”を追っていた009が殺され、売り専門の貴族カマルが必死でそれを手に入れようとしているのを知ったボンドは、オークションで偽物とすり替え、カマルを追ってインドへ。カジノでも競い合う。
カマルの裏にはサーカス団で密輸をする美女オクトパシーが居たが、さらにカマルは、ソ連のタカ派将軍と結託して核爆弾による恐るべき計画を実施しようとしていた…!

東西ドイツ、核爆弾。
当初敵側だったボンドガール(と彼女率いる美女軍団)が味方に。
プレ・シークエンスの飛行機アクション、今回の舞台であるインド市街地でのチェイス、列車やサーカス、ラストを飾るはプレ・シークエンスと同じ飛行機アクションなど、見せ場もそつなく。
勿論、複数の女性とベッドイン。
話もお約束も、これぞTHE007! いや、THEロジャー・ボンド!
主題歌“オール・タイム・ハイ”やそのスタッフ/キャストのタイトルバックも印象的。

気楽に楽しいのは楽しい。
でも、個人的にロジャー・ボンド最高作だった前作と比べると、平凡過ぎ。
インド描写もステレオタイプと言うか。
市街地でのアクションはウケ優先のドタバタ。
あのゲテモノ料理は『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』にレシピでも渡したのか?
ボンドは逃げるジャングルでターザンの泣き真似。
サーカスに侵入し、009と同じピエロ姿。
再び、荒唐無稽なロジャー・ボンドに。

『黄金銃を持つ男』に続き、モード・アダムズが2度目のボンドガールに抜擢。これはシリーズ初。
正直もうボンド“ガール”という歳でもなく、ボンド“ウーマン”と呼んだ方がいいかもしれないが、前作の親子ほどの歳の差のラブシーンを見るよりかはまだマシ。(当時、ムーア56歳、アダムズ38歳)
にしても、語り継がれる(?)“オクトパシー”という名前。だって、英語表記すると、そのままだもん…。

そのムーアだが、前作で降板を仄めかし、ボンドにもボンドガールにもMにもマネーペニーにも別のキャスティング案があったらしいが、二転三転して、この布陣に。(Mは本作から2代目に)

本作の製作が始まった頃、思わぬ事が!
別会社が全くの別作品として、あの初代007=ショーン・コネリーを担ぎ出して、映画化権を持つ『サンダーボール作戦』のリメイク『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の製作を発表。公開もほぼ同時期。
初代vs3代目!
ファンには嬉しい夢の対決だが、製作側にとってはこれ以上ない厄介なライバル。
しかし!
結果的には本作の圧勝だったとか。
この当時はもう、本家007はロジャー・ムーアであった。
(かく言う自分も『ネバーセイ・ネバーアゲイン』は昔一度見たきり。せっかく今シリーズ再見しているので、併せて久し振りに見てみよう)

何だか本作は本編より、裏事情の方が訳ありで面白いという皮肉…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品