スティーブン・バーコフ

スティーブン・バーコフ
英語表記
Steven Berkoff
誕生日
1937年8月3日
出身
イギリス/ロンドン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

出身地の英ロンドンと、仏パリで演技を学び、59年に初舞台を踏む。68年、ロンドン・シアター・グループを設立し、俳優だけでなく、脚本家としても活躍する。演出も数多く手がけ、中でもフランツ・カフカ原作の「変身」「裁判」が有名。英国の演劇界を代表する人物で、日本での上演作も多い。舞台と並行して、映画「時計じかけのオレンジ」(71)、「バリー・リンドン」(75)などに出演。「007 オクトパシー」(83)、「ビバリーヒルズ・コップ」(84)、「ランボー 怒りの脱出」(85)の悪役で、映画にも欠かせない存在になる。TVミニシリーズ「戦争と追憶」(88~89)ではアドルフ・ヒトラー役を演じた。近年の出演映画に「ツーリスト」(10)、「ドラゴン・タトゥーの女」(11)など。

関連作品(映画)

スティーブン・バーコフの関連作品(映画)をもっと見る

関連動画・予告編

スティーブン・バーコフの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

スティーブン・バーコフの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「スティーブン・バーコフ」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る