シネマ歌舞伎 新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子

劇場公開日:

シネマ歌舞伎 新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子

解説

2012年12月5日に逝去した18代目中村勘三郎の一周忌にあわせ、勘三郎が祖父(6代目尾上菊五郎)、父(17代目中村勘三郎)を経て譲り受け、生前17回にわたり演じた「春興鏡獅子」を、歌舞伎の舞台を映画館で上映する「シネマ歌舞伎」のシリーズ20作目として劇場公開。小姓の弥生は、江戸城の大広間で行われるお鏡曳きの余興として舞を披露することになる。当初は気後れしていたものの、意を決して舞を披露し始めた弥生は、祭壇にまつられていた獅子頭を手にする。すると弥生に獅子の精が乗り移り、獅子の狂いを見せ始める。09年1月「歌舞伎座さよなら公演」での舞台を収録した。

2013年製作/70分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)松竹株式会社

映画レビュー

5.0迫力がありました

2022年12月6日
iPhoneアプリから投稿

流石8代目中村勘九郎
子供のおふたりも可愛いくて
見応えありました。
東劇、たいへん空いていて
良かった☆彡

コメントする (0件)
共感した! 0件)
花丸
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

他のユーザーは「シネマ歌舞伎 新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子」以外にこんな作品をCheck-inしています。