シネマ歌舞伎 二人藤娘

劇場公開日:

シネマ歌舞伎 二人藤娘

解説

歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第21弾。2014年4月に、第5期歌舞伎座(13年4月開業)のこけら落とし公演「歌舞伎座新開場柿葺落 鳳凰祭三月大歌舞伎」で上演された「日本振袖始」と「二人藤娘」を映像化し、2本立てで上映。役者たちが化粧をして舞台へ臨む姿など、普段は見られない舞台裏映像も収められている。「二人藤娘」は、舞踏の人気演目として知られる「藤娘」を2人で演じるという新解釈で再構成された演目。「京鹿子娘道成寺」を2人で舞った「京鹿子娘二人道成寺」もシネマ歌舞伎化されている坂東玉三郎が、中村七之助とともに藤の精を艶やかに演じた。14年1月に大阪松竹座で初演されて評判となり、同年3月に歌舞伎座で東京初演となった。

2015年製作/90分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5劇場ではなく

2017年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

知的

良い意味で単純。
舞踊が主だからかなぁ。でもあの綺麗さはきっと劇場で観るべきなんだなってちょっと後悔。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
喜怒哀楽
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品