女が階段を上る時

劇場公開日:

解説

「日本誕生」の共同執筆者・菊島隆三が自らのシナリオをプロデュースする第一回作品で、バーのマダムの生活の表裏を描いたもの。高峰秀子が主演の他に衣裳も担当している。「コタンの口笛」の成瀬巳喜男が監督し、「顔役と爆弾娘」の玉井正夫が撮影した。パースペクタ・ステレオフォニック・サウンド。

1960年製作/111分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1960年1月15日

ストーリー

圭子はバー“ライラック”の雇われマダムである。ある日、外国人のマスターに呼ばれ売上げの減ったことを責められた。経済研究所長という肩書を持つ高級利権屋の美濃部が最近店に寄りつかなくなったこと、その美濃部が以前圭子の下で働いていたユリに店を持たせていること、圭子はすべてを知っていた。マスターから暗にユリのように体を張れと言われた。夫に死なれて、女手一つで生きていかなければならなくなった圭子が、マネジャーの小松の口ききでこの道に入ったのは五年前であった。圭子は、バーの階段を上る時が一番悲しかった。しかし、上ってしまえばその日その日の風が吹いた。美濃部が現われ、ユリの店へ案内した。店は繁昌していた。ユリが席をはずした隙に、美濃部は圭子をゴルフに誘った。--圭子は店を変えた。小松と、女給の純子がいっしょについて来た。関西実業家の郷田が、店を持たせるからと圭子に迫った。彼女は上客に奉賀帳を回して十万、二十万と借りて店を持つことを決心した。小松もいっしょに貸店を探して歩いた。--ユリが狂言自殺をするつもりで誤って本当に死んでしまった。葬儀の席で、美濃部が貸金の返済を執拗に迫っていた。圭子はそ知らぬ顔で現れた美濃部にくってかかった。圭子は酒と興奮のためか血を吐いて倒れた。胃潰瘍だった。佃島の実家で、クリスマスと正月を過したが、七草が過ぎるともう寝てもいられなかった。おかみのまつ子が集金の催促に現われ、兄からは息子の小児マヒを手術する金を無心されたのだ。圭子はまた階段を上った。プレス工場主の関根の誠意だけが身にしみた。いつか奉賀帳を回した時も、気持よく十万円出すことを約束してくれた。圭子はプレス工場のおかみさんにでも喜んでなろうと、関根に抱かれた。やっと幸せが来たのだと思った。しかし、関根は二度と現われなかった。圭子は酒におぼれた。銀行支店長の藤崎と一夜を過してしまった。が、藤崎は翌日大阪の支店へ転勤になると言いながら、十万円の株券を置いて去った。小松が入れちがいに入って来て、圭子の頬を打った。彼女は小松のいっしょになってくれという言葉を空虚な思いで聞いた。--圭子は試練に耐えて生きていかなければならない。新しい明日をめざして、今日もバーの階段を上って行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0オープニングのカッコ良さ。 登場人物達の人物描写の素描の巧さと細や...

2023年8月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

オープニングのカッコ良さ。
登場人物達の人物描写の素描の巧さと細やかさ。
行き届いた細やかな演出と役者の演技。
ストーリーのテンポの良さとリズム感。
ショッピ。
黛敏郎の音楽。

メロメロになっちゃった。。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
抹茶

3.0負けちゃだめだ

2021年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy

5.0階段を登る、それはステージを変える行為

2020年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

傑作です
重い観応えが有りました
劇中で夕暮れ時の銀座が写ります
本作から60年経っていますが今と変わらない、仕事帰りのビジネスガールと着物姿のプロがすれ違う光景です

夜のお店は疑似恋愛を楽しむお店です
もっともそれを楽しめるのは重役以上で、若手社員は接待のお付きに過ぎません
こうしたお店で接待の交際費で場数を踏んで、男を磨く事が出来た男が重役になれる
そうしたものの筈でした

でも本作を観ると60年前からお偉いさんも、こんなていたらくだった訳です
男はいつの世も駄目です

男も女も両方がこれは疑似恋愛でゲームなんだとわかった上でゲームを楽しむ
節度をお互いに守ることでゲームは成立しているのです
言い方を変えれば、建て前を守りとおせる男であるのか、女であるのか試されているとも言えます

そのゲームのルールをわかった上で、女性に気遣いと真心を示すことができるか
女性はそれを知った上で男のプライドを理解できるのか
それが夜の街での修行なのだと思います
それが出来ない男はやはり仕事でも脱落していくものなのだとやはり思います
女も然りです

シングルマザーがホステスにいることを示すシーンがあります
今と何も変わりはしません
子供を抱えて昼の仕事ではお金がかかる年頃の子供を養えない現実はあるのです

雇われママの圭子もつらい思いを重ねて修行しています
最高につらい仕事です
だから高給なのだと思います

階段を登る、それはステージを変える行為
女が別の女に変わるところ

ラストシーンは主人公の圭子がまたひとつ階段を登ったのだということだと理解しました
彼女はきっと銀座で成功していくのでしょう

高峰秀子36歳、役の圭子は30歳の設定です
まだまだ十分に若く美しいのですが、役の年齢よりも実年齢が上のところがまた、女性の曲がり角である年齢を迎えているという説得力を増していると思います

黛敏郎による音楽が秀逸です
まるでフランス映画のような趣があり本作の雰囲気を高めています

コメントする (0件)
共感した! 3件)
あき240

3.5深みのある素晴らしいタイトル

2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

夜の銀座を取り巻く女のしたたかさと男のどうしようもなさを、マダムの乾いたナレーションとスタイリッシュな映画でドロドロとせずしみじみと味わえた。加東大介演じる見た目パッとしない優男ながらにして女たらしという難しい役どころ。家庭持ちの銀行マンと見送りのホームで対峙するシーンの緊張感たるや。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mimiccu
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「女が階段を上る時」以外にこんな作品をCheck-inしています。