シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース

劇場公開日

  • 予告編を見る
シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース
21%
45%
17%
3%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

歌舞伎の舞台を映画館で上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第25弾で、人気コミック「ONE PIECE」を四代目市川猿之助による「スーパー歌舞伎II」で舞台化し、2015年に新橋演舞場などで上演された「スーパー歌舞伎II ワンピース」をスクリーン上映。大秘宝ワンピースを探す航海を続けるルフィと仲間たちは、シャボンディ諸島での海軍との戦いで散り散りになってしまう。ルフィは兄エースの処刑宣告を知り、救出のために監獄インペルダウンへ向かうが、エースはすでに海軍本部マリンフォードへと移送されていた。歌舞伎の手法と、プロジェクションマッピング、ダンスなどが融合し、「スーパー歌舞伎」ならではの新しいエンタテインメントが展開する。

2016年製作/118分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)尾田栄一郎/集英社・スーパー歌舞伎II「ワンピース」パートナーズ

映画レビュー

3.5ボンクレーの再現度が神。

2016年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

歌舞伎でワンピースをやるときいて正直なんだそりゃと思ったし、今でも思っている。のだが、実際に観てみると、なんだそりゃよりも「すげえ!」という驚きが勝ってしまった。

舐めていたのは、歌舞伎の人たちの本気と身体能力の豊かさ。荒唐無稽なワンピースの世界観を人力でやるなんて不可能だろうという固定観念はいともたやすく覆された。ルフィに負けない正面突破で、原作のキャラや名シーンを次々と実体化させていく執念には畏れすら感じる。

とりわけボンクレーの再現度は神レベルであり、おそらく人間がマンガにどこまで近づけるのかの究極形態であろう。

濃すぎる内容に、4時間近い舞台を2時間に編集してくれて助かった気もするが、同時にちゃんと4時間たっぷり観たかったというМっ気も湧き上がってくる。とにかく一辺観てみてくださいとしか言えない怪作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

4.0少年漫画と歌舞伎

2019年5月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
森のエテコウ

5.0子供たちよ、観よ! これが大人の本気だ!!

2016年11月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

知的

圧巻のお祭り騒ぎ。

大人が本気になったとき、奇跡が起きるんだって事を

子供たちに見せてやりたい。

漫画、アニメ。 演劇、歌舞伎。

そのどちらかしか観たことのない人には、この作品は難しい。

心の中の期待値が高すぎて、それを超えることはないだろう。

しかしその両方を知っている人からすれば、これはもう素晴らしい! なのだ。

スーパー歌舞伎、古典しか知らなかった人には、漫画やアニメを。

また原作やアニメしか知らない人には、演劇、日本の古典芸能を。

それぞれがそれぞれを知り、先入観を捨て、興味を持って、その垣根を乗り越えて欲しい。

そうすれば、この作品の本当の価値が理解できると思う。

目に見えるところに、それはない。

目に見えないところに、それはあるのだ。

たとえば

人間は空を飛べない。それはもう、どうしようもない現実で、

その人間を、空に飛ばすだけで、どれだけの手間が必要か。

吊りワイヤが見えたら興醒め、なんて人には、想像力というモノがないのか、と問いたい。

このワイヤの先に、果たして何人のスタッフがぶら下がっているのか。

このアクションのために、何日、稽古を重ねているのか。

この演技演出のために、どれだけの歌舞伎という伝統技術が応用されているのか。

これだけの数の出演者が、どれだけ準備をしているのか。

衣装を用意するだけでとてつもない予算と手間と時間だろう。

漫画を舞台化するということの、その熱量。

2次元を、2.5次元ではない。3次元化することの重さ。

それだけの目に見えない贅沢な力が、観客に届くから、感動が生まれるのだ。

原作と歌舞伎の、それぞれの魅力を発見して欲しい。観て解らない人は、勉強して欲しい。

そのための、夢の架け橋になるような、そんな作品だったのだ。

---------------------- ここからが、映画としての感想 ----------------------

そしてその架け橋は、映画界にも手を伸ばしている。

シネマ歌舞伎とは、そういう企画だったはずだが、

社会的に話題に上ることも、客足が爆発的に伸びる事もなかったはずだ。

この作品が、歌舞伎への、また原作への架け橋になるかもしれない。

また舞台を見た人からすれば、映画への扉かもしれない。

実に、シネマ歌舞伎でやる意味のある作品だったと思う。

素晴らしかった。この作品に関わった、すべての人に、感謝の拍手を贈りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
加藤プリン

1.0全く

かんさん
2016年10月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

つまらない作品でした。

出演者の方は、原作とアニメを見ていないのではないかと思いました。

歌舞伎には合いません。

ワンピースは、原作とアニメがいいですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

他のユーザーは「シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース」以外にこんな作品をCheck-inしています。