シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ

劇場公開日

シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
18%
73%
0%
0%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2005年5月、18代目中村勘三郎襲名披露狂言として歌舞伎座にて上演された野田秀樹演出による大ヒット舞台を映像化。近江の国、粟津城内の剣術道場。研屋あがりのにわか侍・辰次は、根っからの町人根性が抜けず、周囲の武士たちからいつも仲間はずれにされていた。ある日、家老に散々に打ち据えられて恥をかかされた辰次は、家老への仕返しを企てる。ところが、辰次の仕掛けにはまった家老が死んでしまい……。

2007年製作/97分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)松竹

映画レビュー

5.0凄い❗️

2021年7月16日
iPhoneアプリから投稿

舞台に出ずっぱりで、凄いセリフ。その時代の流行りをちょいちょい入れた舞台、何度見てもあきない。凄い。
今、この役、舞台出来ないやろうね。中村七之助にしてもらいたいなぁ、君なら出来る、なんてね、お父様が言うかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミヤミヤミヤ

4.0天晴じゃあ!!

栗太郎さん
2021年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画と違って舞台っていうのは、舞台上でしか表現できない、ある意味ワンシチュエーションの縛りがあるようなもの。それをどれだけダイナミックに魅せるかで、観客の頭の中の世界が無限に広がっていく。その点で、この映画は見事。一糸乱れぬ躍動感と、滑稽極まるセリフと動きの応酬。歌舞伎とは、これほど一体感のある団体芸だったのかと惚れ惚れする。
そしてなにより、勘三郎。いい役者だなあ、と何度もつぶやいてしまった。そして、惜しいなあ、とも何度も。二人の御子息を含め、この時の若手が今、絶頂期。落語界の志ん朝や、浪曲界の武春のように、早逝の芸達者の面影は、後継者の芸を見るたびに瞼に浮かんでくる。それは、悲しいことでもあるけれど、それを感じることは喜びでもある。
幕が下りたあと、心の中で惜しみない拍手を送った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

他のユーザーは「シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ」以外にこんな作品をCheck-inしています。