シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為(アテルイ)

劇場公開日

シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為(アテルイ)
59%
30%
9%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

歌舞伎の舞台を映画館で上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第24弾で、市川染五郎、中村勘九郎、中村七之助主演により、2015年に新橋演舞場で上演された「歌舞伎NEXT『阿弖流為』」をスクリーン上映。平安時代に実在した歴史上の人物、阿弖流為(アテルイ)の舞台化を構想した染五郎自身の主演により、02年に「劇団☆新感線」の作品として上演され、今回の歌舞伎版でも新感線版同様に作を中島かずき、演出をいのうえひでのりが手がけている。蝦夷(えみし)を率いるリーダー・阿弖流為と、蝦夷を討伐する坂上田村麻呂。敵同士でありながら、奇妙な友情で結ばれる若き2人の男の戦いを軸に、阿弖流為を導く謎の女・立烏帽子をはじめとする、一筋縄ではいかない登場人物たちによる物語が、従来の歌舞伎にはないスピード、スケール感で描かれる。阿弖流為を染五郎、坂上田村麻呂を勘九郎、立烏帽子を七之助がそれぞれ演じ、坂東彌十郎、市村萬次郎、片岡亀蔵らが脇を固める。

2016年製作/185分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0色んな面白さが詰まってる

Scottさん
2020年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

5.0男と男の敵味方を越えた友情に、胸が熱くなる

2020年2月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
森のエテコウ

5.0驚きの名作

sannemusaさん
2018年1月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

なんとなしに観に行ったのだけど、めちゃくちゃ良かった。

大和朝廷が東北の蝦夷を討伐する
征服と抵抗と戦争の物語。
太古の時代から何度も繰り返され、今もなお続く人間対人間の争い。

長編で、かつストーリーもめちゃくちゃ練られてて、構成も素晴らしい。
いのうえひでのりの力量に恐れ入った。

もちろん歌舞伎役者たちの演技はさすが。
染五郎の美しさ、勘九郎の無邪気な明るさと力強さ。
最初の娘役の七之助は無理があるかなって思ったけど、、可憐なすずかと神と三役の演じわけにはドキッとした。
神のシーンは鳥肌ものだった。
歌舞伎ならではのゆったりした台詞回しや顔の演技、表情の余韻までが見応え抜群。

映画やドラマでは、CGとかSFX使って映像を豪華にするけど
本作についてはほぼ歌舞伎の表現方法しか使ってない。でもそのシンプルな表現方法がとてつもなく効果的だった。
アラハバキの神の神聖さ、恐ろしさ、激しい決闘シーン、
シネマ歌舞伎のよさが存分に出てる作品だと思う。

見栄を切るシーンもたくさん出てくる。
内輪ネタ、歌舞伎ネタも挟んでて笑える。

ストーリーもよく出来てて、というかそれも歌舞伎ならではなのかも。
人間の醜さや、高潔さ、情、権力、いろんな要素が絡み合っててんこ盛りで、それはそれはドラマチックな物語でした。

時代がどう動くか。
阿弖流為は故郷を守ろうとするが、捨てるものもある。土着の神を殺す阿弖流為。守るべきは歴史や誇りや文化よりもそこに住む民の平和な生活だ、と。
抵抗することで戦いは長引く。自分こそが戦争の根源になっているのではと悩む阿弖流為。
朝廷にも大義はある。海外の強国の侵攻を退けるためにはこの国はひとつになる必要がある、と。まるで今の日本政府やかつての大戦時の政府を表現するような。
卑怯な手も使いながら、無垢なるものたちを数で征服してゆく日本政府。蝦夷は人ではないと言い切る。

どちらが正しいのか、よかったのか、私にはわからない。勝ったものが持する義が、正義となる。

帝の実体は膝を打つ感じ。
決着の付け方もけしてハッピーエンドではない。
坂之上田村麻呂の蝦夷征伐後の歴史を、今の日本を我々は既に知っている。
かつて征服に抵抗した蝦夷は、アイヌは、うちなんちゅは、彼らの歴史や生活は、何処に行ってしまったのか。どのように残ってるのか。
グローバリズムやダイバーシティについて深く考えさせられる話でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sannemusa

4.0シネマ歌舞伎の中でも傑作

JKさん
2017年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

面白い、染五郎も、勘九郎も、皆みんな、良い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JK
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

他のユーザーは「シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為(アテルイ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。