清須会議

劇場公開日

9%
41%
38%
9%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化。本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。三谷監督作品では初の時代劇。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。

2013年製作/138分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀監督賞 三谷幸喜
優秀脚本賞 三谷幸喜
優秀音楽賞 荻野清子
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 フジテレビ 東宝

映画レビュー

3.5見どころ満載なれど更科六兵衛の登場に歓喜

2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化した意欲作。
本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌を豪華すぎるキャストで描いている。
役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、松山ケンイチらによる演技合戦は見事だが、個人的には西田敏行扮する更科六兵衛が幽霊ではない姿で登場するシーンが最もテンションが上がった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

4.0大泉洋さんの秀吉が最高!

セツさん
2021年9月8日
iPhoneアプリから投稿

三谷幸喜さんの大河が大好きな私としては、とても面白かったです!割と史実に沿った展開で、歴史好きとして楽しめました。

鈴木京香さんのお市の方怖い!剛力彩芽さんの松姫も良かった。
でも1番は大泉洋さんの秀吉!面白いけど迫力もあって最高でした!ひとたらし感がすごく出てた。

三谷作品は間の取り方とか、表情とかちょっとしたところが面白くて好きです。
ギャグ率が少なめの方が好みなので、バランスも丁度良かった!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
セツ

3.5歴史があてがきと思わせるほどのキャスト

llさん
2021年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

三谷幸喜は歴史オタクでも知られているが、歴史上の人物をイメージし、現代の俳優に完璧に当てはめる天才だ

柴田は不器用であり空気が読めず、ゆえに大一番での勝負弱さを露呈し、歴史上の負け組となる
役所広司は特に負け組というイメージはないが、動物的な行動と言動、可愛げのある憎めなさが妙にハマる

豊臣秀吉は日本の歴史上最も性格の特徴が有名といっても過言ではなく、陽気に武力よりも政治、コミュニケーションで天下を取った人物だ
大泉洋は豊臣秀吉を演じるために俳優になったのではないかと思わせるハマり役だと感じた

メイン2人の対照的な性格の表現方法、演出が巧みでさりげないと感じた
池田を説得する際の、指を舐めてからの池田の肩に手をかける際、柴田は舐めた指がガッツリと肩に着いているが、豊臣はしっかりと指を立てている笑
この小さな行動が大きな歴史の変化点になったと考えるとかなり面白い

武将の後継ぎ問題について、そもそも血の繋がった者を後継ぎにしては朝廷と同じになり、実力のある者が上に立ち続け、国がまとまる可能性はかなり低い
先が見えず、経験の少なかった時代において、後継ぎよりも自分が天下人にふさわしいと考えていた豊臣と
本気で信孝を後継者と考えていた柴田では、会議を行うだいぶ前から決着が着いていたと思える

なにより、三谷幸喜作品のオーバーな演技と、派手な音楽や演出は、時代劇においてもっともハマると感じた

追記
松姫が川にあえて向かった事を打ち明けるシーンについて、やはり邦画特有の説明過多であると感じた
もちろん、剛力の最後の顔は圧感ではあるが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ll

3.0秀吉の目配り、気配り これは現代の私たちにも必要なことなのではない...

2021年5月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

秀吉の目配り、気配り
これは現代の私たちにも必要なことなのではないかと思った
自分の思いを貫くため
いろんなことを考え動く
ずるくいやらしく生きたい訳ではないが
人を楽しませる、喜ばせることで協力を得る
なんだか学ばせてもらった気がしました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふるふる
すべての映画レビューを見る(全203件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「清須会議」以外にこんな作品をCheck-inしています。