劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ

劇場公開日

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ
8%
29%
39%
13%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

子供たちに絶大な人気を誇るアニメ版「ポケットモンスター」の新シリーズ「ダイヤモンド&パール」の劇場版第2弾。ディアルガとパルキアの戦いによって時間と空間にゆがみが生じたため、この世界と鏡のような関係にある“反転世界”に異変が起こった。激怒した反転世界の主・ギラティナはディアルガを反転世界に引きずり込もうとする。一方、サトシたちは旅の途中で出会ったポケモン、シェイミとグラシデアの花畑を探すことになり……。

2008年製作/100分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2008 ピカチュウプロジェクト

映画レビュー

4.0生意気シェイミの最後の言葉に感動!ポケモンアニメ映画第11作

2021年4月10日
PCから投稿

~ポケモントレーナーみゆきは、93点の経験値をもらった!~

2008年に公開されたポケットモンスターアニメ映画の第11作。
3作連続で描かれるテーマの神と神の戦いの2作目でもあります。

前作で登場した時を司る「ディアルガ」と空間を司る「パルキア」の戦いが、ギラティナの住む反転世界に大きな影響を与えたことにより、ギラティナが動き出すストーリーです。

2作連続で同じ伝説枠のポケモンが登場するのは初めてではないでしょうか。

ギラティナとディアルガの戦いに巻き込まれた、全然感謝をしない”かんしゃポケモン”の「シェイミ」が、ある理由のためにギラティナに狙われながらも、偶然出会ったサトシたちと目的のお花畑を目指していきます。

出会いもあれば別れがあり、もちろんシェイミとの別れも訪れます。
サトシたちとの旅を通して変化した最後のシェイミの言葉に感動します。

今回の声優界のレジェンド山寺宏一さんの出演は、「ムゲン」。
自称天才科学者の役で、メインキャラクターの1人に当たります。
個人的には、敵役「ゼロ」と、エンディングテーマのクリスタルケイさんが歌う「ONE」が数字の意味でも強く関連して見えて深さを感じていました。

ここで、ポケモントレーナーみゆきのひっそり気になるポイント3点。

一つ目は、サトシたちが追手から逃げるシーン。
おそらくそんなことはないと思いますが、列車に無賃乗車していませんか。
ポケモン界の支払いシステムは分かりませんが、とても支払ったように見えない状況に動揺します。

二つ目は、ゼロの操るマシン。
ポケモントレーナーみゆきの住む現実においては、おそらく数千億円はしそうな代物。
一人の科学者が得られる額なのかということと、ギラティナのためではなく他のことに使えなかったのかということが気になるポイントです。

三つ目は、野生ポケモンのポテンシャル。
物語の終盤で、れいとうビームを使う場面がありますが、普通は覚えない野生ポケモンの大半がれいとうビームを扱っている姿を見て、ポテンシャルの高さに驚きました。
そして、何にしてもレジギガスが最強過ぎて、見直しました。

近年の中でもストーリー面においてはしっかりとまとまっている作品になっているので、ぜひ観てみてくださいね。

★本作のサトシの”キミにきめた”手持ちポケモン情報★
ピカチュウ、ナエトル、ヒコザル、ムクバード、ブイゼル、グライオン

★大好きなポケモンに例えると★
シェイミ
 「グラシデアのはな」でランドもスカイも駆け巡れ。
 ちょっと生意気なことは言っていても、しっかりと感謝の気持ちを持っています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ポケモントレーナーみゆき

2.0投げっぱなし

2021年2月18日
スマートフォンから投稿

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たからやまもり

2.0色々なものが詰め込みすぎな印象

たろうさん
2021年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムで観賞。
シェイミ、ギラティナ、ディアルガ、レジギガスといった伝説級のポケモンが多く登場するが、彼らの活躍や行動理由が有機的に結びついていないのが残念だ。特にディアルガは前半部分しか登場しないし、レジギガスの登場もかなり唐突に見えてしまった。

途中サトシがシェイミとの別れの時が近いことに悲しそうな表情をするが、あれも唐突に感じてしまった。シェイミの発言や行動に対してかなり怒っていたのに…スカイフォルムに変身したことでシェイミに対しての考えが変わったの?(個人的にシェイミは所謂ウザ可愛いキャラクターなのだが、イライラしてあまり好きになれなかった。)

ここまでにポケモン映画は悪役がイマイチなのが多かったが、本作はまさに「世界の支配」というよくある薄っぺらい悪役造形だ。支配した先で何がしたいのかが分からない。こんなよくわからない動機で伝説級のギラティナが捕らわれたり攻撃されているのはなぁ…。100分無い時間で悪役の掘り下げをするのが難しかったということだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

3.0「ピカチュウ 10万ボルト!」「ポッチャマ バブル光線」

shimoさん
2017年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ポケットモンスター」シリーズ関連作品

他のユーザーは「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」以外にこんな作品をCheck-inしています。