劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王
4%
29%
52%
11%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤独な少女の心が生み出したポケモンを巡って、お馴染みポケモンマスターを目指す少年たちが繰り広げる冒険を描いた長編ジュブナイル・アニメーションの第3作。監督は「ピチュウとピカチュウ」の湯山邦彦。田尻智による原案を基に、「劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」の首藤剛志と「ピチュウとピカチュウ」の園田英樹が共同で脚本を執筆。撮影監督に「ピチュウとピカチュウ」の白井久男があてっている。声の出演は「ピチュウとピカチュウ」の松本梨香と大谷育江、他にゲストスタアとして「フリーズ・ミー」の竹中直人、「億万長者になった男」薬丸裕英、「新少年探偵団」の加藤あいが参加している。

2000年製作/74分/日本
配給:東宝

ストーリー

両親を亡くし、ひとり淋しく大きな館に暮らしている少女・ミーは、ある夜、考古学者だった父親のシュリー博士が残した奇妙な文字カードを並べていて、人の気持ちに反応し様々な事象を巻き起こす謎のポケモン、アンノーンを古代遺跡から蘇らせる。ミーの寂しい心に反応して、彼女の住むグリーンフィールドという街を結晶で覆うアンノーン。更にそれは、ミーの父親代わりに幻のポケモン、エンテイを呼び出すのであった。そして、エンテイは父親としてミーの母親が欲しいという願いを叶える為、サトシのママをさらってしまう。連れ去られたママを助けるべく、ママが幽閉されている結晶塔へ潜入するサトシやピカチュウたち。彼らはそこで壮絶なバトルを繰り広げるも、エンテイの強大なパワーに阻まれなかなかママを救い出すことは出来ない。しかし、サトシたちは決して諦めようとしなかった。そんな彼らの姿を見て自分の過ちに気づいたミーは、エンテイに闘いをやめるよう指示。暴走するアンノーンを再び古代遺跡に封じ込めようとする。だが、それはエンテイとの別れも意味した…。しかし、ミーはもうひとりぼっちではなかった。今や、彼女にはサトシやピカチュウという友達があり、何より遺跡へ発掘調査に出かけたきり行方不明になっていたシュリー博士が、無事、グリーンフィールドへ帰って来たのだから。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
演出
日高政光
須藤典彦
スーパーバイザー
石原恒和
アニメーション監修
小田部羊一
脚本
首藤剛志
園田英樹
原案
田尻智
エクゼクティブ・プロデューサー
久保雅一
川口孝司
製作
河井常吉
富山幹太郎
坂本健
宮川鑛一
福田年秀
八木正男
プロデューサー
吉川兆二
松迫由香子
盛武源
アニメーションプロデューサー
奥野敏聡
神田修吉
絵コンテ
湯山邦彦
毛利和昭
辻初樹
キャラクター・デザイン
一石小百合
松原徳弘
香川久
キャラクター原案
杉森建
藤原基史
森本茂樹
吉田宏信
太田敏
西田敦子
斉藤むねお
吉川玲奈
総作画監督
香川久
作画監督
一石小百合
松原徳弘
田口広一
伊藤嘉之
池田和美
福本勝
つなきあき
玉川明洋
佐藤雅将
設定協力
陣内弘之
川村久仁美
野本岳志
撮影監督
白井久男
撮影
スタジオコスモス
池上元秋
美術監督
金村勝義
美術監督補
高橋和博
デザインワークス
近永健一
ゴトウマサユキ
志田ただし
西中康弘
音楽
宮崎慎二
音楽プロデューサー
斎藤裕二
主題歌
松本梨香
森公美子
整音
安藤邦男
音響監督
三間雅文
音響プロデューサー
南沢道義
西名武
音響効果
神保大介
編集
ジェイ・フィルム
辺見俊夫
伊藤裕
アソシエイト・プロデューサー
沢辺伸辺
石川博
山内克仁
並河研
紀伊高明
吉田紀之
アシスタントプロデューサー
福田剛士
デスク
藁科久美子
高梨志帆
制作担当
小板橋司
太田昌二
特殊効果
太田憲之
CG制作
小学館ミュージック&デジタル エンタテインメント
CGプロデューサー
坂美佐子
CGスーパーバイザー
小畑正好
CGディレクター
鹿住朗生
水谷貴哉
近藤潤
高橋賢太郎
小田桐里志
中村圭介
デジタルワークス
高尾克己
色彩設計
吉野記通
佐藤美由紀
色指定
長尾朱美
演出協力
村田和也
有冨興二
TVリレーションシップス
岩田圭介
岩田牧子
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0おうち-281

かいりさん
2021年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

幸せ

ピカチュウ「またリザードンに持ってかれた」

なんとなく既視感があると思ったら、『アナ雪』(もちろん本作の公開が前ですが)。
理由の違いはあれど、心に寂しさや不安を抱えた女の子が、閉じ籠って幻の世界観を作り上げるというところ。世界観もさながら、見た目も似ている。
本作は、両親といることが幸せと信じて、理想の家族を作るため、他人の母親を奪うというなかなかのストロングスタイル。

前作、前々作はポケモンと人間の共存をテーマにしていましたが、今作は家族。
幻のお父さんポケモン・エンテイの儚さは、ぐっとくるものが、、、。

ポケモンだいすきヒトカゲだいすきな私ですが、アニメシリーズで一番泣いたのは「はぐれポケモン ヒトカゲ」。
その次は「リザードンのたに!またあうひまで!!」。
そのリザードンが、サトシの窮地を知り、助けるため舞い戻ってくるなんて、、、強くなったね。チコリータに負けてたのに←
やっぱり、サトシのリザードンってめっちゃいいヤツ。

あ、ロケット団もめっちゃいいヤツらだわ。敵とか味方とか関係なく、敵がピンチの時に「自然に手が伸びてた」なんて、すてきやん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かいり

2.0敵は?

2021年2月11日
スマートフォンから投稿

寝られる

エンテイは幻なの本当にいるの
悪者や登場人物が少ないのにそれぞれが薄っぺらい
ママいらんこと言うな、傷つく真実は伝え方が難しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たからやまもり

4.0ミーとアンノーンが生み出す理想世界!ポケモンアニメ映画第3作

2021年1月7日
PCから投稿

~ポケモントレーナーみゆきは、88点の経験値をもらった!~

2000年に公開されたポケットモンスターアニメ映画の第3作。

幼き少女ミーと考古学に精通する父親の物語。

ある日、父親が古代文明の探索中に行方不明に。
悲しむミーの願いに応えるように、謎多きポケモン「アンノーン」がミーの理想の世界を創っていきます。

ポケモントレーナーみゆきは、幼き頃は真っすぐな願いを沢山持っていました。
ポケモンが現実にいて欲しい、仮面ライダーになりたい、スーパーサイヤ人になりたい。
思ってみれば、なかなかに純粋な子供でした。

ミーの純粋な想いが生み出す世界に巻き込まれていくサトシたち。
ミーと、ミーの父親と自称する幻のポケモン「エンテイ」とのバトルは、カッコ良くも切なさを感じます。

そんなバトルの中で、サトシのピンチに駆け付けるあのポケモンに心が震えました。
サトシはもしかすると世界で一番命のピンチにあっている10歳かもしれません。

過去2作品で幻のポケモン役を演じた声優界のレジェンド山寺宏一さん。
今回は、ようやく人間である「ミー」の執事「デイビット」役。
執事でも存在感ある声が最高です。

ぜひ観てみてくださいね。

★本作のサトシの”キミにきめた”手持ちポケモン情報★
ピカチュウ、ワニノコ、ヒノアラシ、チコリータ、フシギダネ、ヨルノズク(色違い)

★大好きなポケモンに例えると★
アンノーン
 なぜ父親が行方不明になったのか、なぜミーの願いをきくのか全てがアンノーン。
 でも、なぜかアンノーンに関するオーキド博士たちの解説が明確で個人的にツボです。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ポケモントレーナーみゆき

2.5気になるところがいくつか

たろうさん
2021年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムで観賞。
ポケモン映画3作目。前2作がポケモンとの共存、共生がテーマとしてあったが、本作は「家族」がテーマ。確かにポケモンと人間の家族関係、親子関係を描こうとはしている。しかし、少し気になる部分がある。
まず本作のキーパーソンであるエンテイ。ひたすらにミーの望みを叶えようとしているが、結局彼はアンノーンの力によって誕生した幻(作中に出てきたヒメグマやマンタインのような幻)だったわけで、命ある生き物ではない。彼が悩み、葛藤しても幻である以上その感情も作られたものじゃない?と見えてしまう。結局エンテイとミーの擬似親子関係も空虚なものに思えてしまう。
次に母親もエンドロールで登場していたけど、死んだんじゃないのか。入院なのか、再婚して新しい母親なのか。母親について言及されていなかったような…自分の見落としている?

ポケモンについてはリザードンの登場やバトルがかなり力が入っている。炎VS炎の演出も相まってリザードンの戦闘シーンは本作の白眉と言える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ポケットモンスター」シリーズ関連作品