ベルリン国際映画祭 主要部門 受賞履歴

開催数(年度) 受賞作品
第70回 ベルリン国際映画祭(2020年) Sheytan vojud nadarad(英題:There Is No Evil)
第69回 ベルリン国際映画祭(2019年) シノニムズ
第68回 ベルリン国際映画祭(2018年) タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング
第67回 ベルリン国際映画祭(2017年) 心と体と
第66回 ベルリン国際映画祭(2016年) 海は燃えている イタリア最南端の小さな島
第65回 ベルリン国際映画祭(2015年) タクシー
第64回 ベルリン国際映画祭(2014年) 薄氷の殺人
第63回 ベルリン国際映画祭(2013年) 私の、息子
第62回 ベルリン国際映画祭(2012年) 塀の中のジュリアス・シーザー
第61回 ベルリン国際映画祭(2011年) 別離
第60回 ベルリン国際映画祭(2010年) 蜂蜜
第59回 ベルリン国際映画祭(2009年) 悲しみのミルク
第58回 ベルリン国際映画祭(2008年) エリート・スクワッド
第57回 ベルリン国際映画祭(2007年) トゥヤーの結婚
第56回 ベルリン国際映画祭(2006年) サラエボの花
第55回 ベルリン国際映画祭(2005年) U-Carmen eKhayelitsha
第54回 ベルリン国際映画祭(2004年) 愛より強く
第53回 ベルリン国際映画祭(2003年) イン・ディス・ワールド
第52回 ベルリン国際映画祭(2002年) 千と千尋の神隠し
ブラディ・サンデー
第51回 ベルリン国際映画祭(2001年) インティマシー/親密
第50回 ベルリン国際映画祭(2000年) マグノリア
第49回 ベルリン国際映画祭(1999年) シン・レッド・ライン
第48回 ベルリン国際映画祭(1998年) セントラル・ステーション
第47回 ベルリン国際映画祭(1997年) ラリー・フリント
第46回 ベルリン国際映画祭(1996年) いつか晴れた日に
第45回 ベルリン国際映画祭(1995年) ひとりぼっちの狩人たち
第44回 ベルリン国際映画祭(1994年) 父の祈りを
第43回 ベルリン国際映画祭(1993年) 香魂女 湖に生きる
ウェディング・バンケット
第42回 ベルリン国際映画祭(1992年) わが街
第41回 ベルリン国際映画祭(1991年) La casa del sorriso (House Of Smiles)
第40回 ベルリン国際映画祭(1990年) ミュージックボックス
つながれたヒバリ
第39回 ベルリン国際映画祭(1989年) レインマン
第38回 ベルリン国際映画祭(1988年) 紅いコーリャン
第37回 ベルリン国際映画祭(1987年) Tema (The Theme)
第36回 ベルリン国際映画祭(1986年) Stammheim (Stammheim - The Trial)
第35回 ベルリン国際映画祭(1985年) ウェザビー (原題:Wetherby)
Die Frau und der Fremde (The Woman And The Stranger )
第34回 ベルリン国際映画祭(1984年) ラヴ・ストリームス
第33回 ベルリン国際映画祭(1983年) Ascendancy
La Colmena (The Beehive)
第32回 ベルリン国際映画祭(1982年) ベロニカ・フォスのあこがれ
第31回 ベルリン国際映画祭(1981年) 急げ、急げ (原題:Deprisa, deprisa!)
第30回 ベルリン国際映画祭(1980年) Palermo oder Wolfsburg
Heartland
第29回 ベルリン国際映画祭(1979年) David
第28回 ベルリン国際映画祭(1978年) Ascensor
Las palabras de Max (What Max Said )
Las Truchas (Trout)
第27回 ベルリン国際映画祭(1977年) 処刑の丘 (原題:Woschozdenie)
第26回 ベルリン国際映画祭(1976年) ビッグ・アメリカン
第25回 ベルリン国際映画祭(1975年) Orokbefogadas (Adoption)
第24回 ベルリン国際映画祭(1974年) The Apprenticeship Of Duddy Kravitz
第23回 ベルリン国際映画祭(1973年) 遠い雷鳴
第22回 ベルリン国際映画祭(1972年) カンタベリー物語
第21回 ベルリン国際映画祭(1971年) 悲しみの青春
第20回 ベルリン国際映画祭(1970年) ミヒャエル・ヘルホーファン監督の「O.K.」が物議を醸したことで、審査員団が辞任。 予定の日程よりも早く閉会したため、各賞の表彰は行われなかった。
第19回 ベルリン国際映画祭(1969年) Rani Radovi (Early Works)
第18回 ベルリン国際映画祭(1968年) Ole dole doff (Who Saw Him Die? )
第17回 ベルリン国際映画祭(1967年) 出発
第16回 ベルリン国際映画祭(1966年) 袋小路
第15回 ベルリン国際映画祭(1965年) アルファヴィル
第14回 ベルリン国際映画祭(1964年) 野性のもだえ
第13回 ベルリン国際映画祭(1963年) Il Diavolo (To Bed or Not to Bed)
武士道残酷物語
第12回 ベルリン国際映画祭(1962年) 或る種の愛情
第11回 ベルリン国際映画祭(1961年)
第10回 ベルリン国際映画祭(1960年) El lazarillo de tormes
第9回 ベルリン国際映画祭(1959年) いとこ同志
第8回 ベルリン国際映画祭(1958年) 野いちご
第7回 ベルリン国際映画祭(1957年) 十二人の怒れる男
第6回 ベルリン国際映画祭(1956年) 腕環のロンド
第5回 ベルリン国際映画祭(1955年) Die Ratten (The Rats)
第4回 ベルリン国際映画祭(1954年) ホブスンの婿選び
第3回 ベルリン国際映画祭(1953年) 恐怖の報酬
第2回 ベルリン国際映画祭(1952年) 春の悶え
第1回 ベルリン国際映画祭(1951年) ジープの四人
Sans laisser d'adresse
Beaver Valley
裁きは終りぬ
シンデレラ