レインマン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

高級外車ディーラーのチャーリーは、絶縁状態にあった父の訃報を聞き、遺産目当てに帰省する。ところが、遺産の300万ドルは全て匿名の人物に相続されることとなっていた。その人物が、今まで存在すら知らなかった自閉症の兄レイモンドであると知った彼は、兄を病院から連れ出してロスへと向かうが……。アカデミー賞主要4部門(作品・監督・脚本・主演男優賞)他、多数の映画賞に輝いた、バリー・レビンソン監督による感動作。

1988年製作/134分/G/アメリカ
原題:Rain Man

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

外国作品賞  

第46回 ゴールデングローブ賞(1989年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ダスティン・ホフマン

ノミネート

最優秀監督賞 バリー・レビンソン
最優秀脚本賞 ロナルド・バス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5トムクルーズはとんでもなく自分勝手な役ですが、ダンスのシーンは素敵...

2022年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

トムクルーズはとんでもなく自分勝手な役ですが、ダンスのシーンは素敵ですね。
エレベーターの中のシーンも良いです。
洋画のダンスシーンは印象的で羨ましい文化です。
日本人には真似できないね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やまぼうし

4.52人の名演技が素晴らしい

morickさん
2022年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ダスティンホフマンもすごいがトムクルーズもとても素晴らしい。
人と人が繋がることの素晴らしさをあの2人のダンスに凝縮している。またエレベーターの中のスザンヌとのダンスも素敵の一言。
最後の面談で弟が兄をもう質問をさせないというくだりはそれまでの流れで一番泣けた。
2回目の視聴だったけど、映画館でこうやって何度も観れるのは幸せなんだなあとつくづく思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
morick

4.5愛は、そう、簡単ではないよな〜

2022年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

トム・クルーズが演じるチャーリーは
チョイと強引な商売をする外車ディーラー。
出だしから、トムと部下とのやり取りや電話での客への言い訳で
チャーリーが金で追い詰められている事情が解って来る。
面倒な客への対応を部下に押し付け自分は彼女と旅行に〜
と、言っても、お金の事が気になって
彼女との会話もほぼ上の空〜
この冒頭の一連のシーンで、チャーリーが、
強引で少々身勝手な性格である事が伝わって来る。

そんなところへ10代で喧嘩して家出したまま
連絡もまともに取っていなかった父が亡くなったと、
父の弁護士から連絡が。

父の葬儀にも投げやりな態度のまま、
遺産が気になるチャーリーが勇んで弁護士を訪ねるが、
父が自分に残したのは、親子喧嘩の種になったクラシックカーと、
父の趣味だった枯れかけた薔薇の木だけだった。

ダスティン・ホフマン演じる兄が登場するまでは、
兎に角、強引で身勝手なチャーリーが強調される。
こんなチャーリーと、
ある事情で他人とのコミュニケーションが上手く出来ない兄。
凸凹な2人の珍道中!これどうなってしまうの??
と、物語に引き込まれて行く。

午前十時の映画祭ならではの作品。ぜひ劇場で!

で、月に8回程、映画館で映画を観る中途半端な映画好きとしては

2022年「トップガン マーベリック」が
大ヒット中のトム・クルーズが若き頃にそろそろ演技派と呼ばれたい!
みたいな気持ちで挑んだ今作。

当時、本当に良くもこんな地味な企画の映画が通ったもんだけど
そこは映画会社もトム・クルーズが出るなら
なんとかなるだろうな〜って言う感じでしょうかね?
だから冒頭は当時最先端だったランボルギーニに乗って
爆音を響かせるトムをカッコよく撮ってます。
途中にも煌びやかなラスベガスでの見せ場もあったりする。

中盤以降、父の遺産の鍵を握る兄ダスティン・ホフマンを手懐けるために
前半あれだけ強引な態度だったチャーリーが、
渋々兄のペースに合わせて行く過程は、アカデミー賞もの!
とまでは行かないけど(笑)トムも頑張ってたな〜。

しかし、この映画でアカデミー賞を手にしたのは、
泣く子も黙るダスティン・ホフマンでした。そこはしょうがない。
まばたきひとつしない、常に異次元を見つめている様な表情。
本当にそう言う人?と思わせる歩き方、後ろ姿。
この手の難病映画が流行ったキッカケだったと思います。

最後は、ハリウッド的な強引なハッピーエンドにせず、
比較的現実的な決着にした事で、逆に2人の間に通った交流は
ほそぼそとでも続いて行くのかな〜

そんな余韻が残る良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

4.5素晴らしいです

2022年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ダスティン・ホフマンの演技は天才肌の成せる技です。
ほとんどトム・クルーズと二人で出ずっぱりで、ロードムービー。30年ちょっと前の映画だけど今とはずいぶん違います。トム・クルーズの喫煙シーンは彼らしくないが、時代ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
エンジェル・ハート
すべての映画レビューを見る(全90件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る