野性のもだえ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ネカチ・ジュマリの脚本を、イスマイル・メチンが監督した農村映画。撮影はアリ・ウグール、音楽はヤマジが担当した。出演はウルビ・ドガン(製作も担当)、エロール・タシュ、ユリア・コチギスなど。

1964年製作/トルコ
原題:Susuz Yaz
配給:松竹映配

ストーリー

トルコの貧農集落アナトリヤでは、タバコ栽培に必要な水と妻と名誉が何よりも大切なものだった。オスマン(エロール・タシュ)は自分の所有地に湧き出る水をせきとめて、自分の耕地にだけ水をひこうとするが、弟のハサン(ウルビ・ドガン)は村人たちのことを思い反対する。ハサンにはバハーという美しい婚約者がいたが、周囲の事情から二人は結婚できず、ハサンは略奪同然に彼女を家につれてきた。その頃、水を求める村人たちが争い、オスマンは彼らの一人を殺してしまった。しかし彼は、たくみな口舌でハサンに罪をかぶせた。その後、ハサンが刑務所内で殺されたという噂が流れ、オスマンは悲しみにくれるバハーを強引に誘惑してしまった。ところがハサンは生きていたのだ。特赦が布告され、釈放された。許しをこうバハーの言葉からすべてを知った彼は、自分の名誉を守るため兄と対決した。ハサンはオスワンを倒し、せきを叩きこわした。水は村人の畑の方に流れだした。オスマンの猟銃で傷ついたバハーは、ハサンにささえられ水の流れを見つめていた。二人の目の前を、オスマンの死体が流されていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
ネカチ・ジュマリ
製作
ウルビ・ドガン
撮影
アリ・ウグール
音楽
ヤマジ
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く