6才のボクが、大人になるまで。

ALLTIME BEST

劇場公開日

6才のボクが、大人になるまで。
27%
49%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門で候補に挙がり、アークエットが助演女優賞を受賞した。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

2014年製作/165分/PG12/アメリカ
原題:Boyhood
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 パトリシア・アークエット
最優秀監督賞 リチャード・リンクレイター

ノミネート

最優秀助演男優賞 イーサン・ホーク
最優秀脚本賞 リチャード・リンクレイター
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

映画レビュー

2.5北の国から

越後屋さん
2021年7月7日
スマートフォンから投稿

12年かけて撮ったという予備知識があるから凄いと思うかもしれないけど、ドラマチックではない。
前半はまずまずでしたが、高校に入ってからの後半はありきたりのお話で飽きました。
とにかく長過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

4.5「時間は途切れない」

Ririenさん
2021年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Ririen

4.0息子の眼差し

2021年3月1日
Androidアプリから投稿

 主人公と息子が重なり、号泣しちゃうんじゃないかと恐る恐る見てみると、泣くというよりも、大人の身勝手さにわが身を振り返り、ヒリヒリしながら見入ってしまった。
 大人の軽率な懲罰や指導から身を守るべく、お酒やマリファナに手を出したりしてバランスを保とうとし(はたから見れば非行だけど)、6歳のぼくが、本当に自然に18歳のまなざしになっていく。
 お姉ちゃん(監督の娘)が、口紅を塗った後に上下の唇を合わせてパッと出す音を織り交ぜながらお母さんにたてつくおしゃまさとか、お父さんの一方的な野球観戦ノリノリのシーンと、その合間にじーっとマスタードマシーンでホットドッグ作っている息子のまなざしの動と静の違いが愛おしい。最初の空を見上げていた僕の目が、最後にこういう風景を見ながら言葉にしていくんだなとじわりと来た。
 あとで予告編見直したら涙が止まらない。そうそう、こんなこともあったね、我が息子よ…と、申し訳ない気持ちになったり(アホ)。自分の思い出になってしまいそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ナイトホークス

5.0厳しく、悲しすぎる大人の人生

2020年12月25日
iPhoneアプリから投稿

 12年間通して撮影しているので、4人の家族一人一人の細かい成長の過程が観ることが出来て、非常に面白かったです。特にパトリシアの変貌振りには驚いてしまいました。「トゥルーロマンス」で彼女に魅了された私にはちょっとショックでした。しかし!もしこれが彼女のこの映画に対する役作りだとしたら、ロバート・デ・ニーロも真っ青ですよね。さすがです。
 若い子達は、この映画の主人公に色々共感できる部分は多々あるんでしょうね。けど、そんな時代をとうの昔に経験した私は、どうしてもメイソンの親の方に感心か湧いてしまいます。オリヴィアが最後に言い放った言葉「人生はもっと長いと思っていた」このセリフ 本当に心に突き刺さりました。まったくその通りです。学校を卒業して、就職したら、これから長く明るい、スリルに満ちた第2の人生が送れると思っていたら、実際は、仕事の忙しさに何もかも奪われて、訳がわからず成り行きで結婚して、子供の心配、家計の心配で、月日はあっと言う間に、何十年も過ぎて、子供が独り立ちする頃には、自分の残りの人生が切なく感じて、死ぬまでの自分の生活がはっきり想像出来てしまう。悲しいですよね。そんな悲しい現実が、この映画には、モロに現れている。少年、少女のハラハラ、ワクワクの人生の描写と平行に大人の厳しい現実とが描かれている。見方を変えれば非常に残酷な映画かもしれませんよね。「若者達よ!悔いのないように青春の日々を大事に生きろ!大人になったら、二度とそんな日は、戻らないのだから!」こんなメッセージも含んでいるかも。(そんなとらえ方、私だけですね)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェット
すべての映画レビューを見る(全213件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る