6才のボクが、大人になるまで。

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
6才のボクが、大人になるまで。
27%
49%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門で候補に挙がり、アークエットが助演女優賞を受賞した。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

2014年製作/165分/PG12/アメリカ
原題:Boyhood
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 パトリシア・アークエット
最優秀監督賞 リチャード・リンクレイター

ノミネート

最優秀助演男優賞 イーサン・ホーク
最優秀脚本賞 リチャード・リンクレイター
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

映画レビュー

3.5ユニークな撮影方法。でもまだ自分には早すぎた?

さん
2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

知的

レビューをいくつか読んで、この映画が12年もの歳月を掛けて撮影されたものだと知った。
衝撃。。。

それを知ってると知らないとじゃかなり感想が変わってくるようにも感じる。

ある少年、もっと言えば、ある家族の12年間をポンポンと見ていくという感じで、いつ時代が飛んだかがなかなかわかりづらく、あれ?この子が主人公?とか多少混乱しながらも見応えのある映画だった。

勿論映画なので、フィクションだということは百も承知だが、それでも少年やその周りの人達がそのまま大きくなっていくので、ある種のドキュメンタリーのようにも感じられた。

まさに一般的な人生のように、そんなに大きい出来事もなく、終始ふんわりしつつそのままオチも特になく終わってしまう。
正直言うと、物足りなくも感じられてしまった。
でもそれはまだ自分が20歳という幼さ故なのかもしれない。

「大人向け」と簡単に言ってしまうのもあれだが、やはり年齢が上の人ほどグッとくる何かがあるのかな?とレビューをいくつか読んで感じた。

でも反抗期、思春期、恋愛ばかりの高校時代、そして将来に不安を抱えながら、親の元を去っていく。
自分は少し前に体験してきた事だったので、悩みながらも大人になっていく彼らにとても共感出来た。

また「大人」になった時に、もう一度見たい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
桜

4.0もっと観てたかった

Hideさん
2019年9月17日
iPhoneアプリから投稿

たぶん、ストーリー自体はそんなに目新しいものではなく、既視感のあるヒューマンドラマなんだけど、同じ役者が同じ役を12年かけて演じてることがこの映画の魅力の全て

肌ぷにぷにフワフワの男の子が、お酒を覚え、ドラッグに触れ、大人の理不尽に振り回されれ、無精髭を生やし、親元を離れていく様は、まさに人生を疑似体験している不思議な感覚

ダメな大人が沢山出てくるけど、この映画の拠り所になっているのは、兄妹の実の両親だけはどこまでも実直に「親の役目」を果たそうとしているところ

だから、ギリギリのところでこの子たちは道を踏み外さなかったんだと思う

すごく長い映画だったけど、
もっと観てたい、ずっとこの家族の歩みを体験していたいと感じさせてくれた作品でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
Hide

3.5人生あっという間

Keitaさん
2019年9月15日
iPhoneアプリから投稿

過ぎてしまえばあっという間。大人になればなるほど。
アメリカのファミリーの捉え方はやはり日本とすごくちがうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita

3.5ドキュメンタリーは長いと寝る

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本当に12年間撮影した映画。そこには純粋に拍手を送りたい。物語としては割と普通のアメリカの家族の話な感じ。でもお母さん2回も再婚するかな普通…。その再婚相手を勘付くメイソンの眼差しがリアルで良い。「今度はこいつか」みたいな。

リアルな12年間なのでドキュメンタリーみたいな流れ。しかも165分という長尺なので、案の定睡魔に負けました。3回くらい巻き戻して観ての繰り返し。一家の新生活も何度も繰り返しの引越し。こんなに引越ししてたらメイソンとか姉さんもグレちゃう所、逆に割としっかり者として育っていく不思議。あんまり過保護なのもダメかもね。

ラスト直前の母の台詞が印象的。「これからは自由だ」とか言っておきながらその台詞かい!とも思うが、親としては子育てしている時は夢中なんだと納得。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ
すべての映画レビューを見る(全201件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る