6才のボクが、大人になるまで。
ホーム > 作品情報 > 映画「6才のボクが、大人になるまで。」
メニュー

6才のボクが、大人になるまで。

劇場公開日

解説

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門で候補に挙がり、アークエットが助演女優賞を受賞した。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

作品データ

原題 Boyhood
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 165分
映倫区分 PG12
ハッシュタグ

#6才のボク

オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

少年とその家族に訪れる“時間”をとらえ、心震わせる体験映画
6才のボクが、大人になるまで。の映画評論・批評

映画はただ見るものではなく、体験するもの。いい映画であればあるほどそう思えるものだ。そういう意味でも、「6才のボクが、大人になるまで。」は驚くべき映画である。これほど豊かな、しかもパーソナルな“体験”を実感させてくれる映画はこれまで見...6才のボクが、大人になるまで。の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全190件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「6才のボクが、大人になるまで。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi