劇場公開日 2014年11月14日

  • 予告編を見る

6才のボクが、大人になるまで。のレビュー・感想・評価

3.7206
27%
49%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全206件中、1~20件目を表示

4.5観てて心地よかった

2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

同じ役者で作品と同じ12年間かけて撮影したという事実で衝撃的だが、それ故役者を変えたり、特殊メイクをすることがないからか違和感なく、すっと作品に入り込めた。

映画を観るというよりかは、淡々と進む中で、主人公を優しく見守っているというのが正しいのかなと思った。主人公がグレることなく、軽くマリファナ吸うくらいの健全なアメリカ人で良かった。

独り立ちする18才までを描いて、この先というか、ここからさらに波乱万丈になるだろうし、続きが観たくなった。結婚して子供産まれるくらいまで観たかった笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

5.012年もの歳月をかけて、同じ役を演じ続ける! スゴイよ!

うさぎさん
2020年5月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

みんなが言い尽くしているかもしれないが、
それでもあえて言いたい!

自然と映像が切り替わっていくので、全く違和感がない。
カメラテクニックも半端ない!

主人公のメイソンは、母親とともに、
ヒューストンへ引っ越す。
離れて暮らす父親との再会や
母親の再婚、義父の暴力、初恋、
カメラとの出会い、大学へと進学する。
と、6才から18才までを描く。
思春期の男の子の様子がよく表現されている。

自らも思春期なのに、
違う自分の思春期を演じるなんて!
メイソン役に、アカデミー賞を差し上げたい
くらいだわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ

3.0色々あったが子供たちに取っての理想の関係

2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
30代の嘆き

4.0黒人ゼロの映画。

Yohiさん
2020年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

長い作品だが飽きさせない。流石に12年の歳月をかけて撮っただけの事はある。父親役がかっこいい。アメリカは本当に日本と違うと思った。不思議だったのは黒人が全く出てこなかった事。南部はこうも違うのだろうか?サマンサ役は監督の娘だそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

4.5人生あっという間

2020年1月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

はじめて観るタイプの映画でした。
シリーズものとは違って、1本の作品に1人の12年間のストーリーがあって面白いです。
人生ってこんな感じであっという間なんだけど、その1年1年、1日1日にストーリーがあるんだなと感じました。
もっと熱量あげて頑張って、気付いたら歳取ってたけど濃い人生だったなって思いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuhei Ogawa

3.5ユニークな撮影方法。でもまだ自分には早すぎた?

さん
2019年11月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

知的

レビューをいくつか読んで、この映画が12年もの歳月を掛けて撮影されたものだと知った。
衝撃。。。

それを知ってると知らないとじゃかなり感想が変わってくるようにも感じる。

ある少年、もっと言えば、ある家族の12年間をポンポンと見ていくという感じで、いつ時代が飛んだかがなかなかわかりづらく、あれ?この子が主人公?とか多少混乱しながらも見応えのある映画だった。

勿論映画なので、フィクションだということは百も承知だが、それでも少年やその周りの人達がそのまま大きくなっていくので、ある種のドキュメンタリーのようにも感じられた。

まさに一般的な人生のように、そんなに大きい出来事もなく、終始ふんわりしつつそのままオチも特になく終わってしまう。
正直言うと、物足りなくも感じられてしまった。
でもそれはまだ自分が20歳という幼さ故なのかもしれない。

「大人向け」と簡単に言ってしまうのもあれだが、やはり年齢が上の人ほどグッとくる何かがあるのかな?とレビューをいくつか読んで感じた。

でも反抗期、思春期、恋愛ばかりの高校時代、そして将来に不安を抱えながら、親の元を去っていく。
自分は少し前に体験してきた事だったので、悩みながらも大人になっていく彼らにとても共感出来た。

また「大人」になった時に、もう一度見たい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
桜

4.0もっと観てたかった

Hideさん
2019年9月17日
iPhoneアプリから投稿

たぶん、ストーリー自体はそんなに目新しいものではなく、既視感のあるヒューマンドラマなんだけど、同じ役者が同じ役を12年かけて演じてることがこの映画の魅力の全て

肌ぷにぷにフワフワの男の子が、お酒を覚え、ドラッグに触れ、大人の理不尽に振り回されれ、無精髭を生やし、親元を離れていく様は、まさに人生を疑似体験している不思議な感覚

ダメな大人が沢山出てくるけど、この映画の拠り所になっているのは、兄妹の実の両親だけはどこまでも実直に「親の役目」を果たそうとしているところ

だから、ギリギリのところでこの子たちは道を踏み外さなかったんだと思う

すごく長い映画だったけど、
もっと観てたい、ずっとこの家族の歩みを体験していたいと感じさせてくれた作品でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
Hide

3.5人生あっという間

Keitaさん
2019年9月15日
iPhoneアプリから投稿

過ぎてしまえばあっという間。大人になればなるほど。
アメリカのファミリーの捉え方はやはり日本とすごくちがうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita

3.5ドキュメンタリーは長いと寝る

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本当に12年間撮影した映画。そこには純粋に拍手を送りたい。物語としては割と普通のアメリカの家族の話な感じ。でもお母さん2回も再婚するかな普通…。その再婚相手を勘付くメイソンの眼差しがリアルで良い。「今度はこいつか」みたいな。

リアルな12年間なのでドキュメンタリーみたいな流れ。しかも165分という長尺なので、案の定睡魔に負けました。3回くらい巻き戻して観ての繰り返し。一家の新生活も何度も繰り返しの引越し。こんなに引越ししてたらメイソンとか姉さんもグレちゃう所、逆に割としっかり者として育っていく不思議。あんまり過保護なのもダメかもね。

ラスト直前の母の台詞が印象的。「これからは自由だ」とか言っておきながらその台詞かい!とも思うが、親としては子育てしている時は夢中なんだと納得。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

3.5もう私の人生には、私の葬式しかない!名言!

Rinkoさん
2019年8月15日
iPhoneアプリから投稿

12年もかけて撮り続けた映画。可愛いかった子どもたちが成長した姿はイケメンでも美女でもない。お母さんは巨体に、、(笑)

そんな中、実父のイーサン・ホークだけがほんとにこのお母さんと同級生だったの??ってくらい、若々しい。
そういえば昔、「いまを生きる」のイーサンにはまって、何度も見返したっけ。あの初々しかった男の子が、いいお父さんになったもんだ。
この映画は、イーサンが華をそえたと言っていいんじゃないか??

すごく淡々と話が過ぎていくんだけど、息子が家を出ていくときのお母さんの言葉で、一瞬、号泣。

「結婚して、出産して、離婚して、2人の子どもたちが大学生になった、、これから私に何があるというの?!もう私の葬式しかない!!」

名言だわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rinko

4.0165分を長いと感じたが

はなさん
2019年6月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はな

4.0こういう映画の撮り方もありか、と感心。

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

こういう映画の撮り方もありか、と感心。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.5【リチャード・リンクレーター監督及び関わった役者の方々に敬意を表すべき作品。かつてない製作方法に関して。】

NOBUさん
2019年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

 4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成した作品。

 リチャード・リンクレーター監督、イーサン・ホークともとても好きなのだが、まさかこのような作品を撮っていたとは・・・。

 驚き且つ、敬意の念を抱かざるを得ない。

 観終わった後、不思議な感動を覚える作品である。

<2015年1月24日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0ひとつの家族の風景をリアルな時間で描写した作品。 困難の中にも大き...

miharyiさん
2019年5月16日
PCから投稿

ひとつの家族の風景をリアルな時間で描写した作品。
困難の中にも大きな豊かさが広がる。
音楽もいい。
鑑賞日:2015.1.30

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.01人の人生を見る。時間の無駄な感じはあったけどまぁいいのかな?

kyokaさん
2018年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1人の人生を見る。時間の無駄な感じはあったけどまぁいいのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kyoka

5.0温かい気持ちになる

yupppiiiさん
2018年8月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupppiii

1.0評価が高かっただけに期待外れだったかな… ただ淡々と、長かった。 ...

けいさん
2018年5月3日
Androidアプリから投稿

評価が高かっただけに期待外れだったかな…
ただ淡々と、長かった。
そうして大人になっていくのね、という感じ。
いい映画なのかもしれないけど、面白いのかどうかといったら疑問です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

4.0成長の記録を覗き見

だるまさん
2018年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この映画の主人公の人生が、ただ淡々と映し出される。過去の出来事が時を経て意外な線で結ばれたり、劇的な成長を促す事件が起こるわけでもない。独特の感性を持った男性の、大人になるまでの記録をひたすら見せられる。人によっては退屈なだけと感じるかもしれないが、ありのままのように見える人生を映しているからこそ、どこかに現実味と、共感できるポイントを見つけることができるのだと思う。そんなリアルを感じさせる後押しをするのが、12年の歳月をかけた撮影だ。時間をかければいい作品を取れるわけじゃないけど、この映画にとっては、意味のある苦労だったと言える。

強いて言うなら水道管工事の青年再登場の下りは、フィクションの面を感じさせると言う意味で少し浮いていたように感じた。しかし、この映画が労力に見合う最高の一本であることに変わりは無い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だるま

3.0悪くない。ただ、同じ俳優で12年間かけたということが、意味を持ちす...

2018年3月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悪くない。ただ、同じ俳優で12年間かけたということが、意味を持ちすぎて混乱する。すごいことなんだけど、映画を作る上で必要か?そのことにとらわれて、作品を素直に観られない。
なんだかちょっと騙されているような。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

3.5ひとつの大きなドキュメンタリー映画のよう

2018年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

確かに見ようによっては、渡鬼とか北の国からと同じ楽しみ方ができるかも。ただ、すごいのが、これが、2時間半の映画だということ。
ドラマだったら、シーズン○とかいって、知らない間に子役が成長みたいなことが起こるかもしれないが、これは、最初から、成長していく過程を半分ドキュメンタリーのように映画にしている。
母親の離婚、そして再婚、何度も繰り返す母親の結婚によって、入れ替っていく父親とその家族。本当の父親の家族とも繋がっていて、石田純一のようにひとつの大きな一族のようになっていく不思議さ。
でも、それが今のアメリカ社会の現実なのかもしれない。
繊細に成長していった主人公。6才の時にこの彼を想像してこの映画を作っていたとは思えないからこそ、この映画の中にある種の家族の繋がりを考えさせられるような気がする。
母親が、子育て卒業となる時のほっとした気持ちと一抹の寂しさは、ぐっとくる。色々なことを犠牲にしながらも子供を育ててきた母親が、これからは、自分のために生きていける。うれしいようなさみしいような気持ちが入り混じってくるような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
七星 亜李
「6才のボクが、大人になるまで。」の作品トップへ