インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

ALLTIME BEST

劇場公開日:

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

解説

「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のコーエン兄弟が、2013年・第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクの生涯を下敷きに、売れない若手フォークシンガーの1週間をユーモラスに描いた。60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。「ロビン・フッド」「ドライヴ」などに出演したオスカー・アイザックがルーウィン役を演じ、歌声も披露。音楽に「オー・ブラザー!」「クレイジー・ハート」のT=ボーン・バーネット。

2013年製作/104分/G/アメリカ
原題:Inside Llewyn Davis
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) オスカー・アイザック
最優秀主題歌賞

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ ジョエル・コーエン イーサン・コーエン

出品

コンペティション部門
出品作品 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

Photo by Alison Rosa (C)2012 Long Strange Trip LLC

映画レビュー

3.5「ニシンの大群」名曲やん! ほんとに8歳で??

momokichiさん
2022年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ただ生存するために生きる?
別に船乗りだけじゃなく、アーティストであっても生存するための歌を作り、
生存するための演奏をおこなう。 決して本意じゃなくても。
そうすりゃもう少しマシに賢く生きられることもわかってる。

でも、すんなりそれを受け入れらえない。自分を偽れない。
そんな純粋なフォーク歌手のギリギリの日々(生活の点で)を映し出す。
あー、人の家を転々としないといけないのはほんとツラそう。。
でも、なんだろう、どこか羨ましい。

※冒頭の弾き語りの場面、鳥肌がたった。素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
momokichi

4.0『500マイル』は 『ピーターポールアンドマリー』

マサシさん
2022年5月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

2.0ただ撮っただけ、観ないでいいですよ

越後屋さん
2022年3月14日
PCから投稿

コーエンマニアですが、これは訳わからないです。
売れない底辺歌手の、なんだか上手くいかない日常生活をダラダラ撮ってるだけ。
別にドラマもないし、暗いし何ら感想もないです。場面が唐突に変わって説明ないので、なんかよくわからない。制作意図はなんだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

4.0メリーゴーランドに乗って

因果さん
2021年12月5日
iPhoneアプリから投稿

音楽は魔法じゃない。

わかってる。

とすればなんだ?

たぶん「呪い」。

何をしていてもしていなくても否応なしに付き纏い続ける「呪い」。そういう人を私は何人も見てきたし、またこれから先も幾度となく見ることになると思う。

音楽に泣き、音楽に笑い、音楽に救われ、音楽に見捨てられる。都度によって感情は変化しても、彼らの絶対的な主語が常に「音楽」であることだけは変わらない。

だからはたから見れば「呪い」にかけられた人々は同じところをグルグルと回り続けているように見える。まるでメリーゴーランドだ。未来永劫どこにも辿り着けない。なのにそれに乗り込んだ人々は、自分たちがどこへでも行けるのだと頑なに信じている。バカじゃないのか、と思う。舐めてんじゃねえぞ、とも。

本作もまた音楽というメリーゴーランドに乗り込んだ男の悲哀を描き出している。しかもアメリカン・ドリーム的なご都合主義がメリーゴーランドを本物の馬車に変えてくれることもない。

物語は男が場末のライブハウスの外でスーツ姿の男に殴られるシーンから始まり、同一シーンの再奏で終わる。完全な円環だ。メリーゴーランド的円環。

しかし本当に何も変わらなかったのだろうか?

物語の序盤に、男が家から猫を逃がしてしまうシーンがある。終盤にもほとんど同じシーンが繰り返されるのだが、今度は猫の逃亡を足で食い止める。とても印象的なシーンだ。

メリーゴーランドは依然としてどこへも辿り着かなかったが、それに乗っていた男の内面に何らかの変容が兆したことは、たぶん、確かだと思う。

音楽という「呪い」に縛り付けられた男は、その円環的な反復を経験するうちに、ほんの少しずつではあるが、自分だけの人生の軸を見出しつつあるのではないか。

先週猫を逃してしまったことと、今週は逃さなかったことと。この対照性はまさに男の内面(inside)的成長を意味しているように私は思う。

苦しい映画ではあったが、私は真っ黒なエンドロールの向こう側にささやかな光芒を幻視していた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
因果
すべての映画レビューを見る(全63件)

他のユーザーは「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。