アルファヴィル

劇場公開日:

解説

初長編作「勝手にしやがれ」以降、ヌーベルバーグの旗手として世界的に知られる名匠ジャン=リュック・ゴダールが1965年に手がけたSF作品。同年の第15回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞。英国のハードボイルド作家ピーター・チェイニーが生み出したキャラクターで、エディ・コンスタンティーヌが演じる探偵レミー・コーションを主人公に、人工知能によって支配される都市を舞台に、感情を失った独裁者の娘の人間性を回復させようと奮闘するレミーの孤独な戦いを描いた。2014年12月、「ヌーヴェル・バーグSF映画対決!トリュフォー×ゴダール」と題し、フランソワ・トリュフォーの「華氏911」とともにデジタルリマスター版上映。

1965年製作/99分/フランス・イタリア合作
原題:Alphaville
配給:マーメイドフィルム
劇場公開日:2014年12月27日

その他の公開日:1970年5月30日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0人間のぬくもり

2024年5月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2度目の鑑賞。

1度目のときは、プールでの処刑場面がとても印象に残った。暗い話で古い映画だけど、当時はかなり斬新だったんだろうな、そんなことを思った覚えがある。

今回観てみたら、パリの街で撮影していること、まずはそこがすごいと思った。特別なセットを使わずに、現実の街をそのままにして、そこに異質なものを作りだしてしまう。違和感なく捉えさせてしまう。もとの街と何が違うのか、何が違えば異質なものとして設定でき受け入れてもらえるか。そのへんの作り方というか、ノリの乗せ方がうまいなぁと。ゴダールはこういうのが得意なようだ。

でも、ストーリーはやはり暗くシリアスで、コンピュータの言葉も私にはなかなか難しかった。(とはいえ主人公がスマートに敵をポンポン殺しちゃうところや、キャラ設定などでは、軽快さや面白さも感じるが)

でもその楽しくない世界との組み合わせで、対比的に、芸術への愛情とか、それを理解する人間というものへの信頼とか、そんな熱い思いが浮き彫りにされ、かえってとても伝わってきていると感じた。この映画は、人間のぬくもりを感じさせる、なかなかロマンチックな映画なのだぁと思った。

また、ストリートは今となっては少し古く感じるけれど、それでも細かいところを見ていると、これは今現実に世界のあるところで起きている事そのものだと思えたり、また、何をどう考えれば社会がどうなっていくのかという関係性という点について考えさせるものがある、と思った。

暫く間をおいたら、また観てみたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
あま・おと

0.530分が限度かな

2021年7月6日
PCから投稿

手持ちカメラの面白さとか雰囲気の面白さとかいうのがあるけれど、長時間は持たない。まあゴダールの作品は二度と見ないでいいな。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
タンバラライ

3.0市民プールも新しかった時代

2019年11月1日
iPhoneアプリから投稿

カスタムメイドの企業コンピュータ。昔の汎用コンピュータ全盛時代、そもそもコンピュータ自体が高額だったため、一台の汎用コンピュータをエアコンの効いた専用のコンピュータルームなる場所に設置して、専門の技術者がこのコンピュータを操作しながら大量データを一括に処理しているという光景があったらしい。それを思わすワンシーンがあった。なお不完鑑賞ですので、いつかまた観ます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ほぼぼーぼぼーぼぼ

3.0.

2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
瀬雨伊府 琴
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アルファヴィル」以外にこんな作品をCheck-inしています。