アンナ・カリーナの新作ドキュメンタリーが完成 ゴダールとの日々、日本の思い出を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月23日 > アンナ・カリーナの新作ドキュメンタリーが完成 ゴダールとの日々、日本の思い出を語る
メニュー

アンナ・カリーナの新作ドキュメンタリーが完成 ゴダールとの日々、日本の思い出を語る

2018年10月23日 16:30

ヌーベルバーグのミューズとして知られるアンナ・カリーナ「気狂いピエロ」

ヌーベルバーグのミューズとして知られるアンナ・カリーナ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスのロワール地方にあるラ・ロッシュ・シュル・ヨン国際映画祭で、ヌーベルバーグのミューズであり、元パートナー、ジャン=リュック・ゴダールとともに「女と男のいる舗道」「はなればなれに」「アルファヴィル」「気狂いピエロ」など、幾多の傑作を生み出した女優アンナ・カリーナの新作ドキュメンタリー「Anna Karina, Souviens-toi」が上映され、カリーナ本人がティーチインに立った。映画.comでは、この機会に特別インタビューを敢行した。

カリーナといえば、ゴダールはもとより、ジョージ・キューカールキノ・ビスコンティライナー・ベルナー・ファスビンダー、ジョナサン・ドゥミといった国際色豊かな監督たちと仕事をしているほか、9月に18年ぶりの来日を果たし、野宮真貴ら何人かのミュージシャンとともに「Festival Tandem」に出演したばかり。久々の日本への旅はいい思い出となったようで、短い滞在にも関わらず、快活にインタビューに答えてくれた。(佐藤久理子)

--まずはホットな日本の思い出から教えて頂けますか。18年ぶりの来日でコンサートをされたそうですが、どんな印象をお持ちですか。

「日本は以前からとても好きな国なの。お寿司も大好き(笑)。18年前に、ミュージシャンでわたしに曲を作ってくれたフィリップ・カトリーヌと一緒に日本に行ったとき、前列にお洒落な女の子たちがたくさん来ていたのを覚えている。だから日本の女性はなんてファッショナブルなのかしらと思ったけれど、今回もその印象は変わらなかったわ」

--日本のあなたのファンはもちろんヌーベルバーグ好きが多いとして、映画のなかのあなたのファッションをお手本にする女性ファンも少なくありません。ヌーベルバーグ初期のゴダールの映画はローバジェットで、撮影もとても早かったと思いますが、あなた自身でコスチュームを担当されることもあったのでしょうか。

「ええ、でももちろんすべてはジャン=リュックと一緒に選んだのよ(笑)。たとえば『気狂いピエロ』でわたしが赤を着ているのも、彼が赤がいいと言ったからなの。でもお金がないからなるべく安いものを探した。当時プリジュニックという安売りの量販店があって、ほとんどそこで買っていたわ(笑)」

--ゴダールに関しては逸話がたくさんあり、新作ドキュメンタリーにもそれが出てきますが、出会いの印象はどんなものでしたか。

「マニアックで、あのメガネのせいもあってちょっとビザールな感じがしたわ(笑)。彼はわたしの出ているコマーシャルを見て、『勝手にしやがれ』の小さな役のために連絡をしてきたんだけど、脱がないとだめだと言われたの。それでわたしはとんでもない!と、断った(笑)。当時まだ未成年だったし。そうしたら次にまた「小さな兵隊」のときに連絡があって。今度は脱がなくていい、政治的な映画だから、と言われてやることになったの」

--そこからゴダールとの黄金時代が開花したわけですね。

「でも、むしろミシェル・ドビルのお陰と言えるわ。というのもわたしは『小さな兵隊』のあとにドヴィルから『Ce soir ou jamais』(60)のオファーをもらったの。でも脚本を読んだジャン=リュックに、くだらない、やるなと言われた(笑)。でも歌って踊る役だったので、わたしはとてもやりたかった。子供のときからミュージカルに憧れていたから。それで彼の反対を押し切って出演したの。そうしたら後から映画を観にいったジャン=リュックが気に入って、わたしの演技をとても褒めてくれたの。そこから彼は『女は女である』のアイディアを思いついたのよ。この映画ではジャン=リュックと一緒にベルリン国際映画祭に行って、女優賞をもらった。とても思い出深いわ」

現在78歳とは思えないほど、生き生きと饒舌に語ってくれるカリーナ。まるで子供のような純真さをそなえた人だと感じさせられるが、ドゥニ・ベリー監督が作った新作ドキュメンタリーを見ると、そんな彼女に対するイメージに深みが加わる。子供時代からカリーナの半生をユニークな編集スタイルとともに追いかけた本作では、母親に愛されず、17歳で自立を目指してデンマークからパリにやってきたカリーナが、とても芯の強い女性であり、つねにポジティブに苦難に立ち向かってきた人だということを認識させられるのだ。さらに勉強家で、女優でメガホンを握ったほとんどパイオニアと言える人でもある。

--73年には、自ら監督、主演を兼ねた「Vivre ensemble」を制作されていますが、当時は女性監督も、まして女優が監督をするケースもとても珍しかったですね。制作は大変でしたか。

「自主制作よ。わたし以外のスタッフ、キャストに自前でお金を払ったの。わたしはそれまでにいろいろな監督と仕事をしたし、彼らのことも現場でよく観察していたから、自然に映画を作りたいと思うようになったの。パリとニューヨークで撮影をした。当時はニューヨークにも友だちがたくさんいて、長く滞在したこともあったから、ニューヨークなら撮ることができると思った。70年代初頭のニューヨークの、ヒッピー・ムーブメントの雰囲気を取り入れたかったの」

--現在、♯Metooムーブメントが話題になっていますが、あなたはどう思いますか。

「わたしのときとは時代が違うし、今の状況はよくわからないから何とも言えないわ。でも少し過敏というか、少なくとも成人した大人の女性があとになって訴えるケースというのは、どうかしらと思う。でも一概には言えないわね」

--あなたはこれまで小説も4冊出されていますが、自伝をお書きになるつもりはないですか。

「じつは今ちょっと書き始めているの。そのうち出したいと思っているわ」

(映画.com速報)
気狂いピエロ[Blu-ray/ブルーレイ] 気狂いピエロ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ジャン=リュック・ゴダールが1965年に発表し、ヌーベルバーグの金字塔的作品として語り継がれる代表作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi