ジャン=リュック・ゴダール

ジャン=リュック・ゴダール
英語表記
Jean-Luc Godard
誕生日
1930年12月3日
出身
フランス/パリ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

仏パリ出身。ソルボンヌ大学時代、カルチェ・ラタンのシネマクラブに通いはじめ、フランソワ・トリュフォーやエリック・ロメールらと知り合う。1952年から「カイエ・デュ・シネマ」誌に映画評を書くようになり、59年に「勝手にしやがれ」で長編映画監督デビュー。同作がベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞し、ヌーベルバーグを代表する映画作家として世界的に有名になる。「アルファヴィル」(61)でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した後も、「気狂いピエロ」(65)など次々と話題作を送り出していたが、67年に商業映画との決別宣言文を発表。一時テレビや実験的映画の世界に活躍の場を移し、79年の「勝手に逃げろ 人生」から再び商業映画の製作に復帰した。「カルメンという名の女」(83)でベネチア国際映画祭のグランプリを受賞。その他の主な監督作に「ゴダールのマリア」(84)、「右側に気をつけろ」(87)、「ゴダールの決別」(94) などがある。

関連作品(映画)

ジャン=リュック・ゴダールの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ジャン=リュック・ゴダールの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

ジャン=リュック・ゴダールの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

ジャン=リュック・ゴダールの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ジャン=リュック・ゴダールの関連記事をもっと見る