軽蔑(1963)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

軽蔑(1963)

解説

名匠ジャン=リュック・ゴダールがスター女優ブリジット・バルドーを主演に迎えて手がけた長編第6作。イタリア人作家アルベルト・モラビアの同名小説をもとに、ある夫婦に訪れる愛の終焉を、斜陽化の進むヨーロッパ映画産業の問題と絡ませながら描いた。

脚本家のポールは映画プロデューサーのプロコシュから、フリッツ・ラングが監督する大作映画「オデュッセイア」の脚本の手直しを依頼される。ポールと妻で女優のカミーユはプロコシュの自宅へ招かれるが、ポールが遅れて到着するとカミーユの態度はなぜか豹変しており、彼に対して軽蔑のまなざしを向ける。やがてポールとカミーユは映画のロケのため、カプリ島にあるプロコシュの別荘を訪れるが……。脚本家ポール役を「昼顔」のミシェル・ピッコリ、映画プロデューサーのプロコシュ役を「シェーン」のジャック・パランスが演じる。

巨匠フリッツ・ラング監督が本人役で出演。日本初公開は1964年。2017年9月にデジタルリマスター版が公開。2023年11月には60周年4Kレストア版で公開。

1963年製作/104分/G/フランス・イタリア・アメリカ合作
原題:Le mepris
配給:ファインフィルムズ
劇場公開日:2023年11月3日

その他の公開日:1964年11月22日(日本初公開)、2017年9月30日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1963 STUDIOCANAL - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - Tous Droits reserves

映画レビュー

3.0ブリジット・バルドー

2024年3月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

前から観たかった映画で、やっと観れた。

観たかった1番の理由は、ブリジット・バルドー!

ブリジット・バルドーを初めて知ったのは、大好きなバンドのプリテンダーズからで、

「Message Of Love」って曲の歌詞に、ブリジット・バルドーの名前が出てくるんですよ。

動物愛護に尽力する方で、人として尊敬するし興味あります。

ちなみに、プリテンダーズの女性ボーカルであるクリッシー・ハインドも動物愛護家。

(女性ロッカーつながりだけど、ジョーン・ジェットも動物愛護です)

とにかくオシャレな映画で、センスいい色使いが強烈に飛びこんできます。

赤い屋根に赤い壁、壁に寄りかかった赤い自転車、服装や車などなど、細部まで計算しつくされた色使い。

話的には、詩的なセリフが多くて回りくどく難解で眠くなります。

あまり意味が分からず半分ボンヤリ観てたけど、最後まで観て概ね分かりました。

フランス映画らしい終わり方が良かった。

ブリジット・バルドー、オシャレさ、終わり方、に加点して、60点ぐらい(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
RAIN DOG

4.0面白い

2024年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

夫婦の痴話喧嘩部分は古めかしい。ミシェル・ピコリは誰が見ても典型的なDV野郎で、捨てられて当然なのだが同情的に描かれているのがアホくさい。
一方、映画製作にまつわるシーンはハッとする箇所が多々あって素晴らしかった。差し色が入ったギリシャ彫刻のドアップもやたらとカッコいいが、何よりもフリッツ・ラングが良すぎる。本人役だとは聞き知っていたが、もっとチョイ役なのかと勝手に思っていた。台詞、身のこなしも含めて際立った存在感で、生ける伝説を見てしまった、という感動があった。
ジャック・パランスも誇張されたキャラが良かったし、寝そべるバルドーの肌のキメまで肉薄する撮影も良かった。スクリーンで見られて良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
どんぐり

4.0私のくるぶし好き?

2024年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まずはご冥福をお祈りします。
ゴダール氏の近年の作品は私ごときでは全く理解できず睡魔との闘いに必死になっています。きっと遺作も理解の範疇を越えるんだろうな…この作品も数十年ぶりに鑑賞。当時はこの手の作品を背伸びしてわかった風に観てました(^^;;改めて鑑賞し、ビビットな色使い、バルドーの美しさ、米国の資本主義と西欧の映画制作との軋轢、室内の移動撮影、美しい海景など全く色褪せないクオリティに感服いたしました。遺作の公開が近づいていますね。楽しみの反面、たぶんまた…体調をしっかり整えて挑みたいと思います٩( ᐛ )و

③G-10

コメントする (0件)
共感した! 1件)
shige12

5.0崇高なるBB

2024年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

ほんのささいな事で始まる男への女の軽蔑。どうすることもできずに溝が深まりない、ボタンのかけ違いのような関係にどんどんなっていきます。その原因は明確にせず、最後まで語られる事はありません。もはや古典といえる作品なのかも知れませんが、その表現に古さは全くありませんでした。
今のご時世、女性の体をモノのように扱う本作は批判の対象になりそうですが、この映画の本質はそんなに単純ではないと反論したくなります。4Kレストア版は原色の映像美がとても素晴らしかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆか暖房
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る