軽蔑(1963)

ALLTIME BEST

劇場公開日

軽蔑(1963)
18%
45%
35%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

名匠ジャン=リュック・ゴダールがスター女優ブリジット・バルドーを主演に迎えて手がけた長編第6作。イタリア人作家アルベルト・モラビアの同名小説をもとに、ある夫婦に訪れる愛の終焉を、斜陽化の進むヨーロッパ映画産業の問題と絡ませながら描いた。脚本家のポールは映画プロデューサーのプロコシュから、フリッツ・ラングが監督する大作映画「オデュッセイア」の脚本の手直しを依頼される。ポールと妻で女優のカミーユはプロコシュの自宅へ招かれるが、ポールが遅れて到着するとカミーユの態度はなぜか豹変しており、彼に対して軽蔑のまなざしを向ける。やがてポールとカミーユは映画のロケのため、カプリ島にあるプロコシュの別荘を訪れるが……。脚本家ポール役を「昼顔」のミシェル・ピッコリ、映画プロデューサーのプロコシュ役を「シェーン」のジャック・パランスが演じる。巨匠フリッツ・ラング監督が本人役で出演。日本初公開は1964年。2017年9月にはデジタルリマスター版が公開。

1963年製作/102分/フランス・イタリア・アメリカ合作
原題:Le mepris
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1964年11月22日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1963-STUDIOCANAL IMAGE/COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION, S.P.A.(ROME) ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0これがブリジットバルドーか!!

JYARIさん
2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

なんとキュートなお尻。
白くてなめらかで……
と気持ち悪い文章にしかならん映画でした

あの彼女が手篭めにされるのを
男が止めないシーン
あれは本当によくないね。うん

あと監督にとって「死」がいかに大切な要素であり
どれだけ使うタイミングがうまいかがわかる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

5.0カプリ島 マラパルテ邸 BB 神話 そして カリーナ

2021年9月24日
Androidアプリから投稿

原作はモラヴィアの同名小説(1954)
彼と嫁とヴィスコンティの三角関係時に書かれたものらしい
ボロニーニの「金曜日の別荘で」をみて
これを鑑賞しようと思った

ヴィスコンティの誘惑の場所はイスキア島の
自身の別荘で
ゴダールはプロデューサーの別荘で打ち合わせ(誘惑)場所にカプリ島の
マラパルテ邸を選んでいますね

BBが日光浴するのには抜群のロケーション

そしてマラパルテは窮地のモラヴィアを救っているらしい

モラヴィアの嫁は二股だったみたいだが
この映画では三角関係というより
他者の関与により増幅される夫婦の感情のすれ違い
それにより崩壊してゆく結婚生活を描いているようだった

美しい妻と新しいアパートの為の夫の努力が
妻には、忖度や堕落と受け止められたようで 軽蔑される
(ラングの「英雄の帰還」遅延説は面白い)

また、ゴダールにとってラングは英雄だが
プロデューサー(=ハリウッド)は海と大地を揺るがし破壊するネプチューンなのだろう
作家性のある監督と作品を潰し、商業主義に邁進する
ヨーロッパ映画界の斜陽の原因でもある

BBの存在感も抜群で完成度の高い作品となった

「地獄に堕ちた勇者ども」のモデルになった
ドイツ鉄鋼財閥クルップの三代目もこの島を愛したが
スキャンダルに巻き込まれ自殺(多分…)
婿グスタフが後継に……

魅惑の島では(このプロデューサーのように)
セレブもやらかしてしまうのかも

神になったような気がする場所なのだろうか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

2.5ブリジット・バルドーが最高に綺麗だった頃

2021年7月3日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョニーデブ

3.0魅惑のBB

kossyさん
2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ベッドシーン、本物のチネチッタスタジオが登場。フランチェスカという何ヶ国語も話す通訳もすごい。フランス語と英語の狭間で言葉の重要性を仄めかす。脚本の契約を終えて、皆でカプリ島へ行く中でカミーユだけが行かないと言う。

 その後、二人のアパートでの会話が中心となるが、夫婦仲の危機が訪れそうになる会話を見事に心理描写している。そしてカプリ島ではトロイの神話をモチーフにして妻への愛をどう貫くかという葛藤をする中、キスシーンを目撃してしまう。夫が妻をどれだけ愛しても妻は夫を愛していないという苦悩。映画は作るか作らないかのAllorNothing。妥協してしまうことが堕落になるという監督の映画に対する信念が表れている。

 全て会話にして表現する戯曲的作風にしているところも映画の登場人物そのものなのであろうなぁ。オデュッセイアを撮り続けるラング監督もゴダールが褒め称えているのでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る