軽蔑(1963)
ホーム > 作品情報 > 映画「軽蔑(1963)」
メニュー

軽蔑(1963)

劇場公開日

解説

名匠ジャン=リュック・ゴダールがスター女優ブリジット・バルドーを主演に迎えて手がけた長編第6作。イタリア人作家アルベルト・モラビアの同名小説をもとに、ある夫婦に訪れる愛の終焉を、斜陽化の進むヨーロッパ映画産業の問題と絡ませながら描いた。脚本家のポールは映画プロデューサーのプロコシュから、フリッツ・ラングが監督する大作映画「オデュッセイア」の脚本の手直しを依頼される。ポールと妻で女優のカミーユはプロコシュの自宅へ招かれるが、ポールが遅れて到着するとカミーユの態度はなぜか豹変しており、彼に対して軽蔑のまなざしを向ける。やがてポールとカミーユは映画のロケのため、カプリ島にあるプロコシュの別荘を訪れるが……。脚本家ポール役を「昼顔」のミシェル・ピッコリ、映画プロデューサーのプロコシュ役を「シェーン」のジャック・パランスが演じる。巨匠フリッツ・ラング監督が本人役で出演。日本初公開は1964年。2017年9月にはデジタルリマスター版が公開。

作品データ

原題 Le mepris
製作年 1963年
製作国 フランス・イタリア・アメリカ合作
配給 コピアポア・フィルム
日本初公開 1964年11月22日
上映時間 102分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全9件)
  • 魅惑のBB ベッドシーン、本物のチネチッタスタジオが登場。フランチェスカという何ヶ国語も話す通訳もすごい。フランス語と英語の狭間で言葉の重要性を仄めかす。脚本の契約を終えて、皆でカプリ島へ行く中でカミーユだ... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2019年6月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • フェルメールの名絵画「青いターバンの少女」(真珠の耳飾りの少女)が答え 英雄ユリシーズとその妻ペネロープとその求婚者 主人公とその妻とプロデューサー この相似形を骨格に、なぜブリジットバルドー演じる妻が不機嫌になったのか、主人公を軽蔑するようになったのかについて展開... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2018年10月2日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 初のゴダール作品、最高だ 映画好きを語るならば絶対に見ておかなくてはいけない監督の作品。ジャン=リュック・ゴダールの軽蔑。デジタルリマスター版を劇場にて観賞。 ぼくの年齢ではまだ、この映画の良さが半分もわかっていないんだ... ...続きを読む

    hasegawa hasegawaさん  2018年2月12日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

軽蔑[DVD] 月夜の宝石[DVD] セシルの歓び ブリジッド・バルドー主演[DVD] 素直な悪女【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ]
軽蔑[DVD] 月夜の宝石[DVD] セシルの歓び ブリジッド・バルドー主演[DVD] 素直な悪女【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年9月29日 最安価格: ¥1,080 発売日:2008年7月25日 最安価格: ¥2,700 発売日:2017年1月27日 最安価格: ¥1,000 発売日:2018年7月21日 最安価格: ¥4,147
Powered by 価格.com

他のユーザーは「軽蔑(1963)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報