仏俳優ミシェル・ピコリさん死去 ゴダール「軽蔑」、ルイス・ブニュエル作品などに出演

2020年5月18日 22:16

ミッシェル・ピコリさん
ミッシェル・ピコリさん

[映画.com ニュース]フランスの俳優で、映画監督のミシェル・ピコリさんが、5月12日(現地時間)に脳卒中で死去したと仏メディアが伝えた。94歳だった。ピコリさんの家族が、「妻と子供たちの腕の中で亡くなった」と18日にAFPに発表した。

1925年生まれ。第2次世界大戦後から舞台俳優として活動を開始し、150本以上の映画に出演している。1980年のマルコ・ベロッキオ監督作「Salto nel vuoto(原題)」でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を、1982年の「Une etrange affaire(原題)」(ピエール・グラニエ=デフェール監督)でベルリン国際映画祭男優賞を受賞。2007年には第60回カンヌ映画祭の公式コンペティション部門の審査員を務めた。代表作はジャン=リュック・ゴダール監督の「軽蔑(1963)」。夫婦の愛の終焉を描いたアルベルト・モラビアの同名小説が原作で、ブリジット・バルドーが演じる女優カミーユの夫で、脚本家のポールに扮した。

そのほか、ジャン=ピエール・メルビルジャン・ルノワールルネ・クレールルネ・クレマンアラン・レネアニエス・バルダジャック・ドゥミアラン・カバリエクロード・シャブロルルイ・マルクロード・ソーテジャック・リベットレオス・カラックスらフランスを代表する監督陣の作品に出演。

家族の死別をきっかけに無神論者となり、反宗教主義で知られるルイス・ブニュエル監督の作品では「小間使いの日記」(64)、「昼顔」(67)、「銀河」(69)、「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」(72)、「自由の幻想」(74)、「欲望のあいまいな対象」(77)の6本に出演。近年ではナンニ・モレッティ監督の「ローマ法王の休日」(2011)で、主人公のローマ法王を演じた。

平和運動のメンバーとして政治活動にも積極的に参加。私生活では3度の結婚を経験し、1966年から77年の間、歌手のジュリエット・グレコと結婚していた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース