わが母の記

ALLTIME BEST

劇場公開日:

わが母の記

解説

井上靖の自伝的小説「わが母の記」3部作(講談社文芸文庫刊)を、「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。役所広司、樹木希林、宮崎あおいら実力派キャストで10年間にわたる親子、家族の愛を描く。昭和39年、小説家の伊上洪作は、父が亡くなり母・八重の面倒を見ることになる。幼少期に母と離れて暮らしていたため距離を置いていた洪作だったが、妻や3人の娘、妹たちに支えられ、自身の幼いころの記憶と八重の思いに向き合うことに。八重は薄れゆく記憶の中で息子への愛を確かめ、洪作はそんな母を理解し、次第に受け入れられるようになっていく。第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で審査員特別グランプリを受賞。第36回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(樹木希林)受賞。

2012年製作/118分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

受賞

優秀主演女優賞 樹木希林

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 原田眞人
優秀脚本賞 原田眞人
優秀主演男優賞 役所広司
優秀助演女優賞 宮崎あおい
優秀音楽賞 富貴晴美
詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2012「わが母の記」製作委員会

映画レビュー

4.0母の愛情は強い

2022年7月28日
iPhoneアプリから投稿

母親に捨てられたと思っていた息子と年老いた母親の愛情のあるお話。万が一、子供達みんなが亡くなってはいけないという事で、知り合いに預けられた息子。
母から捨てられたと思っていたのに、子供の頃書いた文章を大事に持っていてくれてた事実が分かり、母への愛情が戻る。
だよねぇ。母は強しやわ。
老後問題も描かれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけさん!

3.0訳あって子供の頃に母親に置き去りされたと心を痛める息子。父親が亡く...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

訳あって子供の頃に母親に置き去りされたと心を痛める息子。父親が亡くなり、物忘れが多くなっていく母親と向き合う息子のお話。
今でいう認知症で、そうした中にも時折見せる母親の息子への想いや、一緒に寄り添う息子はやっぱり親子なんだなぁとじんわりくるシーンは素敵だった。
そんな母親を演じた樹木希林がすごかった。演技を通り越して本物のようだった。
実力あるキャスティングも良い。 良い映画にまとまっていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

4.0樹木希林がうまいなあ

2022年6月16日
PCから投稿

井上靖の「蒼き狼」や「敦煌」は大好きな作品だ。

自伝的な小説も本作含め数冊読んだが、惹かれるものは特になかった。

映画では、主人公洪作1人が、曽祖父の妾に育てられた理由が、

台湾に家族が渡るとき、沈没したら血が途絶えてしまうからと単純になっていたが、

実際にも複雑な理由が色々とあったと思う。

ただ、歳をとるということ、自分も周りも辛く、切ない。そこは伝わってきた。

樹木希林、うますぎて、演技してるとは思えない程だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

3.5井上靖の自伝的小説が原作。かなりセレブでムカつく(笑)樹木希林はじ...

2022年5月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

井上靖の自伝的小説が原作。かなりセレブでムカつく(笑)樹木希林はじめ役者陣の演技は秀逸です。
母親との確執。私にもありました。ゆえにウルッとさせられる部分も何箇所か。ただ手放しで褒め称えられるかというと、そこまでは…かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る