ゼロの未来

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゼロの未来
ゼロの未来
5%
41%
37%
12%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の鬼才テリー・ギリアム監督が、「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」のクリストフ・ワルツを主演に描いたSFドラマ。コンピューターに支配された近未来を舞台に、謎めいた数式を解くため教会にこもって生きる孤独な天才技師の人生が、ある女性との出会いから変化していく様を描いた。世間になじめない天才コンピューター技師のコーエンは、「ゼロの定理」という謎めいた数式を解くことを義務付けられ、ひとり教会にこもって定理の解明を続ける。ある日、パーティに連れていたれたコーエンは、そこで魅力的な女性ベインスリーと出会う。自分と同じく天才と呼ばれるボブとの交流やベインスリーとの恋を通じて、コーエンは生きる意味を知っていくが……。

2013年製作/107分/G/イギリス・ルーマニア・フランス・アメリカ合作
原題:The Zero Theorem
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5難しい。世界観良い。オチも割と好み。

さん
2020年8月27日
iPhoneアプリから投稿

難しい。世界観良い。オチも割と好み。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵

3.0もう一度見たい。雰囲気好き。

さん
2020年4月13日
スマートフォンから投稿

もう一度見たい。雰囲気好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴

3.5マニアック情報社会&引きこもり男性

2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

情報未来社会にて引きこもりエンジニアのコーエンは完全在宅勤務を希望。そして個人的希望を与えてくれるであろう黒電話の着信を自宅で何故か待っている。
そこに上司であるマネージメントがコーエンに完全在宅勤務を条件に「ゼロの定理」の仕事を任せるが、、、。

久しぶりに変わった未来社会映像観た感たっぷり。
一風変わった服装やVRやギミック。
ゲームの様な仕事だが、数学者的要素が必要か?
在宅勤務でも時間に追われる仕事
「0=100%であるべきです」なんですか?それ的w

隣人ベインズリー、マネージメントの息子と言われるボブとの交流にて毎日電話を待っているだけ存在であったコーエンに変化が。

ラスト会社の目的もにわかにハッキリしてきて、コーエンはどうなるのか?どうするのか?

現代社会の(今後の未来含めて)闇も見えるし、未来が見えない15歳のボブに「歳をとってからの楽しみ」を答えれないコーエンの様な世代がいるのは確かであり、あのエンディングもギリアムらしく納得が出来る。

人生が無意味?自分が社会に溶け込めず引き籠りせざるを得ない人間模様。
そこにも商機はある?無絞る様な経済性。
自分が自分らしく?そこを拒む社会とは?
今現在を含めて考えさせられる内容であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

2.0ギリアムの定理…?

近大さん
2020年2月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

難しい

寝られる

テリー・ギリアム2013年の作品で、ジャンルはSF。
…となると映画ファンなら誰もが『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』を思い浮かべ、自ずと期待は高まる。

現代の映画界屈指の鬼才が再び手掛けたSF。
…なので言っちゃいけないが、敢えて言おう。
よく分からんかった!
あんまし面白くなかった!

確かに独特のビジュアルやシュールな世界観はユニーク。奇妙キテレツな登場人物たち。
これまでの作品で言うと、『バンデットQ』『バロン』『ラスベガスをやっつけろ』などのブラック・コメディ調と異色ダーク・ファンタジー風と言った感じ。
ギリアムらしい“定理”は健在。
…が、『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』のようなあの悪夢的なハードSFを期待するとちょいと肩透かし。

話の方も何だか…。
近未来。世界的コンピューター企業で働く天才プログラマーのコーエンは、寂れた教会に籠り、“ゼロの定理”という謎めいた数式を解く事に没頭しつつ、かつて一度だけ掛かってきた人生を変える電話が再び掛かってくる事を待ち続けていた。そんな日々の中、連れて行かれたパーティーで出会った魅力的な女性や上司の息子で同じく天才プログラマーの青年との交流を通じて…。
管理社会、孤独やストレス、人生の意義や幸せ…。
それらテーマやメッセージは込められているが、要は近未来の引き籠りおじさんの話…?

スキンヘッドのクリストフ・ヴァルツ、ヘンテコ衣装のデヴィッド・シューリス、最初は気付かなかったマット・デイモン、ブレイク前のルーカス・ヘッジスらクセ者個性派が怪演。
もはや“怪女優”の名を欲しいままにしているティルダ・スウィントンも言わずもがな。

今作もファンには堪らないTHEギリアム・ワールドなのだろう。
が、個人的には今回はハマらなかった。
それでも自分もギリアム作品は好き。唯一無二の“ギリアムの未来”に期待。ようやく完成・公開に漕ぎ着けた『ドン・キホーテ』も気になるし♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る