浅田家!

劇場公開日

29%
56%
11%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

様々なシチュエーションでコスプレして撮影するユニークな家族写真で注目を集めた写真家・浅田政志の実話をもとに、二宮和也と妻夫木聡の共演、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のメガホンで描いた人間ドラマ。4人家族の次男坊として育ち写真家になった主人公・政志を二宮、やんちゃな弟をあたたかく見守る兄・幸宏を妻夫木が演じ、家族の“愛の絆”や“過去と今”をオリジナル要素を加えつつ描き出す。浅田家の次男・政志は、父の影響で幼い頃から写真に興味を持ち、やがて写真専門学校に進学。卒業制作の被写体に家族を選び、浅田家の思い出のシーンを再現した写真で学校長賞を受賞する。卒業後しばらくはくすぶっていたものの、再び写真と向き合うことを決意した政志が被写体に選んだのは、やはり家族だった。様々なシチュエーションを設定しては家族でコスプレして撮影した写真で個展を開催し、写真集も出版され、権威ある賞も受賞する。プロの写真家として歩み始めた政志は、全国の家族写真の撮影を引き受けるようになる。しかし、2011年3月11日、東日本大震災が発生。かつて撮影した東北に住む家族のことが心配になった政志は被災地に足を運ぶが、そこで家や家族を失った人々の姿を目の当たりにする。第44回日本アカデミー賞で黒木が最優秀助演女優賞を受賞。

2020年製作/127分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

受賞

最優秀助演女優賞 黒木華

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 中野量太
最優秀脚本賞 中野量太 菅野友恵
最優秀主演男優賞 二宮和也
最優秀助演男優賞 妻夫木聡
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2020「浅田家!」製作委員会

映画レビュー

4.0前半は笑い、後半は感動系と綺麗にわかれた、実話ベースで写真家の人間模様を描いた作品。

2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

実在の写真家・浅田政志の写真集等を原案に作られた本作は「湯を沸かすほどの熱い愛」「長いお別れ」の中野量太監督作なので出来の心配はしていませんでしたが、期待通りでした。
前半は浅田家の成り立ちから、「主人公と写真」を中心に描かれています。
個人的に少し気になった点は、ある期間に主人公が久しぶりに家に戻ると腕に本格的なタトゥーが入ったりしています。フィクションもあるオリジナルストーリーとは言え、実話ベースで、後半にも関係するため、ある程度の背景説明があっても良かった気がします。
前半の最大の要は、(浅田政志本人によって撮られた再現度の高い)「コスプレ家族写真」でどれだけ興味を引くことができるのか、だと思います。

後半は、ガラッと変わり、「家族写真」で写真家として評価された主人公と、東日本大震災による津波で被災して家族や家を無くしてしまった人たちとの交流を描いています。
ここで菅田将暉が登場しますが、菅田将暉の「場に溶け込む演技」は新鮮でした。
二宮和也は終始ブレることなく自然体で演じ切っています。特に涙を流すシーンはバリエーションと共に流石の演技力でした。
黒木華や妻夫木聡の演技も良く安定感があります。これまでの中野量太監督作と同様に「壮大な物語」という訳でもないので、どこまで客層が広がるのか興味深いところです。

主人公が、家族や幼馴染に支えられて、本人のやりたいこと、やるべきことができていく成長物語でもあり、良質な作品であることは間違いないと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 52 件)
細野真宏

3.0切り取り方。

2021年11月17日
iPhoneアプリから投稿

とても構成としては良くまとまっていて演者さんのチョイスが良いですね。みなさん上手い。あと、浅田家の皆さんは本当いい人です。

が、それ以上特に何も残りません。盛り込みすぎてバランスが悪く、色々見せすぎてて残らない。そして、この監督さん音楽のチョイスがやや気になる。

内容としては、ある程度人生経験があれば必ず泣けるポイントはあります。

ただ、写真家の人生を浅田家の人生を切り取るときにああでなくてはいけなかったのか?という疑問が残ります。それら(やっとの思いで撤去したであろう瓦礫を再現してまで震災)を入れ込む必要性を感じません。

個人的には、震災経験者として、切り取り方にやや不満がありますし、母親が脳梗塞で倒れた者からすると置いて去っていく次男にあのように寛大ではないと思います。

あの写真家の人生を本当に切り取れてるのだろうか?綺麗すぎて、実話ベースのファンタジーのようでした。監督さんは人情者なら人情を取れば良いかと、敢えてトリッキーさをいれなくてもいいかもしれないね。

華ちゃんと妻夫木さんが良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
大粒 まろん

3.5《やりたいことをやる人生》

2021年11月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 やりたいことをやる、そのためには自分の「適性」に気づくことが必要である。そして何より理解者、協力者の応援が必要である。
 実在の写真家である浅田政志氏の「実話をもとにしたドラマ」である。ほとんどの人物、会社名、地名が実際のものなのがリアリティを増している。
 浅田氏の様に、やりたいことで人の役に立てる人生は素晴らしい! そのためには「他の人と同じではならない」という考えを捨てよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
邪悪ばうあー

4.073点

2021年9月16日
PCから投稿

彼女に連れられみた作品。

見る前は予告とか雰囲気的にハズレ枠かなあと思っていましたが、全然良かったです。

抜擢している役者がガッチガチで、兄の妻夫木は絶妙な兄弟の空気を感じるし、ボランティアの菅田将暉も菅田将暉に全く見えない。脇役の脇役なので昨今の派手な役柄じゃないですし、ちゃんと影に徹していました。

頑固そうな父が行方不明の娘の写真を探しにきて、弱さが見えた時や、難病と戦う子供がいる4人家族で、虹の絵を描いたtシャツを着て写真を撮るシーンにはもれなく泣かせていただきました。

是非。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サスペンス西島
すべての映画レビューを見る(全288件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る