浅田家!

劇場公開日:

解説

様々なシチュエーションでコスプレして撮影するユニークな家族写真で注目を集めた写真家・浅田政志の実話をもとに、二宮和也と妻夫木聡の共演、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のメガホンで描いた人間ドラマ。4人家族の次男坊として育ち写真家になった主人公・政志を二宮、やんちゃな弟をあたたかく見守る兄・幸宏を妻夫木が演じ、家族の“愛の絆”や“過去と今”をオリジナル要素を加えつつ描き出す。浅田家の次男・政志は、父の影響で幼い頃から写真に興味を持ち、やがて写真専門学校に進学。卒業制作の被写体に家族を選び、浅田家の思い出のシーンを再現した写真で学校長賞を受賞する。卒業後しばらくはくすぶっていたものの、再び写真と向き合うことを決意した政志が被写体に選んだのは、やはり家族だった。様々なシチュエーションを設定しては家族でコスプレして撮影した写真で個展を開催し、写真集も出版され、権威ある賞も受賞する。プロの写真家として歩み始めた政志は、全国の家族写真の撮影を引き受けるようになる。しかし、2011年3月11日、東日本大震災が発生。かつて撮影した東北に住む家族のことが心配になった政志は被災地に足を運ぶが、そこで家や家族を失った人々の姿を目の当たりにする。第44回日本アカデミー賞で黒木が最優秀助演女優賞を受賞。

2020年製作/127分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

受賞

最優秀助演女優賞 黒木華

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 中野量太
最優秀脚本賞 中野量太 菅野友恵
最優秀主演男優賞 二宮和也
最優秀助演男優賞 妻夫木聡
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2020「浅田家!」製作委員会

映画レビュー

4.0前半は笑い、後半は感動系と綺麗にわかれた、実話ベースで写真家の人間模様を描いた作品。

2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

実在の写真家・浅田政志の写真集等を原案に作られた本作は「湯を沸かすほどの熱い愛」「長いお別れ」の中野量太監督作なので出来の心配はしていませんでしたが、期待通りでした。
前半は浅田家の成り立ちから、「主人公と写真」を中心に描かれています。
個人的に少し気になった点は、ある期間に主人公が久しぶりに家に戻ると腕に本格的なタトゥーが入ったりしています。フィクションもあるオリジナルストーリーとは言え、実話ベースで、後半にも関係するため、ある程度の背景説明があっても良かった気がします。
前半の最大の要は、(浅田政志本人によって撮られた再現度の高い)「コスプレ家族写真」でどれだけ興味を引くことができるのか、だと思います。

後半は、ガラッと変わり、「家族写真」で写真家として評価された主人公と、東日本大震災による津波で被災して家族や家を無くしてしまった人たちとの交流を描いています。
ここで菅田将暉が登場しますが、菅田将暉の「場に溶け込む演技」は新鮮でした。
二宮和也は終始ブレることなく自然体で演じ切っています。特に涙を流すシーンはバリエーションと共に流石の演技力でした。
黒木華や妻夫木聡の演技も良く安定感があります。これまでの中野量太監督作と同様に「壮大な物語」という訳でもないので、どこまで客層が広がるのか興味深いところです。

主人公が、家族や幼馴染に支えられて、本人のやりたいこと、やるべきことができていく成長物語でもあり、良質な作品であることは間違いないと思います。

コメントする 1件)
共感した! 53件)
細野真宏

4.5浅田家がとにかく最高

2022年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

私も写真が前から好きだけれど
やっぱり写真っていいなと思った。
今この瞬間を記録しておいて
それを後から見返した時に
みんなの笑顔のきっかけになる
そんな写真が撮れるって最高だなと思えた映画だった。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
yoo

4.0写真のチカラ

2022年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

浅田家!

のタイトルはまさにこの映画そのもの。
浅田家!←この!マークが本当によく合う!

家族想いの優しいお父さん、肝っ玉母さん、なんだかんだ言いながらも弟に甘い兄ちゃん。そんな家族に愛されて育った政志さん。

そんな浅田家の家族写真はとっても素敵。
それぞれのなってみたかった将来の夢のような姿を撮ったり、いろんなパターンで写真を残します。

前半は、コミカルに、明るい浅田家をひたすらみて、笑わせてくれます。
そして、後半は忘れもしない2011.3.11に起きた大地震を背景にストーリーは進みます。

主演の二宮くんは言わずもがな、演技力の非常に高い役者さん。今回も、自然な演技が何度も心をギュッと掴んでくれます。

実際に存在する方の実話を基に作られた本作品。写真そのものが持つ力を十分知らしめています。
写真はただその瞬間を切り取ったものなだけでなく、未来に繋がるものであったり、今の自分の原動力になることもある。

たった一枚の家族写真の中に、どれだけの物語があって、どれだけの想いが詰まっているのか。本当に丁寧に描かれていて、ゆっくりじっくり後々ジワジワくる。

実際の復興作業の中に、こんな風に、誰かの思い出を大切にしようと動いていた方がいたことを初めて知った。

エンドロールの最後の最後まで、楽しませてくれたそんな映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
M hobby

4.0久しぶりに良い家族映画

2022年9月25日
iPhoneアプリから投稿

家族ってええなって思う映画

当たり前が当たり前じゃない
感謝やな

支えられて生きてる

家族写真ってかけがえないな

本当にいつもありがとう。

どんな職業にも何かを残すことができる

その仕事に誇りと喜びを持つことが大切だと教えてくれた。

コメントする 2件)
共感した! 20件)
もふもふ
すべての映画レビューを見る(全318件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る