劇場公開日 2012年4月28日

  • 予告編を見る

わが母の記のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全46件中、1~20件目を表示

3.5役所広司、樹木希林、宮崎あおいらで10年間にわたる親子、家族の愛を描く。

2019年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

役所広司、樹木希林、宮崎あおいらで10年間にわたる親子、家族の愛を描く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.5認知症に罹患してからも息子を想う母の気持ちに涙溢れる。故、樹木希林さんの代表作の一作。

NOBUさん
2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

 幼き頃、母との別れを母に捨てられたという屈託を抱えながら、社会的地位を築いた男が主人公。

 彼が当時の真実を知り、母が認知症に蝕まれながらも息子に対して贖罪の気持ちを持ち続け、ある行動を続ける姿を見る中で自らの母に対する心の解放と慈しむ気持ちを取り戻す姿に涙が溢れる。

 初見以来10年近く経つが、扱うテーマの重さは変わらない。

 今、当時のパンフレットを読み返すと、今や日本の邦画を支える俳優陣のラインアップにも驚かされる作品。

 家族とは何かという永遠のテーマに対して、ある答えを提示した作品でもある。秀作。

<2012年4月30日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.5こりゃ泣くわ…

U-TAさん
2018年12月17日
Androidアプリから投稿

これはずるい! ましてや 数年前に母を亡くしたこの身には…
ただ 井上靖の原作の方が多分いいような…役所広司が朗読する文章を聞いて思いました。 読んではないのですが…(;´д`)
音楽もバッハ…  老婆に樹木希林…そこに少し安易さも感しました。
宮崎あおいは良かった。 亡くなる父は三國連太郎なのでしょうか? 凄い演技でした。こんな芝居をする老人どこから連れてきたのか?なんて観ながら思いました。だとしたら、メイクも素晴らしい仕事ですね

でも 老母が詩の紙切れを出すシーンには
やられました。

原作を読みたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA

4.0母子の強い絆

隣組さん
2018年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

記憶が薄れても息子への強い愛情だけは忘れない。母子の強い絆に感動し胸が熱くなりました。笑って泣ける、心に響く作品です。
2018-197

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

5.04回観た

2018年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイブル

2.5転がる石に残るもの

2018年8月30日
iPhoneアプリから投稿

映画の中で樹木希林はバッハに劣らぬ存在感。
浮かび上がる苔。
悠久の時を経て、いざ地球の向こう側へ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

4.5親子というもの

2017年11月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

親子の在り方のようなものを考えさせられた作品。
親にとって子は何歳になろうが子で、子にとっても親は何歳になろうが親で、普遍的でしっかりとした親子という関係が描かれていると思った。
また、時間が流れていく様子も上手く描かれていたと感じたし、季節が移ろいゆく様子も映り込む自然から感じることができた。
最後に一言言うとすれば、色々な人に一度は観て欲しいと感じた作品でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はっち

4.5おばあちゃんに会いたくなります。

ガーコさん
2017年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おばあちゃんを中心に家族、親戚が一つになって支え合いながら生きる姿が素敵でした。

親戚関係って普段は只々鬱陶しく思うものですが、誰かが亡くなったり、結婚した時に集まると何故だかホッとするものです。

おばあちゃんの周りを親族が嫌味や小言を言いながらも、笑いながら世話をする姿が良かったです。

また、最後に父が語る、「人生色々あるけれど、行き着くゴールは同じ」という言葉に感動しました。

苦しみの過去が、最終的に幸せという一つの形になれたら素敵ですね。

宮崎あおいさんの自然体な演技と、樹木希林さんの天才的な演技に感動しました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ガーコ

4.0いいお父さん

kikki_tkさん
2017年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

知的

お父さんの視点から描かれる家族の愛をテーマにした作品だと思います。
父であり息子、母であり祖母であり、娘であり女であり
色々な人の感情がいる人の分だけぶつかり合うのが家族なのかなと
思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kikki_tk

4.5ぐっとくるいい映画でした(T-T) 久しぶりに邦画みたなーって感じ...

へまちさん
2017年7月31日
iPhoneアプリから投稿

ぐっとくるいい映画でした(T-T)
久しぶりに邦画みたなーって感じです!

樹木希林の演技がすさまじかったです!

エンドロール最後まで余韻が残る作品です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
へまち

3.5母の思い

2016年10月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

老いて沢山の事も忘れてゆくけれど、我が子を思うその気持ちは忘れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

4.0伊豆

2016年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

美しい映像でした!
そして樹木希林の独壇場
他のすべての役者がかすむ…

以外やキーマンは奥さんでしたね
傷や苦悩を癒すことをせず”物書き”の原動力として温存する
でも真実を理解しているからこそ支え続けられた伴侶♡ですわね~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

5.0きききりん

2016年7月5日
Androidアプリから投稿

たぶん万人受けもしないし絶賛もされにくいだろう作品。
しかし私は人生最後に観たい作品のひとつ
我が母の記
記憶なのだろうが記録なのかも、もしかしたら生の軌跡なのかなんて勝手に考えていた。
私は役者の名前をこの人しか知らない。
この作品で知った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みよしまこと

4.5母の愛

ジョンさん
2015年4月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

息子と母という関係は、捨てようがなんだろうが絶対に切れないものだと実感できる作品だった。
樹木希林の演技がそれを彷彿させるきっかけになった。
また役所広司の渋く深い演技力があることで観る者を惹きよせる映画に仕上がっていた。

この作品はベスト3には入るだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョン

3.5『わが母の記』

2015年2月25日
フィーチャーフォンから投稿

幸せ

萌える

もの書きを題材するハンデは親近感が得られないとこなのよ。
一般家庭や一般社会からちょっとズレてる、観てて感情移入し難い。
これを逆手に取ったのか、そこが巧かったねこの監督は。
長く見せないでスッと切り替える、対面の使い方なんかも絶妙でした。

オープニングの小津安二郎へのオマージュのシーンに内田也哉子が出演してる、これが本当にバッチリでね良かったです。
浮草の匂いをさせながらもちゃんと紀子が出てくるしね。

樹木希林の十八番芸が炸裂、神の領域の演技はもう溜め息モノ。
言わずもがなこれと渡り合えるのが役所広司なわけですよ。

脇役陣も赤間麻里子、キムラ緑子、南果歩、遺作となった三國連太郎と実力派、技巧派が文句なしの演技を魅せる。

食堂での橋本じゅん、大久保佳代子の二人も良かったですよ。
こういうシーンなんか小津映画の匂いはしない。

この映画は原田映画ですよ。
良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リッキー Rickie

3.5意外と面白かった

2015年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

知的

またしても自分の見識の甘さを痛感。面白くないだろうな、でも「良い作品」としての評価を眼にしてたから見ようかな…という気持ちで見始めたが、冒頭2~3分で「本当に失礼しましたっ!」という気持ちに切り替わった。 家族の物語なんだ。確かに「良い映画」だった。ちゃんとリアルで役者達も皆うまくて、「金銭に余裕のあるご家庭の暮らしぶり」も興味深かったし、小津安二郎の作品を踏襲しているような感じも惹き付けられたし。いやぁ、賞を取った作品はとりあえずそんなにはずさないって事だけは肝に銘じます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
自由の座

1.0んー

がいさん
2014年11月22日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

お金持ちの家族のお話って感じで共感出来ず。樹木希林は相変わらず素晴らしい演技で引き込まれたが。あまり記憶に残らなそうな作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
がい

3.5見事な演技で魅せる

Cape Godさん
2014年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

幸せ

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:85点|演出:80点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 井上靖の自伝的小説の映画化だそうで、彼の家庭人としての人柄に加えて、複雑な家庭環境の少年期の出来事とそこからくる彼の屈折した感情が垣間見れて興味深かった。
 特別大きな物語ではない。昔のことならこのような親子関係なんてどこにでもあっただろうし、井上靖が小説家だったからこそこのくらいの話でも物語として成立したのだろう。だがこの作品の見所は登場人物の演技だった。樹木希林・役所広司・宮崎あおいの親子三代の、単純に家族愛の溢れているとは言えない一筋縄でいかない関係と感情を見事に演じていた。子供を手放したという悔い・家族に捨てられたという思いと互いに頑固な父娘が地道にぶつかりあう。小説家として大成した後でも、少年時代の心の傷が消えずにいる。時の経過とともに母への想いが変化していく過程が、一つ間違えば退屈なだけの話も役者の力によって上手に表現されている。派手さを避け物語を淡々と進行させ音楽の使用も最小限に抑えた演出も、地味だけどこの作品には合っていると思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.0和解

いずるさん
2013年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

 命が消える前に握った手は、暖かかったのか。
 東京へ戻る際、寝たきりの父親が枕元で挨拶する井上に手を伸ばしてきて、その手を握った井上。大作家になった井上を褒める為に手を伸ばしたのか、それとも何か違う言いたいことがあったのか。その東京に帰った日に父は死に、もう判明することのない謎です。
 父の死の知らせを聞いて、何となくの喪失感と共に吹き消した明かり。明かりを覆い息を吹く。かざした手に感じた仄かな暖かさは、人肌を思い浮かべることができるほど似通っていた。非常に文学的です。良いシーンだと思います。

 『自分が捨てられた』と根強く持っていた母とのわだかまりも、母が過去を忘れていくことで何となく解消される。年月の経過で、母への態度も軟化していきます。それだけではなく、過去を忘れて耄碌していく母は自分の記憶のガードを緩めていき、はっきりした意識では決して言わなかっただろう事を口に出す。長年のわだかまりや不満も一気に氷解し、涙する。理想的な和解。こんなことが現実にあるなら……苦労しません!!ですが、現実にあったことなんでしょうね……
惚けが良い方に向かった例です。悪い方へ向かった例が沢山ある中で燦然とかがやく一例。

 かつての家長を支える家族という像が劇中ずっと続きます。玄関まで妻が帰りを迎える、着替えを手伝う、などのシーンは今にないことです。時代が進むにつれて、そんなシーンも無くなっていくのが時代の変遷を感じさせます。最後のシーンでは一人で着物を着ていましたし。そういうところが映画として上手い。

 井上は結構気難しい男のようです。しかし、子供のことも気にかけて「大きな声出してないだろ!」→「大きな声出してすまなかった」と謝るシーンは理不尽ではない父親像を描き出していていいですね。

 次女がハワイに洋行、というシーン。いやあ、さすがに金あるなあ、と下衆い感想を抱きました。そりゃあ、ベストセラー作家ですもんね。あの時代にハワイに留学する娘(!)の為、一家でついて行き(!)、船の出港時刻に遅れそうな者には飛行機で来ればいい(!)なんて、セレブです。

 シーン上ちょっと粗いと思ったのは三女琴子が運転手に告白するシーン。小説にこのシーンがあるのなら、やっぱりそのことをしった井上が後ほど想像で書いたシーンだからか少し唐突。映画だけのシーンなら、それまでのエピソードが小説準拠だったため、粗が目立つのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いずる

4.5不器用な親子愛

2012年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

 井上靖の後期の自伝的作品の映画化である。だから井上靖の作品を読んでいなかったり、’60年代の日本の雰囲気を知らなかったりすると厳しいかもしれない。だが私にはこの映画は素晴らしいと思えた。
 小説「しろばんば」などでも描かれているとおり、洪作は両親に対して複雑な感情を描いており、初老となったころでもそれを引きずっていることが序盤から判明する。雨がしとしとと降る中雨宿りをする母親と子供時代の洪作。反対側にいる母親が洪作の元に来てあるものを渡す。子供の頃の話自体は描かれないが、このシーンはとても重要だ。屈折した親子の愛情がここに込められている。
 しかしその後のシーンからは一転して、初老の伊上洪作とその家族の生活が繰り広げられる。これらの場面を支えているのは間違いなく主演である役所広司と母親役の樹木希林であろう。認知症の老人を演じさせたら樹木希林の右に出るものはいない。確信犯なのか本当にぼけているのか、相手をいらつかせる寸前の笑いだ。このスレスレのユーモアが作品の全体を担っていると言っても過言ではない。そしてなんといっても役所広司。微妙に家父長制の残る家で厳しくもありながら、家族を思う優しさは誰よりも強い父親に成り切っている。特に娘達や女兄弟、母親といった家族との掛け合いは見物だ。言葉の端々にあるささくれだった感情で時には互いを傷つけるが、それでも親子の愛情は消えない。
 問題点がないわけではない。井上靖という文豪が書いたものを原作としているためか、一つの台詞に色々と詰め込みすぎている。それが顕著に表れるのはラストシーンだ。もっとも泣けるシーンのはずなのに、洪作が自らの内面を語ってしまうことで感動が逆に薄れてしまった。映画はあくまで映画であることを意識するべきだった。
 しかし感動できないかというと、そんなことは全くない。一つは洪作が昔書いた詩を、記憶を失いつつある母親が読む場面。目の焦点も定まらず無心に読んでいる母親に対して、当の洪作は思わず涙を流す。母親が息子を愛していたことの何よりの証拠だからだ。そして洪作が母を背負う海辺のシーン。親子が完全に和解し、洪作が心の底から母親を愛することが出来た。これほどまでに感動的な親子愛のシーンはなかなか無い。久々に映画で泣いてしまった。
 素晴らしい映像、セット、役者、そして脚本に恵まれたことでまれに見る名作が完成した。記憶を失っても愛情は消えないのだ。
(2012年5月12日鑑賞)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キューブ
「わが母の記」の作品トップへ