米アンナプルナ・ピクチャーズ、2つの企画から撤退 経営悪化で製作部門トップが辞任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月23日 > 米アンナプルナ・ピクチャーズ、2つの企画から撤退 経営悪化で製作部門トップが辞任
メニュー

米アンナプルナ・ピクチャーズ、2つの企画から撤退 経営悪化で製作部門トップが辞任

2018年10月23日 18:00

「ゼロ・ダーク・サーティ」も製作「ムーンライト」

「ゼロ・ダーク・サーティ」も製作
Jonathan Olley (C)2012 CTMG.
All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ポール・トーマス・アンダーソン監督、スパイク・ジョーンズ監督、デビッド・O・ラッセル監督ら作家性の強い映画監督の作品を手がけてきたアンナプルナ・ピクチャーズが、経営難に陥っているとの噂が流れている。米Deadlineが報じた。

アンナプルナは、米IT大手オラクルのラリー・エリソン会長の娘ミーガン・エリソンが2011年に設立した製作会社。「ザ・マスター」「ゼロ・ダーク・サーティ」「her 世界でひとつの彼女」「アメリカン・ハッスル」「フォックスキャッチャー」など、作家性の強い作品を数多く製作。しかしこのほど、ジェニファー・ロペス主演の「The Hustlers at Scores」と、ニコール・キッドマンシャーリーズ・セロンが共演するタイトル未定の作品という注目作2本からの撤退を発表した。さらに、12年から映画製作部門のトップを務めていたチェルシー・バーナードが辞任することになったという。ちなみに、4カ月前には最高財務責任者と社長が揃って辞任している。

関係者によれば、アンナプルナの経営が悪化したのは自社配給をスタートさせた17年7月にさかのぼるという。その後、計5作品を封切ったが、全米興行収入が4000万ドル程度であるのに対し、2億ドルを超える経費を計上したようだ。

ミーガンの好みを反映させた作家性の強い作品で知られるアンナプルナだが、ニッチな作品に対しコストをかけ過ぎとの指摘がある。実際、資金提供を行っているエリソン会長も財政規律を求めている。なお、待機作には「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督の新作「If Beale Street Could Talk(原題)」やニコール・キッドマン主演の「Destroyer」(カリン・クサマ監督)、ケイト・ブランシェット主演「Where'd You Go, Bernadette?」(リチャード・リンクレイター監督)などがある。

(映画.com速報)
ザ・マスター[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・マスター[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 第2次世界大戦直後のアメリカを舞台に、爆発的に信者を増やしていった新興宗教の教祖とその弟子となった男の関係を描き出す。
her/世界でひとつの彼女[Blu-ray/ブルーレイ] her/世界でひとつの彼女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 近未来のロサンゼルスを舞台に、携帯電話の音声アシスタントに恋心を抱いた男を描いたラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi