「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

2019年12月15日 18:23

アンナ・カリーナさん(2018年ラ・ロッシュ・シュル・ヨン映画祭にて撮影)
アンナ・カリーナさん(2018年ラ・ロッシュ・シュル・ヨン映画祭にて撮影)

[映画.com ニュース]ジャン=リュック・ゴダール監督作「女は女である」「気狂いピエロ」などに出演した女優のアンナ・カリーナさんが12月14日(現地時間)、ガンのためパリで死去したと所属事務所が発表した。79歳だった。

1940年生まれ、デンマーク・コペンハーゲン出身。モデルとしてキャリアをスタートし、60年にジャン=リュック・ゴダール監督の「小さな兵隊」に主演し、61年にゴダール監督と結婚。「女は女である」(61)で、第11回ベルリン映画祭で女優賞を受賞した。64年にはゴダールと共同で映画製作会社「アヌーシュカ・フィルム」を設立。65年にゴダール監督とは離婚したが、「はなればなれに」(64)、「アルファヴィル」(65)、「気狂いピエロ」(65)など67年まで数多くの作品に出演し、ヌーベルバーグのミューズとして知られる。アニエス・バルダルキノ・ビスコンティライナー・ベルナー・ファスビンダー、ジョナサン・ドゥミら名匠たちとの仕事のほか、舞台女優や歌手としても活躍した。

自身で衣装スタイリングを手掛けるなど、ファッションアイコンとしても人気を博した。また、2018年9月には18年ぶりに来日、野宮真貴らミュージシャンとともにライブに参加し、歌声を披露した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース