木村佳乃、「妖怪学園Y」で実は2役に挑戦「声優人生1、2を争う全力投球」

2019年12月15日 17:30

木村佳乃と渡部建
木村佳乃と渡部建

[映画.com ニュース] 人気アニメ「妖怪ウォッチ」の映画第6作「妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」の公開記念舞台挨拶が12月15日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、ゲスト声優の木村佳乃、「アンジャッシュ」の渡部建が登壇した。

木村は、「これからは小さい子にはヨッシーと呼んでもらおうと思い立った」と「ヨッシー」として自己紹介。レジェンド怨霊のメドゥーサ役だが、8歳と6歳の娘の母親でもあり「小さい頃から映画を見るのが大好きで、子どもの頃に見た映画は大きくなっても記憶に残る。喜んで引き受けさせていただいた」と満面の笑みを浮かべた。

さらに、アフレコが予定より早く終わったため製作総指揮、原案・脚本の日野晃博氏の提案で、「笑う卵」役が追加されたことを告白。急きょ、1人2役になったことを喜んだが、「やったらヘトヘトになっちゃった。声優人生で1、2を争う全力投球でした」と明かした。

一方、バトルを実況するタベケン役の渡部も昨年9月に男の子が生まれたばかりで「国民的アニメなので、子どもがもうちょっと大きくなったら見せたい」と満足げ。「かなりハイテンションで、叫びながらフルマックスでやって楽しかった。僕もちょっと早めに終わったけれど、タベケンだけでした」と振り返った。

クリスマスを控え、欲しいプレゼントを問われると渡部は「いろいろ考えたけれど、優秀な相方」とコンビ解散を示唆!? 「本気のやつです」と宣言した木村は、「東京五輪のチケットがことごとく外れたので、いつ何時、どの競技も見られるパス。重量挙げを見るのが大好き。盛り上がるんです」と実現不可能な夢を語った。

また、今年1年を漢字1字で表現することになり、木村は「ラグビーW杯にどっぷりはまり、にわかファンの代表になった。今年は時間があったので、舞台や映画もいろいろなものが見られた」と「観」と表現。渡部は、「子どもとプールや動物園などいろいろな所に行き、子どもの頃の楽しかったことを再発見した。新コンビで再出発という意味もあります」とネタを引っ張りながら「再」としたためた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース