出発

劇場公開日

3.20
14%
14%
72%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポルシェに賭ける青年の恋と大人への成長を詩的でシュールなタッチで綴った青春映画。監督は「バリエラ」(66)「早春」(70)など、ロマン・ポランスキーと並ぶポーランド新世代の旗手と謳われたイェジー・スコリモフスキ(1938-)で、母国を離れてベルギーで撮った監督第3作。脚本はスコリモフスキとアンジェイ・コステンコ。撮影はウィリー・クラント。音楽はクシシュトフ・T・コメダで、主題歌のシャンソンはクリスチアーヌ・ルグラン。出演は,「大人は判ってくれない」「イルマ・ヴェップ」などヌーヴェル・ヴァーグの“顔”であるジャン=ピエール・レオ、「二十歳の恋」(レオと共演)「男性・女性」のカトリーヌ・イザベル=デュポールほか。

1967年製作/90分/ベルギー
原題:Le depart
配給:スタンス・カンパニー

ストーリー

ブリュッセル。マルク(ジャン=ピエール・レオ)はカーレースに夢中な19歳の美容師見習いの青年。レースに出場するためどうしてもポルシェが欲しい彼は、知り合った美しい娘ミシェール(カトリーヌ・イザベル=デュポール)を巻き込んで、車を調達するため、あの手この手を算段。やっとのことで手に入れたポルシェに乗って、夜の町を飛び出してレース会場へと向かい、仮眠をとるためにホテルに宿をとった二人。だがレースが始まるその朝、マルクはレースの夢からさめてミシェールとの新たな人生の出発に旅立つことを決めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る