大人は判ってくれない

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
大人は判ってくれない
大人は判ってくれない
28%
43%
20%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランソワ・トリュフォーが1959年に発表した長編デビュー作。12歳の少年を主人公に描いた自伝的要素の強い作品で、第12回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞、トリュフォーは一躍“ヌーベルバーグの旗手”として知られるようになった。パリの下町で暮らす少年アントワーヌは、学校では教師から叱られてばかりで、家庭では両親の口論が絶えず、息苦しい毎日を送っていた。そんなある日、親友ルネと学校をサボった彼は、街中で母親が見知らぬ男性と抱き合っている姿を目撃してしまう。翌日、前日の欠席理由を教師に尋ねられたアントワーヌは、母親が死んだと嘘をつくが……。トリュフォーは本作の後もジャン=ピエール・レオ演じる主人公アントワーヌの成長を20年にわたって撮り続け、シリーズ5作目まで制作された。

1959年製作/99分/フランス
原題:Les 400 coups
配給:東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0現在進行形の姿を映像に留めた奇跡

2017年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0全く色褪せない…

2020年10月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まずジャン=ピエール・レオの演技が素晴らしすぎる。12歳とは思えないクールな顔立ちだが、その少年のリアルな心情に鑑賞者は必ず共感することであろう。単純なストーリーではあるが、少年の感情がひしひしと伝わってくる。ラストシーンで彼は大きな海を目の前に何を感じたのか、それを考えるだけでこの映画を見た価値は十分にある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジンジャー・ベイカー

4.5子供時代のどうしようもない寂しさ

2020年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

冬の寒さが伝わってくる美しくもどこか物寂しげなパリの街並みや枯れた自然の景色。思い通りにいかないとすぐ腹を立てる自己中心的で幼稚な大人達への反抗、そして気の合う親友との友情。トリュフォー監督の繊細な心、そして少年時代のどうしようもない寂しさが伝わってくる。恩人アンドレ・バザンとの劇的な出会いに繋がる自由への疾走。夢想的で感傷的でどこかノスタルジックなメロディが終始胸に沁みる。「パリはわれらのもの」や「不良少女モニカ」、そしてカメオ出演など、所々に散りばめられている小ネタも面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス

4.5悲しい少年のレジスタンスにあるトリュフォーの映画愛

Gustavさん
2020年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

誰からも愛されない非行少年のレジスタンス映画。13歳のジャン・ピエール・レオの何処に行けばいいのか判らない不安気な表情が、目に焼き付いて忘れられない。ジャン・ヴィゴの「操行ゼロ」を連想させるフランス映画の精神が息づいていることと、自由で視点の明確な移動撮影の新しい演出が瑞々しいこと。トリュフォー監督の子供たちに注ぐ理解と愛情深さが、自伝映画の枠を超えて、普遍性を持った映像詩になっている。鑑別所を脱走してひたすら走り続けるラストの、顔のアップのエンディングショットの映画らしさ。遊園地の遠心力を利用したアトラクションの描写にも映画愛のオマージュがある。人形劇を観る子供たちの目の輝きを捉えたシーンの素晴らしさ。心ある演出から生まれたヌーヴェル・ヴァーグの名作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る