夜霧の恋人たち

劇場公開日

14%
43%
43%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランソワ・トリュフォー、クロード・ド・ジヴレー、ベルナール・ルボンの三人になるオリジナル・シナリオを「黒衣の花嫁」のフランソワ・トリュフォーが監督した、「大人は判ってくれない」「二十歳の恋」と一連のもの。撮影はデニス・クレルヴァル、音楽はアントワーヌ・デュアメルが担当。出演は「男性・女性」のジャン・ピエール・レオー、「去年マリエンバートで」のデルフィーヌ・セイリグ、新星クロード・ジャド、他にミシェル・ロンダールなど。

1968年製作/92分/フランス
原題:Baisers Voles
配給:ユナイト

ストーリー

陸軍を除隊になったアントワーヌ(J・P・レオ)は、その足で昔のガール・フレンドのクリスティーヌ(C・ジャド)を訪ねたが、彼女はスキーに行っていなかった。アントワーヌはホテルの夜警の仕事をみつけたが、アンリという私立探偵とその依頼人を、密通中の部屋に通したことからクビになってしまった。アンリの紹介でアントワーヌは私立探偵になることにした。訓練も終りアントワーヌに大きな仕事が与えられた。大きな靴店をやっているタバール氏はすべての人にきらわれているという妄念に悩まされており、その調査をアントワーヌがやることになったのだ。アントワーヌは倉庫の係員として、靴店に入りこみ、店員たちが主人をきらっている理由を調べた。万事うまく運んだが、タバール夫人(D・セーリグ)との出会がすべてをダメにした。彼女の美しさにアントワーヌがまいってしまい、恋に陥ってしまった。その自分が恥ずかしく、アントワーヌは店をやめた。彼は夫人に別れの手紙をかいた。翌朝早く、夫人がアントワーヌを訪ねて来た。二人は最初でそして最後の抱擁をかわした。数日後、アンリが心臓マヒで死んだ。アントワーヌは私立探偵をやめた。次に彼は修理人になった。そんな彼を家によぶため、クリスティーヌはわざとテレビを壊し、修理店に電話した。やって来たアントワーヌとクリスティーヌは、大きなベッドの中に消えた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 アカデミー賞(1969年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0アントワーヌ、職を転々とするのは頷けるが、まさかの探偵になるところ...

2018年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アントワーヌ、職を転々とするのは頷けるが、まさかの探偵になるところに意外性。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.0今度は探偵だ。

ハチコさん
2013年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

軍隊を除隊になり、探偵になったアントワーヌ。依頼人の靴店に潜入
するもそこの妻に気に入られ追いかけ回される。が、実はその妻も、
アントワーヌの恋人も、みーんなターゲットとして追われていたという
面白さと怖さが半々吉凶の本作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「夜霧の恋人たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。