マグノリア

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

死の床で息絶えんとするテレビの大物プロデューサー、彼が昔捨てた息子、プロデューサーの若い妻、看護人、癌を宣告されたテレビのクイズ番組の司会者、彼を憎む娘、彼女に一目惚れする警官、番組でおなじみの天才少年、かつての天才少年……。ロサンゼルス、マグノリア・ストリート周辺に住む、一見何の繋がりもない12人が、不思議な糸に操られて大きな一つの物語に結び付けられていく。そして……“それ”は、起こる!

1999年製作/187分/アメリカ
原題:Magnolia
配給:日本ヘラルド映画
劇場公開日:2000年2月26日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第57回 ゴールデングローブ賞(2000年)

受賞

最優秀助演男優賞 トム・クルーズ

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5感想メモ

2023年10月1日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヒラめ

4.5ちょっとした偶然と人と人の重なり

2023年9月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

幸せ

ポールトーマスアンダーソン監督の作品はいくつか観てきたが、『ブギーナイツ』然り『リコリスピザ』然り「なんかよくわからんないけど良かった。」という観賞後の感覚が心地良い。
本作も代表作なだけあって、話を知らない他人に説明するとしたら物凄く悩むものだが一言「観るべきだ」とははっきりと言える。
重なりそうでなかなか重ならない、人間が誰しも抱える二律背反な感情、説明困難な思いを可能な限り映像化し、それらに少しだけ触れられる映画になっている。
人生の一瞬一瞬を素直に生きられればどれほど楽か。それがどれほど辛いものか。過去と向き合ったり、向き合わなかったりしてもいいのかも、と思う。

最後の天気については、実際に記録されている現象であり、それを知ったきっかけである漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を思い出し、思わず「ジョジョのやつだ!!」と思ってしまった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ezio

4.0優しいホフマンと下ネタトム様が最高!

2023年9月8日
iPhoneアプリから投稿

まず、序盤から性の伝導師トム様のぶっ飛び具合にハートを鷲掴みにされ、笑い止まらず爆笑しながら観てました笑
でもさすがはトム様。
必死に取り繕って、自分は平気だよ。
こんなに成功してすごいでしょ。と本当は寂しいのを押し殺して強がってる感がバシバシ伝わってきて、やっぱトム様は演技派だなーと思いました。

あと、今までみた作品の中で一番いい奴を演じてたフィリップシーモアホフマン!
最低の記者とか、人の心を踏みにじる作家とか、マフィアとかじゃなく、めっちゃ性格のいい看護師さん!!

おじいさんの無茶なお願いにも誠実に対応し、その奥様からビンタされてもいいんですよ、と許し
挙句トム様の横暴な態度にも全然文句を言わず、最後まで優しく見守るホフマン!!
あなた天使ですか!!
水色の看護服を着た天使なのですかー!!!

ワンちゃんめっちゃ懐いてるし。
ホフマンが本当に良かった!!

あと、あのクイズ番組の男の子。
幸せになって欲しい。
でも、あのテレビ生放送であれだけのことができたのなら、心配ないかも。
しっかり自立して、いい人生を歩んでいくのかもです。

3時間と長いけど、とても観ごたえあって、いい作品でした。
ラストは衝撃というかなんというか。
キモ!!!って言いながら観てました笑笑
今まで観たどの映画よりも地獄絵図でした笑笑

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ジジ

5.0フランク・T・J・マッキー‼️

2023年7月23日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

興奮

私にとってのトム・クルーズ最高の映画‼️私にとってトム・クルーズはピート・マーヴェリック・ミッチェルでもなく、イーサン・ハントでもなく、ジェリー・マグワイアでもなく、"セックスの教祖" フランク・T・J・マッキーなのです‼️「ツァラトゥストラはかく語りき」のメロディに乗って初登場するシーンの衝撃‼️ " 誘惑してねじ伏せろ" " お◯ンを手懐けろ" "悲劇を演出しろ" ‼️サイコーです‼️監督の天才ポール・トーマス・アンダーソンにしても映画として一番優れていると思うのは「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」なのですが、一番好きな映画はこの「マグノリア」です‼️死期が迫ったテレビの大物プロデューサー、彼が昔捨てた息子、プロデューサーの若い妻、看護人、癌を宣告されたテレビのクイズ番組の司会者、彼を憎む娘、彼女に一目惚れする警官、番組でお馴染みの天才少年、過去の栄光にしがみつくかつての天才少年・・・相互に無関係の10人以上の男女が出会い、すれ違い、それぞれの物語が1つに繋がっていく‼️この作品を語る上で欠かせないのが、女性シンガー、エイミー・マンの名曲の数々ですね‼️監督が彼女の歌を聞いて作品の方向性を決めたと語る通り、映画の雰囲気やテーマにぴったりとハマッていて、私が考える世界最高のサントラの一つです‼️一つ一つの物語がホントに胸を打つ名場面の連続なんですけど、トムが死にかけた父親に涙ながらに語りかけるシーンや、司会者の娘と警官のキスシーン、そして「Wise Up」というエイミー・マンの曲の"もう止まらない" という歌詞を登場人物全員が歌い出すシーンなんか、ホント感動的で忘れられません‼️結局人間は未完成であり、常に未熟‼️未熟ゆえに過ちを犯し、後悔する事ばかり‼️そんな登場人物たちの罪を洗い流し、再出発へと導いてくれるのが、クライマックスの◯◯◯の大雨なのです‼️旧約聖書にもある通り、神様はたまにそんな粋な奇跡を起こしてくれます‼️この作品は登場人物全てに共感でき、自分もこれから頑張っていこうと勇気づけてくれる "心の友" な映画‼️これからもしょっちゅう "心の友" に会いたい‼️

コメントする (0件)
共感した! 3件)
活動写真愛好家
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る