私の、息子
ホーム > 作品情報 > 映画「私の、息子」
メニュー

私の、息子

劇場公開日

解説

子離れできない母親と過保護から逃れようともがく息子の苦悩と愛情を描き、2013年ベルリン国際映画祭で金熊賞と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞したルーマニア映画。ブカレストで暮らす裕福な女性コルネリアは、30歳を過ぎても自立できずにいる息子バルブに不満を抱きつつも、彼のことが気がかりで仕方がない。そんなある日、バルブが自動車事故を起こし、子どもを死なせてしまう。愛する息子を守るため、自らの財力とコネを使ってあらゆる手段に出るコルネリア。しかし、バルブは母の干渉を激しく拒絶し、自分の殻に閉じこもってしまう。困り果てるコルネリアにバルブの恋人カルメンが打ちあけたのは、母の知らない息子の意外な一面だった。

作品データ

原題 Pozitia copilului
製作年 2013年
製作国 ルーマニア
配給 マジックアワー
上映時間 112分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“歪んだ母性愛”の奥底に迫った壮絶な心理劇
私の、息子の映画評論・批評

本来“母もの”とは、母親の我が子に対する無償の愛を謳い上げる万人向けのメロドラマである。しかし強烈な母性愛なるものは、ひとたび何かの弾みで屈折すると常人の理解を超え、狂気さえみなぎらせることもある。韓国映画「母なる証明」「嘆きのピエタ...私の、息子の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全3件)
  • 想像 その立場になって考えると本当にどうして良いのかわからないくらい追い詰められる怖さがある。母親、息子、彼女、それぞれが葛藤しながら生きてきたのに、妥協して協力しなければならなくなるほどの苦しみ。 ...続きを読む

    piron pironさん  2018年4月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • バカな親、しかしそれも愛 ネタバレ! これは凄い映画だった。 クライマックスがとにかく凄いのだが、それは後で。 さて今作は感情移入もできないし、主人公の家族には終始イライラさせられます。 母親は息子の犯行を改ざんしようとするわ、息子... ...続きを読む

    作品に向き合うゆき平 作品に向き合うゆき平さん  2015年1月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 一刻も早く観に行きましょう。愚かな母親と愚かな息子の物語。 6月21日、渋谷ル・シネマにて午前10時30分の回を鑑賞。首都圏で唯一の封切り館であったにも拘わらず、客は2割強程度の入り。上映前に配給会社の社員が様子を見に来ていましたが、かなりショックを受け... ...続きを読む

    bashiba bashibaさん  2014年6月21日  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi