マンディ 地獄のロード・ウォリアー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マンディ 地獄のロード・ウォリアー
11%
32%
35%
10%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニコラス・ケイジが愛する妻を殺され復讐に燃える男を演じ、バイオレンス描写たっぷりに描いたリベンジスリラー。ある過去を抱えた男レッドは、愛する妻マンディと人里離れた場所で静かに暮らしていた。しかし、マンディに固執するカルト的な集団の凶行により、レッドの前でマンディが惨殺されてしまう。怒り狂ったレッドはオリジナルの武器を作り復讐を誓うが、マンディを死に追いやったカルト集団の雇う謎のバイク軍団が、レッドの前に立ちふさがる。監督は「ランボー 怒りの脱出」「コブラ」などで知られた故ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス。主人公レッドをケイジが演じ、妻のマンディには「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のアンドレア・ライズボローが扮した。音楽は「ボーダーライン」「博士と彼女のセオリー」などで知られ、2018年2月に急逝したヨハン・ヨハンソンが担当。

2017年製作/121分/R15+/ベルギー
原題:Mandy
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0ニコラス・ケイジの個性が否が応でも笑わせる

MPさん
2018年11月28日
PCから投稿

笑える

怖い

湖畔の我が家で日々愛し合い、語り合いながら暮らす夫婦、マンディとレッドが、狂気のカルト教団によって引き裂かれるまでの前半は、特に、ドラッグムービーと言うか、覚醒したまま異次元に飛べるようなトリップ感が楽しめる。それは映画に陶酔するというしばらく忘れていた感覚だ。フリークス揃いの教団の構成員や、ナルシズムが強すぎて魂が歪みきった教祖の言動、そして、マンディを拉致する異形のバイク集団が醸し出す非人間的な空気は、おぞましくて震える。しかし!レッドがリベンジに着手する後半は、恐怖を突き抜けた爆笑の連続。レッドを演じるニコラス・ケイジのどうあがいてもコミカルで憎めない俳優としての個性が、我々を否が応でも笑わせるのだ。ハマリ役という意味で、今回のケイジに勝る例を昨今思いつかない。これを配給してくれた映画会社に、ここで心から謝意を伝えたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MP

5.0知性と狂気が拮抗した極彩色のリベンジスリラー

よねさん
2019年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1983年シャドウ・マウンテン山麓はクリスタル・レイクのほとりのロッジで静かに暮らしていたマンディとレッド。ある日山道を歩いていたマンディの傍を走り抜けていくバンに乗っていたのは見るからにイカレたヒッピーカルト教団。マンディに惹かれたリーダーのジェレマイアは部下のブラザー・スワンにマンディを連れてくるように命じる。ブラザー・スワンは武装バイクグループ、ブラック・スカルズを召喚しマンディとレッドに襲いかかる。

まずはビックリするのがこれがベルギー映画ということ。ただの血塗れ映画かとナメていましたが冒頭に流れるクリムゾンの『スターレス』、しばらく聴いていると眩暈がしてくるような妖麗なシンセサウンド、悪夢でも見ているかのような極彩色で冷たい照明、もっとハイテンションで狂った映画だと思っていましたが意外とオールドファッション。物語設定と同じ80’sに腐るほど観たC級スリラー群に混じってても違和感のない不気味な佇まいが印象的。

カルト教団との対決というテーマから窺える通り70’sの埃っぽさも濃厚、子供の頃散々テレビ放映されていたのに結局怖くて最後まで観れていない『悪魔の追跡』他のカルトな諸作の面影もあったりして、そういえば子供の頃にはこういう恐怖が身近にゴロゴロ転がっていたなと郷愁も感じたりします。役名の通りレッドゾーンに振り切ったニコラス・ケイジがぶちまける狂気は『フェイス/オフ』に迫る名演であることは間違いないですが、マンディを演じたアンドレア・ライズボローの怪演がそれをはるかに凌駕。一応犠牲者なのに登場人物の誰よりも妖気を漂わせた姿は『キャリー』のシシー・スペイセクを想起させ、これもまた怖くて観れていないテレンス・マリックのデビュー作『地獄の逃避行』と地続きの絶望感にプカプカとも浮かんでいるのかも知れません。

確かに意外と高尚な作品、今は亡き東京タワー内の蝋人形館のような知性と狂気が拮抗した世界観は結構デンジャラス。ご馳走様でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

1.0単純なストーリーだけど

2019年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

愛妻をカルト集団に殺された男(ニコラス・ケイジ)が復讐を果たす物語。
これが2時間超というから閉口してしまう。
グロテスクなスリラーかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.02019 BD/DVD 63

2019年11月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

寝られる

B級映画として観るならニコラスケイジの演技はまあって感じ。最初の1時間はほんとつまらないし、これが批評家からうけた理由もわからない。
すっかりB級映画の帝王になったニコラスだがこれからも見続けると思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん13
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る