マンディ 地獄のロード・ウォリアー
ホーム > 作品情報 > 映画「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」
メニュー

マンディ 地獄のロード・ウォリアー

劇場公開日

解説

ニコラス・ケイジが愛する妻を殺され復讐に燃える男を演じ、バイオレンス描写たっぷりに描いたリベンジスリラー。ある過去を抱えた男レッドは、愛する妻マンディと人里離れた場所で静かに暮らしていた。しかし、マンディに固執するカルト的な集団の凶行により、レッドの前でマンディが惨殺されてしまう。怒り狂ったレッドはオリジナルの武器を作り復讐を誓うが、マンディを死に追いやったカルト集団の雇う謎のバイク軍団が、レッドの前に立ちふさがる。監督は「ランボー 怒りの脱出」「コブラ」などで知られた故ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス。主人公レッドをケイジが演じ、妻のマンディには「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のアンドレア・ライズボローが扮した。音楽は「ボーダーライン」「博士と彼女のセオリー」などで知られ、2018年2月に急逝したヨハン・ヨハンソンが担当。

作品データ

原題 Mandy
製作年 2017年
製作国 ベルギー
配給 ファインフィルムズ
上映時間 121分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

一瞬たりとも“正気”を感じさせない、ねっとり絡みつくような極上の悪夢
マンディ 地獄のロード・ウォリアーの映画評論・批評

とんでもない悪夢を見た――と、形容するしかないのが異色のバイオレンス映画「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」の鑑賞体験だ。嫌な思いをして後悔しているのではない。なんとも魅惑的で、それでいて禍々しく、ねっとり絡みつくような極上の悪夢が...マンディ 地獄のロード・ウォリアーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全30件)
  • ニコラス・ケイジの個性が否が応でも笑わせる 湖畔の我が家で日々愛し合い、語り合いながら暮らす夫婦、マンディとレッドが、狂気のカルト教団によって引き裂かれるまでの前半は、特に、ドラッグムービーと言うか、覚醒したまま異次元に飛べるようなトリッ... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年11月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 扱いに困る これはどうしたものか…。 ちょいどいい時間に上映している映画が他に無かったから、という限りなく消極的な理由で観たのだが。 ゲテモノかと思ったら食べられないこともない、いや意外と美味しいかもみたい... ...続きを読む

    なお なおさん  2019年1月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 完全B級 地雷なので見ちゃダメ。ケイジにはもうろくなオファーがないんでしょうね。 ...続きを読む

    くに くにさん  2018年12月28日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi