第20回 ベルリン国際映画祭(1970年)

ミヒャエル・ヘルホーファン監督の「O.K.」が物議を醸したことで、審査員団が辞任。
予定の日程よりも早く閉会したため、各賞の表彰は行われなかった。