恐怖の報酬(1952)

劇場公開日

22%
46%
28%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「二百万人還る」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが一九五一年から五二年にかけて監督した作品で、中米を舞台に四人の食いつめ者がニトログリセリンを運搬するスリルを描いたもの。ジョルジュ・アルノーの小説をクルーゾー自身が脚色し、台詞をかいた。撮影は「夜ごとの美女」のアルマン・ティラール、音楽は「アンリエットの巴里祭」のジョルジュ・オーリックである。出演者はシャンソン歌手として日本にもよく知られるイヴ・モンタン(「失われた想い出」)、「独流」のシャルル・ヴァネル、クルウゾオ夫人のヴェラ・クルウゾオ(映画初出演)、「オリーヴの下に平和はない」のフォルコ・ルリ、「外人部隊(1953)」のペーター・ファン・アイク、「ヨーロッパ一九五一年」のウィリアム・タッブスなどである。なおこの作品は一九五三年カンヌ映画祭でグラン・プリを受賞、シャルル・ヴァネルが男優演技賞を得た。

1952年製作/フランス
原題:The Wages of Fear Le Salaire de la Peur
配給:東和

ストーリー

中央アメリカのラス・ピエドラスという町は世界各国の食いつめ者が集るところだ。コルシカ人マリオ(イヴ・モンタン)もその例外ではなかったが、彼には酒場の看板娘リンダ(ヴェラ・クルーゾー)という恋人がいた。そんな町へ、パリで食いつめた札つき男ジョー(シャルル・ヴァネル)が流れてきてマリオと親しくなった。ある日町から五〇〇キロ先の山の上の油井が火事になり、多くの犠牲者が出た。石油会社では緊急会議の結果、山上までニトログリセリンを運び上げ、それによって鎮火することにした。危険なニトログリセリン運搬の運転手は賞金つきで募集され、多く集った希望のない浮浪者の中からマリオ、ビンバ、ルイジ、スメルロフの四人が選ばれた。選に洩れたジョーは大いに不服だった。翌朝三時、マリオとルイジとビンバは約束通りやって来たがスメルロフは姿を見せず、ジョーが現れた。何故スメルロフが来ないのか、そんな詮索をする暇はない、ジョーが代りに加ってマリオとジョーの組が先発、三十分遅れてルイジとビンバの組が出発した。マリオの組は、ジョーが意外に意気地がなくて二人の協力がうまく行かず、後から来たビンバ組に追いこされてしまった。崖の中腹に突き出た吊棚の上を危うく通りぬけたのち、車は道路をふさいでいる大石のためストップしてしまった。しかし、沈着なビンバは少量のニトログリセリンを使用して大石を爆破し、無事に通りぬけることができた。そのあとは坦々とした行進がつづき、一同もほっとしたとき、突如ビンバの車が大爆発を起し、跡かたもなくけし飛んだ。爆発のあとは送油管が切れて石油がたまりかけていた。早くここを通りぬけないと油に車をとられて二進も三進も行かなくなる。マリオは思いきって車を油の中にのり入れた。そのとき、ジョーが油に足をとられて倒れたが、車を止めることができないばかりに、マリオは倒れたジョーの脚の上を通りぬけなければならなかった。そしてジョーを助け上げ、介抱しながらようやく目的地につくことができたが、そのとき、ジョーは既に息絶えていた。ニトログリセリンのおかげで火事は消しとめられ、マリオは賞金四千ドルをもらった。重責を果して空車を運転しながら帰途につくマリオの心は軽かった。しかし、リンダとの幸福な生活を眼前にしてはずむ彼の心を魔が捉えたのか、僅かのカーヴを切りそこねたトラックは、希望に開けたマリオをのせてもんどりうって崖下に転落した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5サスペンス映画を代表するクルーゾー監督の演出の凄さとシャルル・ヴァネルの名演

Gustavさん
2022年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

5.0人間を見事に描いたサスペンスアクションの名作

garuさん
2022年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 金のために命がけの仕事を引き受けた男たちの苦闘を描いた映画だが、 現代のサスペンスアクションとは種類が違う。

 ストーリーは単純だ。 男たちが、トラックで液体爆弾を目的地まで運ぶという極めて危険な仕事を引き受けるところから始まる。 成功すれば大金が手に入るが、道中は危険な悪路ばかり。 ナビゲーターとドライバーは、互いに猜疑心を抱きながらも協力し、様々な危機を乗り越える。 そうした中で、二人の関係が変化していくのだが、 同時に運命のクライマックスも迫ってくる。

 これが現代のサスペンスアクションなら、映像技術を駆使して危険な状況をリアルに映像化することに力点が置かれるだろう。 が、この作品が焦点を合わせているのは、状況ではなく人間そのものだ。 二人の心理的葛藤をドラマティックに演出し、それが見事に成功している。

 その結果、観客は自然と二人の心に同調し、二人が直面する危機的な状況に同じ気持ちで立ち会うことになる。 だから、スリルや緊張感をより実感として体験してしまうのだ。 人によっては、焦りや絶望感や悲しみ、怒りの感情だけでなく、 体臭や乾いた砂、ぬかるみの感触、トラックの油の臭いまで体感してしまうかもしれない。

 カンヌ映画祭でグランプリと男優賞を受賞しているが、文句なしに納得だ。 昭和6年生まれの母が、戦後に観たこの映画の面白さを繰り返し絶賛していたことを思い出す。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
garu

3.5展開が読めるようで読めなかった

みなさん
2021年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

単純

最初の場末の街の暑くて能天気な場面からの長い長い絶望のドライブ。洒落ぶったフランス人のおっさんがあんならすとになるとは。元祖サスペンス映画、って感じだけどちょっと長かったな。わずかな振動で爆発するというニトロ、まあまあの悪路通ってたけれども。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みな

3.5サスペンスとしては上手く作られているが、人間ドラマとしては物足りないところも

Kazu Annさん
2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ニトログリセリンを運び主人公達に訪れる幾つかの危機(大きなトラックを右折できる道幅が無い、道路が岩で覆われてる等)とその克服ストーリーは、絵で見せる要素大で、実に映画的でよく出来ている。

ただイブモンタンとその相棒シャルル・バアネルの関係性にあまり説得力を感じなかった。何故怖気付いた年寄りの相棒をあそこまでいたぶり殴るのか。そして、足をトラックで轢かれてとはいえ、どうして数時間で死んでしまうのかに説得力無し。あと、相棒の死に際の言葉は意味がわからなかった。

ラストのダンスと交互にトラックの浮かれた運転と悲惨な転落は秀逸。ただ、もう一台は何故爆破して吹き飛んだのか、その要因示す映像が欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kazu Ann
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「恐怖の報酬(1952)」以外にこんな作品をCheck-inしています。