恐怖の報酬(1952)

劇場公開日

恐怖の報酬(1952)
21%
50%
24%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「二百万人還る」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが一九五一年から五二年にかけて監督した作品で、中米を舞台に四人の食いつめ者がニトログリセリンを運搬するスリルを描いたもの。ジョルジュ・アルノーの小説をクルーゾー自身が脚色し、台詞をかいた。撮影は「夜ごとの美女」のアルマン・ティラール、音楽は「アンリエットの巴里祭」のジョルジュ・オーリックである。出演者はシャンソン歌手として日本にもよく知られるイヴ・モンタン(「失われた想い出」)、「独流」のシャルル・ヴァネル、クルウゾオ夫人のヴェラ・クルウゾオ(映画初出演)、「オリーヴの下に平和はない」のフォルコ・ルリ、「外人部隊(1953)」のペーター・ファン・アイク、「ヨーロッパ一九五一年」のウィリアム・タッブスなどである。なおこの作品は一九五三年カンヌ映画祭でグラン・プリを受賞、シャルル・ヴァネルが男優演技賞を得た。

1952年製作/フランス
原題:The Wages of Fear Le Salaire de la Peur
配給:東和

ストーリー

中央アメリカのラス・ピエドラスという町は世界各国の食いつめ者が集るところだ。コルシカ人マリオ(イヴ・モンタン)もその例外ではなかったが、彼には酒場の看板娘リンダ(ヴェラ・クルーゾー)という恋人がいた。そんな町へ、パリで食いつめた札つき男ジョー(シャルル・ヴァネル)が流れてきてマリオと親しくなった。ある日町から五〇〇キロ先の山の上の油井が火事になり、多くの犠牲者が出た。石油会社では緊急会議の結果、山上までニトログリセリンを運び上げ、それによって鎮火することにした。危険なニトログリセリン運搬の運転手は賞金つきで募集され、多く集った希望のない浮浪者の中からマリオ、ビンバ、ルイジ、スメルロフの四人が選ばれた。選に洩れたジョーは大いに不服だった。翌朝三時、マリオとルイジとビンバは約束通りやって来たがスメルロフは姿を見せず、ジョーが現れた。何故スメルロフが来ないのか、そんな詮索をする暇はない、ジョーが代りに加ってマリオとジョーの組が先発、三十分遅れてルイジとビンバの組が出発した。マリオの組は、ジョーが意外に意気地がなくて二人の協力がうまく行かず、後から来たビンバ組に追いこされてしまった。崖の中腹に突き出た吊棚の上を危うく通りぬけたのち、車は道路をふさいでいる大石のためストップしてしまった。しかし、沈着なビンバは少量のニトログリセリンを使用して大石を爆破し、無事に通りぬけることができた。そのあとは坦々とした行進がつづき、一同もほっとしたとき、突如ビンバの車が大爆発を起し、跡かたもなくけし飛んだ。爆発のあとは送油管が切れて石油がたまりかけていた。早くここを通りぬけないと油に車をとられて二進も三進も行かなくなる。マリオは思いきって車を油の中にのり入れた。そのとき、ジョーが油に足をとられて倒れたが、車を止めることができないばかりに、マリオは倒れたジョーの脚の上を通りぬけなければならなかった。そしてジョーを助け上げ、介抱しながらようやく目的地につくことができたが、そのとき、ジョーは既に息絶えていた。ニトログリセリンのおかげで火事は消しとめられ、マリオは賞金四千ドルをもらった。重責を果して空車を運転しながら帰途につくマリオの心は軽かった。しかし、リンダとの幸福な生活を眼前にしてはずむ彼の心を魔が捉えたのか、僅かのカーヴを切りそこねたトラックは、希望に開けたマリオをのせてもんどりうって崖下に転落した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0となりのニトロ

kossyさん
2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 149分に及ぶ大作。前半では危険な条件を飲むしかない労働者たちとアメリカ人の資本家たちとの対立する構図も浮かび上がる社会派作品となっている。

 マリオはフランス人でその日暮らしの流れ者といった雰囲気だが、帰国しようにも金がない。そして来るのは簡単だが、抜けるのは困難といった辺境の町。職がなく食うのが精いっぱいという者たちで溢れかえっているのだ。そんな彼にも酒場で働く恋人リンダ(ヴェラ・クルーゾー)がいるのだが、彼らの住む町にフランスからいわくつきの顔役ぽい男ジョー(ヴァネル)がやってきて、ジョーを兄貴分と慕ったおかげで、リンダはホッタラカシ。トラックにしがみつくリンダを振り払うシーンなんかでは可哀そうに思えてくる。女優クルーゾーはセクシーでしかも腋毛も魅力的なのだ。

 かつては密輸で儲けてきたジョーもふらりふらりと旅をして、金が底をついたためこの町にやってくるしかなかったのだ。知り合いである石油会社役員のオブライアン(ウィリアム・タッブス)に掛け合うが相手にされず、マリオの仲間であるルイジ(ファルコ・ルリ)とも折り合いが悪くなってしまう。ちなみに、このルイジ、スーパーマリオにそっくりだ(笑)。名前が逆じゃん・・・

 そんなときの大火災。現地の労働者も13人死亡。労働争議とか革命とか、一触即発の雰囲気さえ見せるのだが、アメリカに占領された感もある石油会社。今でも続く、利権主義の大国じゃ太刀打ちできない。そして、ニトロの運び屋には流れ者で家族のいない者を選抜する。選ばれたのはマリオ、ルイジ、ビンバ(ヴァン・アイク)、そしてスマーロフ(ジョー・デスト)だったが、ジョーは多分脅迫によって一人2000ドルの報酬の仕事を手に入れた。そして、選ばれなかった一人の若者も自殺・・・母親へ仕事が見つかったから安心してと手紙を書いたばかりなのに。

 後半はスリル満点のニトロ運送。山道の切り替えし場所や巨大な落石、そして原油の沼を突破するなど、手に汗握る展開となる。現代からすると稚拙な部分もある映像なのに、スリップするタイヤの大写しなどはかなりインパクトがあるのです。

 そしてジョーの性格の変貌ぶり。トラックは二台で進むのだが、ジョーと組んだマリオのおかげで、ヤクザのような性格から、徐々に小心者の性格が浮き出てくる。この性格の変貌がまた面白い。
 火災現場に生きてたどり着いたのはマリオ一人。アメリカ人たちからは勇気を称えられ労いを受けるが、喜んで帰る途中はよほど楽しかったのか危険な蛇行運転。やっぱり彼もトラックごと崖から転落。救いようのないエンディングを迎える・・・

 アメリカ資本主義と、フランス人、イタリア人の流れ者労働者。そして映像には出てこないが危険な労働を強いられる現地の労働者。現代にも通ずる構図があるということは、世の中何も変わってないということか・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

5.0面白い!引き込まれる

あき240さん
2018年4月29日
Androidアプリから投稿

手に汗握るとはこのこと
そこが山場だろと分かっていても、そのさらに上を行くサセペンス

主演のイブ・モンタンが格好いい!
あの枯葉の彼です
俳優でも一流であることをみせます
ジャン・ギャバンを一回りもふた回りも若くしたらこうなるかという感じ
デビッド・ボーイをフランス人にしたらこんな感じかと思わせるバイセクシャルの雰囲気

ジョー役の役者の演技がまた良い
後半の心が折れていく過程の演技が見もの

あとリンダ役の女優が美しく可憐
スクリプトガールの彼女を監督が嫁にして女優させるわけだわ!
小柄で細くて小動物を思わせるかわいい仕草、ノックアウトされました

楽しめる第一級の娯楽作品です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

3.0恐怖の仕事という割には緊張感に欠けた。結末が印象的。

2017年7月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

恐怖の仕事という割には緊張感に欠けた。結末が印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.0ハラハラドキドキの古典

kazzさん
2015年1月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

子供の頃観た印象では、もう少し緊迫感があったと思ったのだが、近年の刺激過多の映像に慣れてしまっているから仕方ない。
金のために命をかける男達が、皮肉たっぷりに描かれている。
ニトロ運搬の話が出るまでが、なかなかに長い。男達の生活背景や人間関係を見せているのだろうけれど、何が言いたいのかは判りづらい。ここは大胆に省いて良いと思うが、当時のこの映画の意義としては必要だったのかもしれない。

長いイントロを経て、やっと危険なミッションに入ると、ニワカに面白くなる。次から次に難関が現れ、かいくぐっていくのだが、これがスリルに富んでいるので面白いのだ。

登場人物の性格設定や心理描写は、やや雑な気がする。
特に主人公の心理が判らない。
相棒に対する感情も判らないが、ラストの浮かれ振りは異常ささえ感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kazz
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「恐怖の報酬(1952)」以外にこんな作品をCheck-inしています。