ごっこ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ごっこ
21%
46%
21%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小路啓之の同名マンガを千原ジュニアの主演、「ユリゴコロ」の熊澤尚人監督のメガホンで実写映画化。大阪のうらぶれた帽子店で仲むつまじく暮らす城宮とヨヨ子の親子。40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳のヨヨ子は、けっして他人には知られてはいけない秘密を抱えていた。城宮が十数年ぶりに実家に戻ってきたことを知った幼なじみで警察官のマチは、突如として現れたヨヨ子の存在に疑いの目を向けるが……。城宮役を千原ジュニアが、ヨヨ子役をNHKドラマ「悦ちゃん」で注目を集めた平尾菜々花がそれぞれ演じ、優香、秋野太作、中野英雄、石橋蓮司らが顔をそろえる。

2017年製作/114分/G/日本
配給:パル企画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
小路啓之
脚本
熊澤尚人
高橋泉
製作
前田茂司
ゼネラルプロデューサー
芳賀正光
プロデューサー
小松俊喜
企画プロデューサー
赤山健太
アソシエイトプロデューサー
篠崎典子
渡辺大地
撮影
今村圭佑
照明
織田誠
音楽
安川午朗
音楽プロデューサー
川村ケンスケ
主題歌
indigo la End
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)小路啓之/集英社 (C)2017楽映舎/タイムズ イン/WAJA

映画レビュー

4.0ずれた欲動が生む「誘拐と養育の物語」の系譜

AuVisさん
2018年10月28日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

知的

扱いが難しく物議を醸しそうで、それゆえ表現者が尻込みしがちなこの手の題材を描く映像作品が、ときおり登場する。今年だと洋画の「ブリグズリー・ベア」、テレビドラマの「幸色のワンルーム」、かなり前になるが「八日目の蝉」もあった。誘拐の引き金になる動機、衝動はまちまちでも、通常の誘拐監禁と違うのは、誘拐した側が愛をもって育てること。誘拐された側が抱く感情は、ストックホルム症候群の可能性もあり、対等の愛かどうか。描き方も難しければ、観る側も想像力を求められる。

千原ジュニアとヨヨ子役・平尾菜々花の演技はまさに圧巻。熊澤尚人監督もうまく2人の持ち味を引き出し、化学反応を促したように思う。優香は本作と「羊の木」で、タレントから女優への飛躍を印象付けた。それにしても平尾菜々花。今後がますます期待される“小さな大女優”だ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
AuVis

0.5途中まで良かった

2019年9月25日
PCから投稿

最後に意味なく殺すのは最低です。
子役の演技が素晴らしいけど、台無しになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5殺人が無ければ最高の物語なのに、残念無念!

2019年4月14日
PCから投稿

子役の女の子は史上最高の存在感だ。
この子にパパやんなどと呼ばれたら、この子のために死んでも良い。

千原ジュニアも殺すまでは、良い出来だ。
なんで殺すんだ、母親を!
もう関係ないだろ!

女の子が大切なら、女の子とともに歩めば良いものを!
臓器移植も何も関係ないなら母親を殺す必要ない!
衝動的に殺す様な人間がここまで慕われるとは!

優香は女の子を育てて千原ジュニアのが監獄から出る何十年を待つほど好きなら、その前にする事が山ほどあるだろうに!

女の子の演技が神懸かり的に素晴らしいので、意味の無い殺人がとても残念だ。

女の子の演技だけでも観る価値あり。
パパやん!パパやん!パパやん!ヒーローやん!変身して。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン

3.5大切なニートだった彼の「ごっこ」

2019年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

難しい

40間近のニートが向かいの家にて虐待されていた少女を見つけ、実家に戻り2人で生活するお話。

虐待されていた少女をさらってしまう件は「万引き家族」と被ってしまい、昨年公開では埋もれた勿体ない映画となっていた。幼児虐待、誘拐だけでは無いのだ。

最初は主人公としては趣味のフィギュアと同じ感覚で少女を軽く拉致してしまったのかも知れない。
しかし、少女と触れ合う、地元の商店街に帰る事によって人間らしさを育んで行く点に心奪われた。

じゃんけんグリコ遊び、あやとり、道路にチョークで落書きなど昭和生まれなら懐かしい遊びも出てくる。
子供との接し方に工夫も観られる。

また、子供には教えても、自分としては大人のプライドが許さない、ましては子供の前では見せたく無いもの。「ごめんなさい」や「ありがとう」のキチンとした表現。
子供には見せかけだけでは無い、親としての自分を見せてあげる事も大事なんだと再認識。

良い話で話が終わると思いきや、ある事件で急展開に。
「一番最初のシーンはそっちの理由かよ!」と。
(この事件なくても許可得て、普通に養子縁組して養ってもいいんじゃないと思ったのは私だけ?)

主演の千原ジュニアも流石ですが、子役の平尾菜々花ちゃんが素晴らしい。

残念なのは、警察官が一斉に銃を出すなよシーンとジュニアが泣き喜んでんだか、普通に泣いてんだか分からないラストシーン。

いゃあ〜レビューが少し堅苦しくなりましたが、昨年話題の幼児虐待(精神的に追い詰めても虐待だと思う。)といい、今年話題になりそうな就職氷河期ニート再就職のお話といい、年金不正受給、幼児ポルノなど社会ネタが色々詰まっていて見どころありました。

エンドロール後にまた一言ありますので最後までご鑑賞下さい。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る