映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

劇場公開日:

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

解説

お馴染み嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんと、20世紀へ時間を逆戻りさせようとする組織との戦いを描いた長篇ギャグ・アニメーションのシリーズ第9弾。監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル」の原恵一。臼井儀人の原作を下敷きに、原監督自身が脚本を執筆。撮影監督に「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」の梅田俊之があたっている。声の出演に、「ああっ女神さまっ AH! MY GODDESS」の矢島晶子、「どら平太」の津嘉山正種ら。

2001年製作/89分/日本
配給:東宝

ストーリー

“20世紀博”というテーマパークにハマっていたひろしとみさえが、大人であることを放棄ししんのすけとひまわりの前から姿を消した。いや、ひろしとみさえばかりではない、春日部中の大人たちがいなくなってしまったのだ。そしてその夜、ラジオから“イエスタディワンスモア”と名乗る組織のリーダーであるケンとチャコが、見捨てられた子供たちに投降するよう呼びかけてきた。実はケンたちは、21世紀=未来に希望を持てなくなった大人たちを洗脳し、大人だけの楽園”オトナ帝国“建設を企んでいたのだ。このままでは、未来がなくなってしまう! しんちゃんを初めとするカスカベ防衛隊は、ケンたちの計画から大人たちと自分たちの未来を取り戻すべく20世紀博へ乗り込むと、“20世紀の匂い”にどっぷり浸かり童心に帰っていたひろしとみさえを“ひろしの強烈な靴下の匂い”で洗脳から目覚めさせ、家族一同力を合わせてケンの計画を阻止してみせる。こうして、未来はしんちゃんたち子供の手に託されることとなり、春日部の町にも平和が戻るのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
演出
水島努
脚本
原恵一
原作
臼井儀人
チーフプロデューサー
茂木仁史
太田賢司
生田英隆
プロデューサー
山川順市
和田やすし
福吉健
絵コンテ
原恵一
水島努
キャラクター・デザイン
末吉裕一郎
原勝徳
作画監督
原勝徳
堤のりゆき
間々田益男
撮影監督
梅田俊之
美術
古賀徹
清水としゆき
音楽
荒川敏行
浜口史郎
主題歌
LADY Q
小林幸子
録音
大熊昭
1stミキサー
田中章喜
2ndミキサー
大城久典
効果
松田昭彦
原田敦
編集
岡安肇
演出補佐
パクキョンスン
特殊効果
前川孝
CGI
つつみのりゆき
色彩設計
野中幸子
ねんどアニメ
石田卓也
1stアシスタントミキサー
田口信孝
2ndアシスタントミキサー
内山敬章
山本寿
金子俊也
辻誠
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0あの頃を胸に抱き、未来へ、、、

2022年11月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、VOD

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 4件)
しゅうへい

5.0クレヨンしんちゃんの映画の中でこれがいちばん好き。 懐かしさ、哀愁...

2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

クレヨンしんちゃんの映画の中でこれがいちばん好き。
懐かしさ、哀愁が漂っている。
派手さはないけれども、笑えるところは笑えるし、ストーリーもしっかりしている。
ひろしがどんどん大人になって今の野原家を幸せに思っている回想シーンはじんわりとくる。
転んでも転んでも諦めずタワーを上っていくしんちゃんが泣けちゃう。
懐かしい過去にとどまらず未来を生きる、過去があって今、未来の幸せがある、そんなメッセージが胸を打つ。
子供向けというより大人向けのしんちゃんです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よっしー

5.0大人になってからもう一度観た

2022年6月20日
iPhoneアプリから投稿

子供の頃は、ただアクションシーンが面白くて観てました。最後のシーンで、チャコとケンが何をしようとしてるかなんて分からず、しんちゃんが言うように「バンバンジージャンプ」をしようとしてたのかと思ってました。
大人になって観ると、色々とわかる。
でも、子供の頃に感じた事はもうわからない。
子供の頃の感性は子供の時にしか味わえないんだと、少し切なくなりました。
令和を生きる子供達にも是非観て欲しい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
さー

5.0なんで懐かしい気持ちってこんなに胸が締め付けられるんだろう

2022年1月19日
スマートフォンから投稿

クレヨンしんちゃんの映画は泣けるって聞いたことがあったけど今回初めて観ました。

昭和の匂いにノスタルジックな感情を抱き子供時代に戻る大人たち。

時代に合わせて変化する必要はあるけど、変わらずにいられたら、ずっと子供のままでいられたらいいのにって思うこと…一度くらいあるよね。

ひろしの回想シーンとしんちゃんが走ってるシーンはウルっときた。守りたいものがあるっていいなって思った。

懐かしいきもちってなんでこんなに胸が締め付けられるんだろう。ずっと忘れていたものも、匂いを嗅ぐと一瞬で思い出す。

過去に生きることは出来ないけど
だからこそ過去は特別なもの。

大人が楽しめる映画だと思いました。

しんちゃんって立ち回りとか上手いし頭いいよね。笑 可愛いし♡

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あえか
すべての映画レビューを見る(全68件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」以外にこんな作品をCheck-inしています。