映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

劇場公開日:

解説

おなじみ嵐を呼ぶ幼稚園児・のはらしんのすけの活躍を描いた劇場版長篇アニメーションの第4作。地球征服を企む魔女の一味に乗っ取られたテーマパーク“ヘンダーランド”を舞台に、懸命に魔女たちと戦うしんのすけの姿を、ギャグあり、感動ありのパワフルさで見せている。監督は第1作から劇場版を手掛けている本郷みつる。アイドル・雛形あきこが本人の役で出演し、主題歌も歌っている。

1996年製作/97分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1996年4月13日

ストーリー

しんのすけたちは幼稚園の春の遠足で、新しくできたテーマパーク“群馬ヘンダーランド”へ出掛けた。ふとした拍子にみんなとはぐれたしんのすけは、サーカス小屋のテントに迷い込み、そこで檻に入れられた可愛い女の子を見つける。彼女はメモリ・ミモリという異次元王国ヘンダーランドの王女で、オカマ魔女のマカオとジョマによって閉じ込められてしまったのだった。王女を助けようとしたしんのすけだったが、オカマ魔女の手下クレイ・G・マッドとチョキリーヌ・ベスタの妨害にあい、人形のトッペマ・マペットの助けを借りてその場から逃げ帰るのが精一杯だった。トッペマは魔女の魔法のトランプをしんのすけに託し、ヘンダーランドを救ってほしいと助けを求める。しんのすけは恐怖に尻込みしていたが、トランプを取り返すために現れた雪だるまのス・ノーマン・パーにひろしとみさえを連れ去られてしまい、「オラ、父ちゃん母ちゃんをお助けに行くゾ!」と奮い立ち、トランプを片手にヘンダーランドへ向かった。しんのすけは真っ先に襲ってきたクレイ・Gをトッペマと協力して破り、Tシャツに姿を変えられていたひろしを助け出す。ヘンダー城へ向かったしんのすけたちはチョキリーヌの襲撃を受けるが、トッペマが自分の身を犠牲にしてこれを倒し、やはりブラジャーに変えられていたみさえが元の姿で帰ってきた。いよいよ城へ乗り込んだしんのすけたちは、トランプの魔法の力でオカマ魔女を倒し、ヘンダーランドにかけられた封印を解くのだった。平和が戻ったヘンダー王国では、助け出されたメモリ姫がゴーマン王子と幸せを取り戻していた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
演出
原恵一
脚本
本郷みつる
原恵一
原作
臼井儀人
プロデューサー
茂木仁史
太田賢司
堀内孝
絵コンテ
本郷みつる
原恵一
湯浅政明
作画監督
原勝徳
堤のりゆき
設定デザイン
湯浅政明
撮影
高橋秀子
美術
柴山恵理子
星野直美
音楽
荒川敏行
宮崎慎二
主題歌
矢島晶子
エンディングテーマ
雛形あきこ
録音
大熊昭
整音
柴田信弘
山本寿
田中章喜
田口信孝
内山敬章
編集
岡安肇
演出助手
水島努
ねんどアニメ
石田卓也
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5近頃なんかヘンダー

2023年7月8日
Androidアプリから投稿

最後の追いかけっこがめちゃくちゃ好きです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
みける

4.0思い出補正を上回る面白さ

2023年3月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

細かい描写が凄い
日常と非日常への動線の映像とか
コメディとシリアスな場面の切り替えとか
普通に良作
このクオリティのしんちゃん映画をもっと見たい

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シュウ

4.5タイトルなし

2022年7月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

キャラが非常に濃く、クレしんらしい映画でした。
トッペマは可愛らしいですし、ジョマとマカオは忘れることのできないキャラになりましたね。
少しホラーな展開もあり、クレしん要素が全て詰まった名作でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ハーブ

4.0とても面白い

2022年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
吉泉知彦
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」以外にこんな作品をCheck-inしています。