映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝

劇場公開日:

  • 予告編を見る
映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝

解説

1992年のアニメ放送開始から30周年となる「クレヨンしんちゃん」の劇場版30作目。おなじみのギャグを満載しながら繰り広げられる忍者アクションと、しんのすけの出生にまつわる謎をテーマにした物語が展開する。5年前の雨の日、野原ひろしとみさえの間に赤ちゃんが生まれた。ひろしが考えた名前のメモは濡れてほとんど読めなくなっていたが、かろうじて読めた文字から「しんのすけ」になった。それから5年の歳月が流れたある日、野原家にちよめと名乗る女性が訪れ、自分がしんのすけの本当の親だと主張する。突然のことにひろしとみさえは戸惑うが、身ひとつでやってきたちよめを追い返すわけにもいかず、ひとまず彼女を家に泊めることに。するとその夜、謎の忍者軍団が野原家を襲い、ちよめとしんのすけが連れ去られてしまう。「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」などを手がけてきた監督の橋本昌和、脚本のうえのきみこら、これまでのシリーズを支えてきたスタッフが集う。

2022年製作/100分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2022

映画レビュー

4.5笑えるシーンが冴えまくり、しんちゃんの活躍、家族愛、友情、アクションなど盛りだくさんの30周年に相応しい面白い作品!

2022年4月22日
PCから投稿

1993年の1作目から、たとえコロナ禍であろうとも毎年公開し続けて、遂に今回は記念すべき30作目にして「映画クレヨンしんちゃん」30周年となりました。
まさに本作は、そのメモリアル・イヤーに相応しい作品になっています!
「クレヨンしんちゃん」は「永遠の5歳児」が主人公の物語ですが、本作ではしんちゃんの出生の秘密もテーマになり、生まれたての可愛らしい0歳児の「しんのすけ」が登場し、その名前になった経緯なども出てきます。
現代に存在する「忍者の里」によって「地球の危機」が起こり、それに野原ファミリーが巻き込まれていくのがメインストーリーとなっています。
本作では「忍術」が登場するので、「鬼滅の刃」のような雰囲気のアクションシーンもあり、それも見どころの1つです。
その関連なのか、主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹もゲスト声優として登場しますが、彼の役どころが特殊すぎて、終盤にようやく「アレ?」と気付けるくらいの役柄になっていました。
さらには、某有名俳優がゲスト声優として登場していますが、こっちは最後まで気付けず、エンドロールを見て、「えっ!」となる❝無駄な豪華さ❞も「クレヨンしんちゃん」らしくて面白いところでした。
本作の最大の特徴は、とにかく冒頭から笑えるシーンが多い点で、30年の蓄積もあり、笑いのセンスが大きくアップしています!
そして「かすかべ防衛隊」の友情もしっかり描かれていて「それぞれの見せ場」もあります。
さらには、30年ぶんの家族愛(あくまで物語上では「5年ぶん」ですが)もしっかりと描かれていて、盛りだくさんなのに脚本と演出が上手く自然に入り込める、まさに「30周年記念」に相応しい名作になっていました!
毎年の制作でこれだけのオリジナリティーのある作品を作り続けられる「映画クレヨンしんちゃん」のスタッフ。これなら31年目以降も期待できそうです。

コメントする (0件)
共感した! 14件)
細野真宏

4.5笑って泣いて驚いて!30周年目にぴったりな忍者モノ★

2022年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

1992年にアニメが放送されて以来、テレビでも長年に愛され続けている「クレヨンしんちゃん」。
最初の頃は「うちの子がしんちゃんの真似しちゃって大変なのよー」と言うママもいたが、ここ数年はしんちゃんの良い噂しか聞かなくなっている。
映画「クレヨンしんちゃん」シリーズは、アニメが放送された1年後から始まり映画は毎年公開され続け本作で30周年(シリーズ30弾)!
記念すべき30作目の本作は「しんのすけ」の出生の真実が明かされるが、それは映画を見てからのお楽しみである。
本作の監督である橋本昌和は、『バカうまっ!B級グルメサバイバル(2013年)』で、3分に1回は笑う作りに仕上げていた。さらに『オラの引越し物語サボテン大逆襲(2015年)』も『旅行ハリケーン~失われたひろし~(2018年)』も家族が協力して行方不明者を助けに行く。
何だかんだと笑っちゃいながら、家族の愛に包まれるような奮闘も多く、感動の涙が流れる時もある。
そして本作では、今度はしんちゃんに「よその子?」という疑惑がでて、何も知らされていないしんちゃんはバタバタの中、ひょんなことで忍者界の一員となる。
しんちゃんの行方が心配である野原ファミリーは、当然しんちゃんを探しに行く。そこからは、思わぬ展開と予想不可能なキャラクターがスピーディーに続々と出てきて、とにかく面白い。
今回もドキドキして、笑って泣いて見終わった後は幸せな気持ちに包まれるはず。
映画版の「クレヨンしんちゃん」は、毎回新しいキャラが出てきても、しんちゃんの家族としんちゃんの友達さえ知っていれば、十分楽しめるところがいい。そして上映時間もだいたい100分前後となっている点は子供にもちょうどいい。
5歳なだけに、しんちゃんの忍者コスプレは可愛らしいし、埼玉出身のハライチは、本人役として懐かしい漫才を披露。劇場で目に焼き付けておこう。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
山田晶子

4.0いつまでも子供に大人気しんちゃん

2022年12月23日
iPhoneアプリから投稿

子供が、アニメを毎週観ていて映画も観たいとの事でゴールデンウィークに家族で楽しく観ました。

昨年の天カス学園も良かった。
今作もしんちゃん誕生の時や家族愛が描かれていて、子供から大人まで楽しめる良い作品です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
run05

5.0日常が泣けます

2022年12月9日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

萌える

今回はゲスト声優陣はかなり上手いです、川栄李奈さんは違和感なく花江夏樹さんはウホウホばかりでしたが普通に喋るシーンが炭治郎が大人になったような声でうっとりします。日常に少しホロリします。基本は大人でも楽しめます。山田孝之さんはエンドロールで見て驚きました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ジョバンニ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」以外にこんな作品をCheck-inしています。