映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

劇場公開日:

解説

おなじみマセた幼稚園児・しんちゃんが活躍する、人気コミックの映画化第3弾。今回は野原一家が戦国時代へタイム・スリップして謎の怪人物・雲黒斎に戦いを挑む。監督は前2作の監督・脚色も担当している本郷みつる。

1995年製作/96分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1995年4月15日

ストーリー

タイム・パトロール隊員のリングは戦国時代での異常をキャッチするが、何者かによって攻撃を受け、95年の世界に不時着する。そこが野原家の地下だったことから、身動きの取れないリングはシロに発信器を装着し、野原一家に協力を求めた。時間犯罪者の破壊活動を阻止するために立ち上がったしんちゃんは、両親とシロと共に戦国時代へタイム・スリップ。そこで、伝説の救世主・三人と一匹を待っていた吹雪丸という少年剣士に出会ったしんちゃんたちは、雲黒斎によって殺された吹雪丸の両親の敵討ちの旅に出発する。道中、みさえのバッグを盗まれたり、猫之進の攻撃にあったり、みさえとひろしを玉の中に封入されたりという目にあいながらも、しんちゃんは出発前にリングに貰ったタイム・スーツの変身機能を駆使して吹雪丸をサポートするのだった。だが、フリードキン珠死朗との戦いの時に、吹雪丸が実は女の子であったという事実が発覚し、少なからずショックを受けてしまう。何とか黒雲斎の城内に潜入したしんちゃんたちは一気に天守閣へ向かい、お銀と激闘を繰り広げる。勝負には勝ったものの、その戦いで体の機能を麻痺させられてしまった吹雪丸は、宝刀・第七沈々丸をしんちゃんに委ね、その場に倒れた。しんちゃんはタイム・スーツで大人しんちゃんに変身すると、雲黒斎の正体を30世紀の歴史マニア、ヒエール・ジョコマンと見破り、第七沈々丸を振り回して敵に向かっていった。からくもヒエール・ジョコマンを倒したしんちゃんによって、玉に封入されてしまっていた吹雪丸の妹(実は弟)やみさえとひろしも元の姿に戻り、歴史の歪みも修正される。別れを惜しみながらリングの用意したタイムマシンで現代に帰還する野原一家だったが、そこに待っていたのは懐かしの我が家ではなく、趣味の悪いサイケな我が家であった。浦島太郎状態の野原一家は、それが20世紀に逃げ込んだヒエール・ジョコマンの仕業であることをテレビで知る。またもやリングの協力を求められた野原一家は、再びヒエール・ジョコマンの潜む雲黒城へ乗り込み、最後の戦いを挑んだ。ヒエール・ジョコマンの操縦するロボットとしんちゃんの深層心理が生み出したカンタム・ロボの壮絶な戦いが展開。しかし力を合わせた野原一家の活躍によりヒエール・ジョコマンは倒され、世界には今度こそ本当の平和が取り戻されるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5感想メモ

2024年2月10日
スマートフォンから投稿

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヒラめ

4.0大人向けのSF

2023年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

普通に大人も観れる
しんちゃんで中和されてるが
構成やストーリーは高水準

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シュウ

5.0大人になって観るとひっくり返る

2022年9月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

難しい

幼い頃にこの作品を見たときは、とりあえず怖い・不気味・異質な感じで最後まで見てもいなかったんですよね。
ヘンダーランドすら怖いと言って最後まで見ることができず、ブリブリ王国の秘宝を好んで見ていたような子供でした。
大人になってから改めて見てみると…
約30年前の作品なのにかなり時代を先取りしたキャラであろう吹雪丸に驚き、本格的な殺陣に馬に乗って無双するシーンにと胸が踊ります。
幼稚園児くらいの子供が見るものではないな、とも笑
なんせカスタネットで囲まれるシーンでもう不気味だし、敵キャラとのバトルシーンでは今見てもホラーな感じの所もあるし、小学生の子供たちと一緒に見ましたがやはり怖いとのことで若干引いてました。
近年はもうあまり見る事の無くなったリアルな大人としての野原夫婦の嫉妬なんかも出てくるし、大分毛色が違います。
ただ大人しんちゃんには爆笑でしたね。
終盤の展開は中々ぶっとんでて前衛的というか、頭が追いつかなくなりそうですが
それを含めて唯一無二の作品になっていると思います。
この作品にそろそろ時代が追いついてもっと評価それる日が来るんじゃないかなと思ったり。
オトナ帝国や戦国ばかりが取り沙汰されがちですが、初期しんちゃん映画のダークな部分も私は好きです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆうたろ

3.5後半の雰囲気がだいぶ違うので、少し違和感がありますが、観て損はない...

2022年7月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

後半の雰囲気がだいぶ違うので、少し違和感がありますが、観て損はないでしょう。
特に序盤から中盤にかけてのストーリーは目に見張る物がありますね。
クレしん映画のヒロインは毎作カワイイので、それも期待通りでした。
タイトルもよく思いつくなと関心です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ハーブ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品