映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

劇場公開日

  • 予告編を見る
映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
21%
49%
26%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アニメ「クレヨンしんちゃん」の長編劇場版24作目。小説家、映画監督としても活躍する劇団ひとりがアニメ脚本に初挑戦し、「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」も手がけた高橋渉監督と共同で脚本を執筆。夢の世界を舞台に繰り広げられる、しんのすけとカスカベ防衛隊の活躍を描く。突如現れた巨大な謎の生き物によって夢の世界にやってきたしんのすけたち。そこでは誰もが見たい夢を見ることができ、風間くんは政治家に、ネネちゃんはアイドルになるなど、皆が楽しい夢の時間を過ごす。しかし、その楽しい時間もつかの間、謎めいた転校生サキの出現により、人々は悪夢の世界に閉じ込められていく。

2016年製作/97分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

映画レビュー

5.0最高

2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oginobom1127

5.0玉突き事故8人負傷⁉︎ 運行停止で100人足止め⁉︎

2020年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

汚職事件の判決が出た⁉︎
の所で、大爆笑でした。これだけで100点満点🤣🤣🤣しかも、コレが後半の伏線にもなっていない、ただのギャグっていうところがツボで、クレしん映画の懐の広さを垣間見ました。ココの部分って、劇団ひとりの脚本なのかなぁ?もしそうなら、劇団ひとりはかなりのファインプレーだと思います。

過去の名作(※)と比較されがちなクレヨンしんちゃん映画ですが、それ以降もかなりの良作が頻出していると思います(『B級グルメ〜』、『逆襲ロボ父ちゃん』など)。少なくとも私は、本作はかなり好きな作品です。
※『モーレツ大人帝国の逆襲』、『アッパレ、戦国大合戦』

良いところ
・カスカベ防衛隊が活躍すら(子供目線の作品)
・ここぞというところで、ノーマークだったボーちゃんが活躍をする(私はボーちゃん好きです。)
・しんのすけの夢の映像が素晴らしい!(劇団ひとりっぽい🤣)
・大御所俳優の無駄遣い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

3.5子供にとって、最も恐ろしい事。

DEPO LABOさん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿

・後悔は、自分で自分を責めてしまうこと。

・その後悔は、いつしか誰かを巻き込んでしまう。

・親は、嫌われ役になっても子供を守りたいだけ。

・それが親子お互いに干渉し合っている。

・両者の善悪が曖昧。

・ホラー描写がかなりガツンと来る。

・ホラー部分は、親にとっては子供に見せなきゃよかったと思うんじゃないかぐらいのガツン。

・大人になるほど夢はショボくなるというあからさまな前提感がテンポ感を生んでる。

・後悔を抱えている大人向けに作られている。

・人間は遠くにいてもどこかでつながっている。例えばそれが夢。

・みさえが「そして父になる」の真木よう子にみえる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DEPO LABO

4.0大人が忘れた子供の心、子供が知らない親の心

たすくさん
2020年4月22日
iPhoneアプリから投稿

突然だが君は子供のときを覚えているだろうか?
私はほとんど忘れてしまった。覚えていることも何かしらの脚色がついてしまっていると思う。
クレヨンしんちゃんはそんな子供の視点から世界を見させてくれる。
しかし私は無駄に大人になってしまったので映画の中で何か我々に訴えるものが欲しくなってしまう。
オトナ帝国には敵わないがユメミーワールドも死への負い目や母の愛といった多くの思いを私に見させてくれた。
ありがとう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たすく
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クレヨンしんちゃん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」以外にこんな作品をCheck-inしています。