アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲
3%
13%
62%
13%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

月の裏側に潜伏していたナチスが、UFOの大群を率いて地球を侵略するという大胆な設定で注目され、有志から資金を募って製作されたことでも話題を集めたSF映画「アイアン・スカイ」の7年ぶりとなる続編。月面ナチスの侵略を退けた人類だったが、その後、自ら引き起こした核戦争によって地球は荒廃。それから30年後、人々はナチスが建設した月面基地で生き延びていたが、月面基地のエネルギーが枯渇し、人類は絶滅の危機にあった。そんな状況に胸を痛めていた月面基地の機関士オビは、地球の深部には未開の世界「ロスト・ワールド」が広がっており、そこに新たなエネルギー資源があることを知り、仲間とともに「ロスト・ワールド」へと旅立つが……。前作を生み出したフィンランドのティモ・ボレンソラ監督が、今作でもクラウドファンディングでファンから資金を調達し、製作した。

2019年製作/93分/G/フィンランド・ドイツ・ベルギー合作
原題:Iron Sky: The Coming Race
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2019 Iron Sky Universe, 27 Fiims Production, Potemkino. All rights reserved.

映画レビュー

3.0観る者をを悩ませる困ったチャレンジ精神!

2019年8月23日
PCから投稿

前作『アイアン・スカイ』は、「月の裏に潜んでいたナチスが地球に攻めてくる!」という「ムー」系のトンデモ都市伝説を描いたコメディだが、蓋を開けてみたら大方の人が想像していた路線とはちょっと違っていてた。バカバカしいコメディであることは間違いないのだが、まさか現代批判に満ちた風刺コメディだとは思いも寄らなかったのだ。

そして前作からずいぶん間を置いて生まれた続編は、なんとジュール・ベルヌが描いた「地底旅行(『センター・オブ・ジ・アース』のタイトルの映画化作品も)」をモチーフに、地底に潜み、恐竜軍団を操るナチス+古今の独裁者たちと戦うという、さらに荒唐無稽な内容。この設定だけを取り出すと石川賢の「ゲッターロボ」とほとんど変わらないし、リアリティのラインもだいたい同じ。監督自身、「インディ・ジョーンズ」シリーズや「ロマンシング・ストーン」をイメージしていたという。

その飛躍の精神は大いに買いたいし、前作のエンドロールに謎をさらに推し進めた、次作への布石も気になる。ただ、今回はスベってるんだよなあ、ギャグも風刺も。笑えないけど、嫌いになれない。でも時間をムダにしたと感じる人もいるでしょう。とりあえず自分は観ますよ、続編があれば。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

3.0面白いB級コメディー映画❗

2019年9月23日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟はっきり言ってB級映画だけどちゃんとツボは押さえていて意外と面白かったです❗月面ナチスってなに?など荒を探せばたくさんありますが面白かったらそれで良いような気がしました❗また続編観てみたいです❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミリン一番搾り

3.0ぐぬぬ

2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

続編である事を全く知らずに鑑賞。

全編に渡るブラックジョークは冴えまくってて笑えましたが、作品としてはポンコツとしか言いようが無い。
酒のツマミにオススメ。ビール片手にこれ観たら、楽しいだろうなぁ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
日高雄介

3.0映画愛の伝わってくる愛しいバカ映画

Jiroさん
2019年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前作から時は過ぎ、核の冬を迎えた地球を脱出して旧ナチスの月面基地に避難している地球人。
しかし月面基地は資源が尽きつつあり、また、「ジョブズ教」なるカルト宗教が幅を利かせてきて近い将来基地が壊滅するのは自明。

そしてさらに前作ボスは生きており・・・しかもヒトラーの弟だった!
かつて世界の局面を変えてきた歴史上の偉人・政治家たちは軒並みヒトラーの配下でした!
という設定。
定番のヒトラーのほかビンラディンやローマ法王、カリギュラなどのほか、マーガレットサッチャーやザッカーバーグやジョブズまで!
(ここら辺の設定はおもしろかったのにあまりストーリーに深く関わってこなかったが残念)

ゲッターロボの恐竜帝国編よろしく、空洞となっている地球内部に隠れ住む爬虫類人間。
ヒトラーが守るこの帝国から、エネルギーを奪って無事月面へ帰ることができるのか!?
果たして人類の未来は!!

みたいな感じ。

B級感満載のありふれた筋ではなるが、随所で見られるバカバカしさと、過去名作映画オマージュをした画面構成からは作り手の映画愛がビンビンに伝わってきます!

続編も楽しみです!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Jiro
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アイアン・スカイ」シリーズ関連作品